2019年12月17日 12:10

スズキ スイフトスポーツ など3車種、48Vマイルドハイブリッド搭載

スズキ(Suzuki)の欧州部門は2020年春から、48ボルトのマイルドハイブリッド搭載車を欧州市場で発売すると発表した。

スズキはCO2排出量をさらに削減し、車両ラインナップ全体で燃費を改善するために、継続的な取り組みを進めている。その一環として2020年春、48ボルトのマイルドハイブリッド搭載車を欧州市場へ投入する。

◆新開発1.4リットルガソリンエンジンとの組み合わせ

48ボルトのマイルドハイブリッドは、新開発の1.4リットル「K14D」型ガソリン「ブースタージェット」エンジンに組み合わせられる。この48ボルトのマイルドハイブリッドパワートレインは、『スイフトスポーツ』、『ビターラ』「(日本名:『エスクード』に相当)、『Sクロス』(日本名:『SX4 Sクロス』に相当)の3車種に搭載される予定だ。

48ボルトのマイルドハイブリッドは、2016年にスズキが欧州向けの『イグニス』とスイフトのマニュアルトランスミッションモデルに導入した12ボルトのマイルドハイブリッドシステムの「SHVS」(スマート・ハイブリッド・ビークルbyスズキ)と、同様のシステムを採用する。

イグニスの場合、1.2リットルのデュアルジェットエンジンに、発電とモーターアシスト機能を備えた「ISG」(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)、リチウムイオンバッテリーでシステムを構成。コンパクトカーに適したマイルドハイブリッドシステムによって、優れた燃費性能と力強い走りを高次元で追求していた。

◆燃費は最大15%向上

スズキは、48ボルトのマイルドハイブリッド仕様のK14D型ガソリンブースタージェットエンジンで、現在の1.4リットルのブースタージェット搭載のマニュアルトランスミッション車を置き換える計画だ。

新しい高出力のスズキSHVSシステムは、48Vリチウムイオンバッテリー、ISG、48V-12V(DC/DC)コンバーターで構成される。ヘッドライト、オーディオ、エアコンなどの低電圧を必要とするコンポーネントに、電力を供給する。また、ISGはジェネレーターとスターターモーターの両方として機能する。ベルトで駆動され、2000rpmで24kgmのトルクを生み出し、加速時などにガソリンエンジンをアシストする。

スズキによると、最大20%のCO2排出量の削減とトルクの向上、新燃費基準のWLTPで最大15%の複合モード燃費の向上を実現するという。

◆マイルドハイブリッド化による重量増は15kg以下の軽量設計

新開発の48ボルトのマイルドハイブリッドパワートレインは、軽量設計が特長だ。48ボルトのマイルドハイブリッドシステムを追加したことによる重量増は、15kg以下に抑えている。

コンパクトで高性能なリチウムイオンバッテリーには、ブレーキ時に回収された電気エネルギーを蓄える。このバッテリーは、DC/DCコンバーターユニットと一緒に、フロントシートの下にレイアウトされており、車両の重量配分に配慮した。ISGには、アイドリングストップ機能も組み込んでいる。

新しい48ボルトのマイルドハイブリッドシステムでは、エンジン回転数がおよそ1000rpmの時に、クラッチを切り、電気モーターがアイドリングを行う。さらに、燃料噴射を電気モーターからの電力で行い、16km/h以下の低速走行と停止時に、エンジンのアイドリングをコントロールするという。

なお、スズキは、スイフトスポーツ、ビターラ、Sクロスの3車種の48ボルトのマイルドハイブリッドモデルの詳細を、2020年3月に発表する、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

スズキ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

スズキ(suzuki)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(カロッツェリア・TS-V173S)。

    内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.24 11:12
  2. ヤマハのEVスクーター『E01』で市街地を走り、その実用性を確認

    「航続距離104km」は実用的な数字か? 原付2種のEVスクーター『E01』で市街地を走ってわかった事実

    電動バイク・電動スクーター
    2022.06.24 12:52
  3. 「アウター化」が実行されたオーディオカーの一例(製作ショップ:サウンドフリークス<岩手県>)。

    究極を目指すならアウター化…ミッドウーファー[スピーカーの鳴らし方・大研究]

    カーオーディオ
    2022.06.24 09:45
  4. 「ネットワークモード」に対応したメインユニットの一例(カロッツェリア・DMH-SF700)。

    ネットワークモードを活用すると音が激変!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.20 09:05
  5. 日産 リーフ の2023年モデル(米国仕様)

    日産のEV:リーフ 、内外装をリフレッシュ…2023年型

    自動車(本体)
    2022.06.24 09:51

総合ニュースランキング

  1. 「12リアルフィギュア コレクションNo.21 “ブロンドガール Vol.6”」

    ハセガワ、“膝立ちポーズのブロンドガール”を1/12リアルフィギュア化

    模型
    2022.06.26 07:00
  2. MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム

    15,400円のガンプラ「MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム」発売日がついに決定

    プラモデル
    2022.06.24 11:48
  3. 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(カロッツェリア・TS-V173S)。

    内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.24 11:12
  4. 
【6月の値下げ】ソニー最大10万円、TVS REGZA最大4万円キャッシュバックなど開催

    【6月の値下げ】ソニー最大10万円、TVS REGZA最大4万円キャッシュバックなど開催

    液晶テレビ・有機ELテレビ
    2022.06.25 12:00
  5. 「UF18DA」

    羽根径330mmでパワフルに送風、HiKOKI「18Vコードレスファン」新モデル

    扇風機・サーキュレーター
    2022.06.23 11:37

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 設置工事が不要、持ち運びにも適した「スポットエアコン」2022年最新モデルまとめ
  • 「ウチの鉄板焼きダイニング C-NHP21B」
  • 400-HUBA3BK
  • 「5621 1/35 S.L.C マイアーレ(クルー人形付き)」
  • 「タイムアライメント」機能を有するプロセッサーを搭載したオーディオカーの一例(フォーカル・デモカー)。
  • スバル・インプレッサ の2023年モデル(米国仕様)