2020年01月16日 06:06

ベントレー ミュルザンヌ、最終モデルを発表…2020年春に生産終了へ

ベントレーは1月14日、『ミュルザンヌ』(Bentley Mulsanne)生産を2020年春に終了すると発表した。最終モデルとして、『ミュルザンヌ 6.75 エディション by マリナー』を30台限定で生産する。

◆1959年以来改良を重ねてきたV8エンジン

現行ミュルザンヌは2009年に発表された。ベントレーを代表する4ドアサルーンとして、ラグジュアリーセグメントのベンチマークを確立した。ミュルザンヌに搭載されるV型8気筒ガソリンエンジンのデザイン、エンジニアリング、ハンドビルドは、英国クルー工場で行われている。

ミュルザンヌのパワートレインは、現在生産されているベントレーのV8エンジンの中で、最も長い歴史を持つ。このV8エンジンは、1959年に『S2』モデルに初搭載されて以来、幾度となく改良が施されてきた。この限定モデル誕生のきっかけともなった6 3/4リットルエンジンは、今年で60周年を迎えた。ベントレーによると、V8の基本的な構造とサイズは60年経った今も当時のままという。

30台の6.75 エディションを最後に、ミュルザンヌは生産を終了する。今後はベントレーの新たな旗艦モデルとして、新型『フライングスパー』がラグジュアリーカーラインアップの頂点に立つ。

フライングスパーには2023年までに、ハイブリッドシステムの導入が予定されている。こうした動きは、ベントレーが目指す未来の姿、サステナブルなラグジュアリーカーへの移行を象徴しているという。ベントレーは、『ベンテイガ ハイブリッド』の発売によって、電動化への歩みを着実に進めている。

◆V8ツインターボは最大出力537ps

ミュルザンヌ6.75 エディション by マリナーは、最上級モデルの『ミュルザンヌ スピード』がベースだ。排気量6 3/4リットル(6752cc)のV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力537ps/4000rpm、最大トルク112.2kgm/1750rpmを引き出す。トランスミッションは8速AT。0〜100km/h加速4.9 秒、最高速305km/hの性能を発揮する。

エクステリアには、グロスブラックのブライトウェアを採用し、ボディカラーにアクセントを添える。ヘッドライトとテールライトは、ブライトクロームで縁取られた。ボンネットの「フライング B」マスコット、マリナーの「Serenity」ラジエターグリル、エキゾーストフィニッシャーはすべて、ダークティント仕上げとした。21インチの5本スポークホイールは、ブライトマシニング仕上げで、ポケット部分はグロスブラックとなる

エンジンのインテークマニホールドは、シルバーからブラックに変更された。エンジンナンバープレートは通常、エンジンを組み立てた職人のサインが入るが、この限定モデルではベントレーのエイドリアン・ホールマーク会長兼CEOのサインが入る。

◆最終モデルにふさわしいインテリア

インテリアは、レザーハイドをシングルトーンとし、「Imperial Blue」、「Beluga」、「Fireglow」、「Newmarket Tan」の4種類を用意した。専用のカラースプリットも採用する。シルバーのシートパイピング、センターコンソール周囲のレザーハイド、ディープパイルオーバーマットのバインディング、シートとドアインサートの多孔レザーからのぞくアクセントカラーなども、インテリアの特長だ。

センターコンソールとリアキャビンコンソールのウッドパネルには、シルバーのペイントを施し、フロントコンソールには金属製の記念プレートをはめ込む。フェイシアとウェストレールは高光沢の「Grand Black」仕上げとし、ウェストレールには「ダークエンジンスピン」模様をあしらったアルミニウム製インサートを装着した。

また、インテリアのエアベント操作ノブを、「オルガンストップ」仕様ではなく、エンジンオイルキャップをミニチュア化したデザインに変更した。「6.75 Edition」のモチーフを各シートに刺繍する。エクステリアとエンジンルームには、このモチーフをデザインしたクロームバッジを設定し、このモチーフをLEDウェルカムライトで投影する。時計とマイナーゲージの表示面には、エンジン断面図を模したデザインを採用している。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ベントレー

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ベントレー(bentley)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. フォルクスワーゲン・ゴルフ GTI 新型のティザーイメージ

    VW、ゴルフGTI 新型発表へ…ジュネーブモーターショー2020

    自動車(本体)
    2020.02.24 06:05
  2. BMW 3シリーズ 新型のPHV

    BMW 3シリーズ 新型のPHV、ツーリングと4WDに拡大

    自動車(本体)
    2020.02.24 06:20
  3. 三菱 デリカD:5 をスノーボードカメラマン柳田由人が使い倒した

    三菱 デリカD:5 をスノーボードカメラマンが使い倒す!

    自動車(本体)
    2020.02.23 06:20
  4. スズキ GSX-R125 ABS トリトンブルーメタリック

    スズキ、GSX 125 シリーズをマイチェン…カラーリング変更やハザードスイッチ追加など

    バイク(本体)
    2020.02.24 05:59
  5. アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター

    アストンマーティンの最新オープンモデル「ヴァンテージ ロードスター」が日本上陸

    自動車(本体)
    2020.02.24 06:12

総合ニュースランキング

  1. 【新生活2020】タブレットPC 1〜3万円台を中心にiPadやSurfaceなど最新モデルまとめ

    【新生活2020】タブレットPC 1〜3万円台を中心にiPadやSurfaceなど最新モデルまとめ

    タブレットPC
    2020.02.23 07:00
  2. 「TCL PLEX」

    期間限定で税別9,000円、goo Simsellerが3眼カメラスマホ「TCL PLEX」発売

    スマートフォン
    2020.02.24 07:10
  3. 1/12RC ルノー5(サンク) ターボ (M-05Raシャーシ)

    タミヤ、ブロックタイヤを装着した「ルノー5ターボ」電動RC

    ラジコン
    2020.02.24 06:30
  4. 1/10RC XB トヨタ ハイラックス エクストラキャブ(CC-01シャーシ)

    タミヤ、トヨタ「ハイラックス エクストラキャブ」を完成RC「XB」で発売

    ラジコン
    2020.02.24 06:00
  5. 【新生活2020】炊飯器 1〜2人世帯向け「〜3合炊き」モデルまとめ

    【新生活2020】炊飯器 1〜2人世帯向け「〜3合炊き」モデルまとめ

    炊飯器
    2020.02.24 07:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 1/10RC XB トヨタ ハイラックス エクストラキャブ(CC-01シャーシ)
  • Acer Chromebook Spin 511
  • 耳の日キャッシュバックキャンペーン
  • マスタースロークッカーS SSHORSLC
  • 「FW GUNDAM CONVERGE:CORE キャスバル専用ガンダム」