2019年12月20日 10:10

新型「トヨタ・ヤリス」の発売日決定 価格と燃費も明らかに

トヨタ自動車は2019年12月20日、コンパクトカー「ヤリス」の新型を2020年2月10日に国内で発売すると発表した。このうちガソリンエンジンの4WD車は、販売の開始時期が同年4月になる見込み。

多くのひとが乗れるように

ヤリスはトヨタがグローバルに展開してきたコンパクトカーで、国内ではこれまで「ヴィッツ」の名で親しまれてきた。4代目にあたる新型は、国内でもヤリスの名称で扱われる。

新開発プラットフォーム「GA-B」を採用したボディーのサイズは、FF車の場合で全長×全幅×全高=3940×1695×1500mm。4WD車は全高のみ1515mmとなる。外寸は先代に比べて大きく変わらないが、2550mmのホイールベースは40mm延長されている。

エクステリアについては、ルーフの頂点を後方へとずらし、リアホイール前方にキャラクターラインを入れるなどして躍動感を演出。ボディーカラーは豊富で、モノトーンが12色、ホワイトまたはブラックのルーフが組み合わされるツートンカラーは6色用意される。

シンプルなラインで構成されるインテリアは、「トープ」と呼ばれる茶系のコンビネーションカラーを採用するなどして上質感を演出。Aピラーを後退させるなどして、視界の確保にも配慮した。また、ワンタッチで座面の回転と角度調節を行いハンディキャップのあるひとや高齢者の乗り降りを容易にする「ターンチルトシート」や、ハイブリッド車からの電力供給を可能とする「アクセサリーコンセント」もオプション設定するなど、利便性の向上も図られている。

燃費は最高で36.0km/リッター

パワーユニットは大きく分けて3種類。目玉となるのは新開発の1.5リッター直噴直3ユニット「ダイナミックフォースエンジン」(最高出力120PS、最大トルク145N・m)で、6段MTまたは発進用ギア付きのCVTが組み合わされている。WLTCモードの燃費値は、FF車が19.6〜21.6km/リッターで、4WD車が19.2km/リッター。

ハイブリッド車のエンジンは、上記の1.5リッター直3エンジンをポート噴射化したもので、最高出力91PS、最大トルク120N・mを発生。これを80PS、141N・mのフロントモーターがサポートし、電気式4WDシステム「E-Four」の搭載車にはさらにリアモーター(5.3PS、52N・m)が組み合わされる。ハイブリッド車のWLTCモード燃費は35.4〜36.0km/リッターで、4WD車は30.2km/リッターと公表される。

このほか、レンタカー等の法人利用を想定した1リッター直3(69PS、92N・m)も設定される。トランスミッションは小型軽量化されたCVTで、燃費は20.2km/リッターである。

安全装備については、予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が標準装備となるほか、トヨタのコンパクトカーとして初めて「レーダークルーズコントロール」と「レーントレーシングアシスト」が搭載される(1リッターモデルを除く)。ステアリングとアクセル、ブレーキを自動制御する高度駐車支援システム「Advanced Park(アドバンストパーク)」も新しい。

このほか、スマートフォンとの連携機能や、非常時・緊急時のオペレーターサービスなど、インフォテインメントシステムの充実もトピックとなっている。

ラインナップと価格は以下の通り。

【1リッターガソリン車】

X“Bパッケージ”(FF/CVT):139万5000円

X(FF/CVT):145万5000円

G(FF/CVT):161万3000円

【1.5リッターガソリン車】

X(FF/6MT):154万3000円

X(FF/CVT):159万8000円

X(4WD/CVT):183万1000円

G(FF/6MT):170万1000円

G(FF/CVT):175万6000円

G(4WD/CVT):195万4000円

Z(FF/6MT):187万1000円

Z(FF/CVT):192万6000円

Z(4WD/CVT):212万4000円

【ハイブリッド車】

ハイブリッドX(FF/CVT):199万8000円

ハイブリッドX(4WD/CVT):224万1000円

ハイブリッドG(FF/CVT):213万円

ハイブリッドG(4WD/CVT):233万8000円

ハイブリッドZ(FF/CVT):229万5000円

ハイブリッドZ(4WD/CVT):249万3000円

(webCG)

記事提供:webCG
記事提供:webCG

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

トヨタ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

トヨタ(toyota)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 新型ハリアーに搭載された「デジタルインナーミラー(前後方録画機能付」。液晶表示の状態では積載の影響受けない。写真提供:トヨタ自動車

    【トヨタ ハリアー 新型】「録画機能付きデジタルインナーミラー」を「ドラレコ」と呼ばない理由

    自動車(本体)
    2020.07.14 11:49
  2. ヤマハ TMAX560 TECH  MAX(左)と XMAX(右)

    【ヤマハ TMAX560 & XMAX 比較試乗】便利なだけのスクーターとは一味違う!その実力とは…青木タカオ

    バイク(本体)
    2020.07.13 09:15
  3. ホンダ・アコード、デザイン A案

    【ホンダ アコード 新型】アコードはホンダの良心…チーフデザイナー[インタビュー]

    自動車(本体)
    2020.07.14 14:15
  4. ホンダの新型二輪車のティザーイメージ

    ホンダ、新型二輪車を米国で発表予定 7月14日

    バイク(本体)
    2020.07.14 17:00
  5. 日産アリア・コンセプト

    日産 アリア の開発テスト、7月15日に実車発表

    自動車(本体)
    2020.07.13 09:16

総合ニュースランキング

  1. 「プルーム・テック・プラス シャンパンゴールド」

    “高級で上質な印象”の「プルーム・テック・プラス シャンパンゴールド」が限定発売

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2020.07.14 15:17
  2. デジタルノート「フリーノ」FRN10

    キングジム、筆圧に応じたなめらかな書き心地のデジタルノート「フリーノ」

    電子メモ帳
    2020.07.14 11:00
  3. 1/72 VF-25S メサイアバルキリー オズマ機

    バンダイ、「マクロス」プラモデル15製品をホビーオンラインショップで予約販売

    プラモデル
    2020.07.13 16:10
  4. A.T.FIELD ハイパーミニインパクトレンチ SI-1600E-01

    「エヴァンゲリオン初号機」デザインのインパクトレンチ、差込角12.7mmに対応

    キャラクターグッズ・雑貨
    2020.07.13 17:00
  5. 新型ハリアーに搭載された「デジタルインナーミラー(前後方録画機能付」。液晶表示の状態では積載の影響受けない。写真提供:トヨタ自動車

    【トヨタ ハリアー 新型】「録画機能付きデジタルインナーミラー」を「ドラレコ」と呼ばない理由

    自動車(本体)
    2020.07.14 11:49

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • PURE BASE 500DX
  • フジノンレンズ GF30mmF3.5 R WR
  • MODEROID AV-98イングラム&ブルドッグセット
  • 「合理的かけほプラン」イメージ
  • Red Dragon RX 550 4GB GDDR5
  • 「LEGO Nintendo Entertainment System」