2019年12月11日 06:30

メルセデスベンツ GLE クーペ 新型に「AMG 53」、2020年春欧州市場へ

メルセデスベンツは、新型メルセデスベンツ『GLEクーペ』の高性能車、メルセデスAMG『GLE 53 4MATIC+クーペ』(Mercedes-AMG GLE 53 4MATIC+ Coupe)を2020年春、欧州市場で発売すると発表した。ドイツ本国でのベース価格は、9万2962ユーロ(約1120万円)だ。

メルセデスAMGは、上級車種を中心に、「43」と「63」シリーズを展開している。GLE 53 4MATIC+クーペは、43と63の間に位置する「53」シリーズの最新モデルとなる。

◆AMG専用パナメリカーナグリル

ベース車両の新型メルセデスベンツGLEクーペとの外観の大きな違いは、フロントに装着される「AMGパナメリカーナグリル」だ。

AMGパナメリカーナグリルは、1952年に行われた伝説的レースの「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」において、優勝を果たした『300SL』のレーシングカーに由来するもの。縦基調のグリルデザインが特長だ。この他、内外装にはメルセデスAMGらしいスポーティな演出が施されている。

◆48Vマイルドハイブリッド

53シリーズのパワートレインは、直列6気筒ガソリンターボエンジンに「ISG」(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)、48V電気システム、電動スーパーチャージャーを組み合わせる。

加速時には、モーターによる駆動アシストや電動スーパーチャージャーによる過給を行い、変速を素早く行うためにモーターを制御するなど、電気システムをハイパフォーマンスモデルのさらなる性能向上に積極的に利用する。直列6気筒エンジンとこれらの新システムの組み合わせにより、大排気量の自然吸気エンジンのようなスムーズでリニアな加速感や、高回転域までの伸びやかな回転フィールを楽しむことができるという。

ISGは、エンジンと9速ATの「9Gトロニック」の間に配置された電気モーターで、オルタネーターとスターターの機能も兼ねている。このモーターと48V電気システムにより、従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電を行い、リチウムイオンバッテリーに畜電する。エンジンが低回転時には、その電力を利用して動力補助を行うことで、高い効率性と、力強い加速を実現した。48Vまで高められた電気システムにより、動力のアシストに充分な出力を得ることができる一方、60Vを下回る電圧としたことで、専用の乗員保護機構は不要となる。

また、スターターを従来よりも高出力な電気モーターとすることで、エンジン始動時の振動を抑え、エンジン始動やアイドリングストップの際の再スタートの快適性を向上させた。アイドリング時には、電気モーターの充電電流を調整することで、エンジン回転数を低回転で安定的に保つことを可能にし、効率性、快適性および静粛性に貢献する。

さらに、このモーターはシフトチェンジ時にも使用され、エンジンが理想的回転数に達するまでの時間を最小限に抑えるためのアシストも行う。これにより、シフトチェンジに必要な時間が短縮され、スムーズでタイムラグの少ないシフトチェンジを可能にした。

◆435hpのエンジンパワーに22hpのモーターアシスト

直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力435hp/6100rpm、最大トルク53kgm/1800〜5800rpmを発生する。ブースト時には、モーターが最大で22hpのパワーと25.5kgmのトルクを瞬時に引き出し、加速時などにエンジンをアシストする。可変トルク配分を行うパフォーマンス志向の四輪駆動システム、「AMG 4MATIC+」を採用した。動力性能は、0〜100km/h加速が5.3秒、最高速が250km/h(リミッター作動)だ。

この48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載するGLE 53 4MATIC+クーペは、NEDC(新欧州サイクル)計測による欧州複合モード燃費が10.75km/リットル、CO2排出量が212g/kmと公表されている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. フィアット500 ev

    フィアット500 ev 販売開始、ヌオーバ500 が電気自動車として蘇る

    自動車(本体)
    2020.09.18 06:29
  2. マセラティ MC20

    マセラティの新型スーパーカー『MC20』、電動バージョンを計画

    自動車(本体)
    2020.09.18 06:53
  3. スズキ・スウェイス

    スズキの新型ワゴン『スウェイス』、トヨタ カローラ ベースのOEM

    自動車(本体)
    2020.09.18 06:25
  4. トヨタ・ルーミー カスタムG-T

    トヨタが「ルーミー」をマイナーチェンジ 進化した予防安全機能「スマートアシスト」を搭載

    自動車(本体)
    2020.09.16 06:16
  5. 「シトロエンC3インスパイアードバイジャパンコレクション」。カラーリングは「Hisui」。

    「シトロエンC3」に日本だけのカラーリングを採用した特別仕様車「INSPIRED BY JAPAN COLLECTION」

    自動車(本体)
    2020.09.18 06:30

総合ニュースランキング

  1. タニタ、“予想数量を大幅に上回る注文”で「非接触体温計」の一部出荷に遅れ

    タニタ「非接触体温計」に“予想を上回る注文”、子どもへの安心機能も人気か?

    体温計
    2020.09.18 13:06
  2. 「Nintendo Switch ネオンパープル・ネオンオレン」

    任天堂、「Nintendo Switch」「リングフィット」の抽選予約を9/15開始

    ゲーム機本体
    2020.09.15 16:25
  3. クロノマスター リバイバル ルパン三世−セカンドエディション

    「ルパン三世」1stアニメ最終話より、“次元大介着用のゼニス”を世界200本限定で再現

    キャラクターグッズ・雑貨
    2020.09.18 14:35
  4. 「RG 1/144 ジオング」

    ガンプラ「RG 1/144 ジオング」が2021年1月発売に決定、新たな画像も公開

    プラモデル
    2020.09.18 10:10
  5. 「Apple Watch SE」、第8世代「iPad」

    ドコモ・au・ソフトバンク、「Apple Watch」「iPad」新モデルの価格発表

    ウェアラブル端末・スマートウォッチ
    2020.09.18 06:55

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「SR1a RAR-HP-SR1A」
  • 「シトロエンC3インスパイアードバイジャパンコレクション」。カラーリングは「Hisui」。
  • 「eVscope」
  • 「Figure-rise Standard 仮面ライダーディケイド」
  • JN-MD-IPS1010HDR
  • OpenMove