2019年11月14日 14:00

三菱のDNAである「ジープ」を現代に蘇らせた マイテック…[デザイナーインタビュー]

東京モーターショー2019三菱ブースにはきれいなブルーに塗られたコンセプトカー、『マイテックコンセプト』が展示されていた。このモデルにはドアもなく、まさに『ジープ』を連想させるようなデザインだ。そこでエクステリアとインテリアデザイナーに話を聞いてみた。

◆三菱のDNAが裏コンセプト

「ぱっと見てドアレスが強く印象としてあると思うが、それを含めてワクワクするクルマを目指してデザインしている」とは三菱デザイン本部先行デザイン部東京デザイン部長、松岡亮介さんの弁。「風を感じられるという意味からもドアを外した。ただし安全には考慮してシートベルトはきちんと4点式を採用している」という。

また、「きびきびアクティブに走るだけではなく、しっかりと乗員を守る、安心感を与えるために、フロントやサイドなどのプロテクターのデザインなどにより、守れられ感のあるデザインは意識した」述べる。

松岡さんは、「ドアがないクルマは昔、実は三菱にもあった(ジープを指す)。三菱のデザイナーが、オフローダーできびきび走るというテーマのもとにスケッチを描き始めると、どこかにこのクルマがマインドセットとして少しは入っていたはず。それが発端になって裏コンセプトに繋がっている」と明かす。そして、「いまの技術を使ってどういった形で成立出来るかがチャレンジだった。三菱らしいね、ということがそこはかとなく感じてもらえると嬉しい」とコメントした。

◆インテリアの存在は消したい

一方インテリアは丸見えだ。三菱デザイン本部デザイン戦略・企画部長の矢野和雄さんは、「丸見えなのでインテリアをデザインするところは減っている」と笑う。インテリアもエクステリア同様、「風を感じるという発想をすると、インテリアはなるべく存在を消したかった。そこでインパネもエクステリアから回り込んでエクステリアの一部のような処理にしている」という。

ドアも当然なくスカッと抜けているが、「完全に開放だと安心感も何もない。そこでインテリアの存在は感じないが、しっかりと守られているところは見せたいので、インパネもフレームも構造体としてデザインした。真ん中のコンソールを通すことで構造としてガッシリとした安心感、守られ感を出そうとしている」と説明。しかし、前述の通り存在はなるべく消したかったので、「必要最低限のパーツで構成している」とした。

◆空と一体になる大気のブルー

さて、ショーカーの中でもひときわ目立つブルーだが、矢野さんは、「開放感や空気、光を感じられるように、ソリッドではあるが結構粒子などには細工をしており、水色なのだが光が当たると反射して透明感が増したりする」と説明。

この狙いは、「景色の良いところを走っている時にボンネットフードなどが空と一体に溶け込んで見えるくらい、まるでだまし絵のような透明感のある大気の青を作りたかった」とこだわりを話す。「海岸線を走っていても同じような条件になるかもしれないが、最近よくある高い山のオープンテラスなどで、外側が空の色と合わせてあって、どこが境目かがわからないようなイメージ、周りと一体感が得られるようなペイント処理ができないかが狙いだ」という。

従ってインテリアも、「メーターフードなど大きいものをつけずに、フロントウインドウにHIDとして投影しているのはその一端。無駄なものは全部省いて本当にオープンで(インテリアの)存在を感じずに、そういう気持ちで走っているくらいのことをしたかった」と思いを語る

◆ダイナミックシールドの新たな意味

当然のことながら、マイテックコンセプトにもダイナミックシールドが取り入れられているが、その見え方にはこだわりがあるという。「これまでダイナミックシールドの中のグリルのところは大体黒く、暗くしていたが、今回はEVの訴求ポイントとして、少し明るめのアルミを少し曲げることでテクノロジーを感じるフィーリングにトライしている。そうしたところから新しい表情に見えるだろう」と松岡さん。

また矢野さんも、「ダイナミックシールドの進化、戦略はかなり前から立てている。元々プロテクトとハイパフォーマンスの意味合い。ハイパフォーマンスというのは内燃機関であれば大きく空気を吸うという吸気の意味が大きかった。しかし、これから先は自動運転などの技術が発達していくので、レーダーやカメラ、センサーを入れていかなければいけない。そういった最先端の技術をハイパフォーマンスとして表現すべく、“穴”ではないものに生かせないかを考えている」と述べ、「単に黒くて穴を連想するものじゃないところにトライし、電気自動車で穴が必要なくなった時でも通用出来るように考えている」とコメントした。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

三菱

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

三菱(mitsubishi)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ホンダN-WGN新型

    ホンダ N-WGN 新型が生産再開---価格は129万8000円から

    自動車(本体)
    2020.01.27 10:40
  2. 7.84インチ前後撮影置くだけドライブレコーダー SDRODWRC

    視界を遮らない、ダッシュボード設置型の「置くだけドライブレコーダー」

    ドライブレコーダー
    2020.01.24 11:25
  3. ホンダ・アコード新型

    【ホンダ アコード 新型】プラットフォーム刷新、「欧州スポーツセダンに比肩する走りと質感に」

    自動車(本体)
    2020.01.27 11:00
  4. メルセデスベンツ Cクラス 次期型プロトタイプ スクープ写真

    まさに“ミニSクラス”…メルセデスベンツ Cクラス 新型、見えてきた市販デザイン

    自動車(本体)
    2020.01.27 11:30
  5. ホンダ・アコードEX

    ホンダが国内に導入する新型「アコード」の概要発表

    自動車(本体)
    2020.01.24 07:05

総合ニュースランキング

  1. AK-KH43

    税別29,800円、ゲオの43V型4K/HDR液晶テレビが台数限定で再販へ

    薄型テレビ・液晶テレビ
    2020.01.27 06:00
  2. Wii

    任天堂、“部品の確保が困難”で「Wii」の修理受付を終了へ

    ゲーム機本体
    2020.01.27 17:00
  3. 「SDBD:R ヴァルキランダー」※画像はイメージ。アヴァランチレックスバスター以外は別売り

    バンダイ、別売り「SDBD:R ヴァルキランダー」の強化パーツを2月発売

    プラモデル
    2020.01.27 06:30
  4. RG 1/144 ガンダムベース限定 νガンダム[チタニウムフィニッシュ]

    バンダイ、“豪華なチタニウムフィニッシュ”の「νガンダム」ガンプラ限定発売

    プラモデル
    2020.01.27 13:20
  5. ホンダN-WGN新型

    ホンダ N-WGN 新型が生産再開---価格は129万8000円から

    自動車(本体)
    2020.01.27 10:40

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • バーニングゴジラバンク
  • AXRX 5600XT 6GBD6-3DHE/OC
  • 「1/12 スペースインベーダー テーブル筐体」
  • Aeropure AN-JS1
  • メルセデス AMG A35 4MATIC セダン
  • SOUNDTRACK PRO