2019年11月20日 10:15

アウディ A8 新型にPHV、EVモードは46km…ロサンゼルスモーターショー2019で発表へ

アウディは、11月20日に米国で開幕するロサンゼルスモーターショー2019において、新型『A8』(Audi A8)のプラグインハイブリッド車(PHV)、「A8 L 60 TFSI e クワトロ」を初公開すると発表した。

◆PHV専用エクステリア

外観は、フロントバンパーのサイドに、5つデイタイムランニングライトを装備した。このフロントバンパーはクロームトリム仕様、ドアハンドルはクロームインレイ仕様になる。リアバンパーには、ディフューザーインサートとクロームを採用した。空力特性を追求した19インチアルミホイールを標準装備する。

インテリアは、「アウディバーチャルコックピット」や「MMIタッチレスポンス」のディスプレイに、PHVパワートレインに関する情報を表示する。オプションのリラクゼーションシートには、マッサージ機能付きのヒーター付きフットレストが装備されている。

◆PHVシステムの出力は449ps

新型A8のPHVには、直噴ガソリンターボエンジンを基本にしたPHVシステム、「TFSI e」が搭載される。直噴3.0リットルV型6気筒ガソリンターボ「TFSI」エンジン(最大出力340ps、最大トルク51kgm)に、モーター(最大出力136ps、最大トルク35.7kgm)を組み合わせた。

モーターは、エンジンと8速「ティプトロニック」トランスミッションの間にレイアウトした。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、449psのパワーと71.4kgmのトルクを引き出し、4輪を駆動する。PHV化によって、ガソリン車に対して20.4kgmのトルクが上乗せされた。強力なPHVシステムは、0〜100km/h加速4.9秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

二次電池(バッテリー)は、蓄電容量14.1kWhのリチウムイオンで、トランクの床下に搭載される。充電は出力7.4kWのチャージャーを利用すれば、およそ2時間30分。家庭用の230Vソケットなら、およそ6時間30分で充電が完了する。

◆走行モードは3種類

走行モードは「EV」、「ハイブリッド」、「バッテリーホールド」の3種類から選択できる。モードボタンで、ドライバーはこれら3つの基本設定から選択し、電動ドライブの優先などのモードが選べる。EVモードでは、最大46km(WLTP計測)をゼロエミッション走行できる。この効果もあって、欧州仕様の場合、40km/リットルの燃費性能を実現している。EVモードの最高速は135km/hとした。

ハイブリッドモードでは、PHVは最大限の効率を得るために、電気モーターとエンジンのバランスを追求する。バッテリーホールドモードでは、現在のバッテリーの充電状態が維持されるようにする。180km/hを上限に、エンジンを停止させた状態で、一定時間コースティング(惰性走行)することもできる。

◆予測効率アシスト

「予測効率アシスト」(PEA)は、航続の拡大を追求する支援システムだ。ナビゲーションデータと予測効率アシスト、車両センサーシステムの情報を利用して、ルート全体の大まかな計画と、細かい計画を作成する。そして、ドライバーがアクセルペダルから足を離す必要がある状況を認識。走行中のドライバーには、ディスプレイからの情報と、アクティブアクセルペダルによる触感フィードバックが得られるようにした。

「myAudi」アプリを使用すると、顧客はスマートフォンを通じて、「Audi Connect」のサービスが利用できる。これには、バッテリー残量と航続の確認、充電の開始、充電タイマーのプログラミング、充電と電費データの取得が含まれる。

myAudiアプリのもうひとつの機能は、乗車前の車内の空調の遠隔操作だ。これは、車内のエアコンシステムのコンプレッサーと補助ヒーターに、電気が供給されているために可能になったもの。ドライバーは、乗車前にあらかじめ、快適な室内温度を設定できる。ステアリングホイール、シート、ドアミラー、フロントガラスやリアウィンドウの曇り止め、シート内蔵のファンなどを、乗車前の最適な状態に調整しておくことも可能、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アウディ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

アウディ(audi)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタ・ヤリス 新型の欧州仕様(参考画像)

    トヨタ ヤリス 新型の「GR」、ティザーイメージ

    自動車(本体)
    2019.12.05 14:00
  2. 新型トヨタ・カローラ・トレック

    トヨタ カローラワゴン 新型にクロスオーバー、「トレック」

    自動車(本体)
    2019.12.05 06:51
  3. トヨタGRスープラ・ヘリテイジ・エディション(ロサンゼルスモーターショー2019)

    トヨタ スープラ 新型をカスタマイズ、先代「80スープラ」に敬意

    自動車(本体)
    2019.12.06 09:50
  4. トヨタRAV4

    「トヨタRAV4」が「日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020」を受賞

    自動車(本体)
    2019.12.06 17:05
  5. トヨタ・ライズ

    【トヨタ ライズ】1か月で3万2000台を受注、月販目標の8倍

    自動車(本体)
    2019.12.06 07:10

総合ニュースランキング

  1. リニューアル例

    JT、「Ploom(プルーム)」ブランドの銘柄名称とパッケージをリニューアルへ

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2019.12.05 17:15
  2. ピアニッシモ・パイナップル・ピーチ・イエロー・クーラー・フォー・プルーム・テック

    「Ploom TECH(プルーム・テック)」リフィル2銘柄、“販売数量の減少”で廃止へ

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2019.12.05 15:50
  3. 機動戦士ガンダム ブックエンド」

    「機動戦士ガンダム」の印象的なシーンをシルエットで再現したブックエンド4種

    キャラクターグッズ・雑貨
    2019.12.06 15:15
  4. GPD Pocket2S

    256GB SSDの7型ミニノートPC「GPD Pocket 2S」、税別56,800円で発売

    ノートパソコン
    2019.12.05 16:00
  5. Palm Phone

    手のひらサイズの3.3型スマホ「Palm Phone」、ゴールドカラーが国内発売

    スマートフォン
    2019.12.06 15:35

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • オリジナル タートルカメラリュック
  • リニューアル例
  • RF85mm F1.2 L USM DS
  • アウディRS6アバント新型