2020年01月17日 16:00

日本円で1800万円オーバー!レクサス初のミニバン『LM300h』の価格・詳細が明らかに

レクサスは1月15日、ブランド初のミニバンの『LM』(Lexus LM)の詳細と価格を中国で発表した。ハイブリッドの「LM300h」グレードのみが設定され、現地価格は、116万6000元(約1870万円)から146万6000元(約2350万円)だ。

レクサスLMは、レクサスブランドにこれまでラインナップされていなかったミニバンだ。レクサスの車名に「L」を冠するモデルには、最上級サルーンの『LS』、最上級SUVの『LX』、最上級クーペの『LC』がある。LMは、レクサスブランドの最上級MPVを意味する。

◆ベース車両はトヨタ アルファード ハイブリッド

レクサスLMは、トヨタ『アルファード』をベースにしている。LM300hグレードは、『アルファード ハイブリッド』と同じ2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステムを搭載する。

LMのフロントマスクは、レクサスらしいデザインだ。レクサス最大サイズの大型スピンドルグリルにスリムな3連ヘッドライト、L字型のLEDデイタイムランニングライトを備えた表情は、ひと目でレクサスと分かるデザインを表現する。テールランプも、アルファードとは異なる専用デザインとした。

サスペンションは、専用にチューニングされた。独自のスイングバルブタイプのショックアブソーバーと組み合わせることにより、振動や衝撃を抑え、スムーズで快適な乗り心地を追求している。

◆至れり尽くせりの2列シートモデル「ロイヤルエディション」

レクサスLMには、3列シートの7名乗りと、2列シートの4名乗り「ロイヤルエディション」の2仕様がある。ロイヤルエディションは、サードシートを廃止し、2列シートのみの空間とした。さらに、前席と後席との間をフルパーテーションで仕切ることで、プライベートな空間を実現している。

ロイヤルエディションでは、26インチの大型ディスプレイが前席と後席との間のフルパーテーションに装備される。ブルーレイディスクの再生をはじめ、さまざまなメディアに対応する。防音ガラスとマークレビンソン製のハイエンドサウンドシステムも搭載する。後席のセンターアームレストには、エアコン、室内照明、シートの角度、オーディオなどの操作パネルが設けられる。

後席には、小型の冷蔵庫も装備された。容量750mlのワインまたはシャンパンを2本入れることができる。優れた冷却性能により、後席の乗員は移動中、ワインやシャンパンを味わうことができる。専用の上質なフロアマット、ウェルカムアームを備えたプライベートバニティミラーも装備されている。

独立2座の後席は専用デザインで、オットマン機能や、マッサージ機能が組み込まれた。シートには、低弾性のポリウレタン素材を使用し、細かい振動を効果的に吸収する。シートのリクライニング角度にも、工夫が凝らされている。

◆3列シートモデルはアルファードと同仕様

一方、3列シートの7名乗りは、アルファードの最上級グレード「エグゼクティブラウンジ」と、同様のインテリアになる。ヒーター機能付きのステアリングホイール、3ゾーンの独立制御が可能なオートエアコン、ヒーター&ベンチレーション機能付きフロントシートなどが装備される。

2列目のキャプテンシートには、オットマン、大型ヘッドレスト、ランバーサポートが採用される。オーディオなどのコントロールパネルと、ルーフには13.3インチの格納式ディスプレイが装備されている。

レクサスLMは現在のところ、中国と一部のアジア市場のみで販売されている。中国では1月15日から先行販売を開始しており、2月24日に正式発売される予定だ。中国仕様のアルファード(ハイブリッド)のベース価格は、80万5000元(約1290万円)。レクサスLMは116万6000元(約1870万円)から146万6000元(約2350万円)の価格設定となっている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

レクサス

レクサス(lexus)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「ホンダ・シビック タイプR」の改良モデルと、同車の開発責任者である柿沼秀樹氏。

    ホンダが改良型「シビック タイプR」の情報を公開 運動性能を高めて2020年夏に発売

    自動車(本体)
    21時間前
  2. 「ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション」と、「シビック タイプR」の開発責任者で...

    「ホンダ・シビック タイプR」に「リミテッドエディション」登場

    自動車(本体)
    21時間前
  3. トヨタの新型SUVのティザーイメージ

    トヨタの新型SUV、ジュネーブモーターショー2020で発表へ…ヤリスと同じプラットフォーム

    自動車(本体)
    2020.02.19 14:47
  4. リミテッド・エディション

    ホンダ シビックタイプR 改良新型、変わったところはここだ!

    自動車(本体)
    19時間前
  5. ハスクバーナ・スヴァルトピレン250

    ハスクバーナが250ccクラスのニューモデル「スヴァルトピレン250」を日本に導入

    バイク(本体)
    20時間前

総合ニュースランキング

  1. 機動戦士ガンダム Gフレーム10(10個入り)

    「機動戦士ガンダム Gフレーム」第10弾、「ザクII/ザクII(指揮官機)」を再録

    食玩・ミニフィギュア
    16時間前
  2. ドンキ、税別5,980円の骨伝導ワイヤレスイヤホン「JOGBONE」

    イヤホン・ヘッドホン
    2020.02.19 16:12
  3. Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット

    延期した「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」予約開始日を3/7に決定

    ゲーム周辺機器
    2020.02.19 06:39
  4. 「Xperia L4」

    ソニー、アスペクト比21:9の6.2型スマホ「Xperia L4」を海外発表

    スマートフォン
    11時間前
  5. 「ホンダ・シビック タイプR」の改良モデルと、同車の開発責任者である柿沼秀樹氏。

    ホンダが改良型「シビック タイプR」の情報を公開 運動性能を高めて2020年夏に発売

    自動車(本体)
    21時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • Xシリーズ 春のキャッシュバックキャンペーン
  • 5in1 グリッパー CNSHGWCS
  • ドラゴンクエスト スマートフォンリング ロトのしるし
  • 400-ADR324GY
  • LDR-PMK8U2V
  • HD 350BT