2020年02月14日 06:04

アストンマーティン ヴァンテージ 新型にオープン、ロードスター

アストンマーティンは2月12日、新型『ヴァンテージ・ロードスター』(Aston Martin Vantage Roadster)を、欧州で発表した。

同車は、2018年に発売された新型『ヴァンテージ』に追加されたコンバーチブルモデルだ。力強いパフォーマンスに卓越したダイナミクス、日常の使いやすさを融合している。

◆世界で最も速い動作を可能にした電動ソフトトップ

ルーフには、ファブリック製トップを採用した。コンパクト設計の電動格納メカニズムを備えている。このソフトトップは、50km/h以下なら走行中でも開閉できる。開閉にかかる時間は、オープン時が6.7秒、クローズ時が6.8秒。アストンマーティンによると、世界のあらゆるコンバーチブルシステムの中で、最も速い動作を可能にしているという。

インテリアには、ダッシュボード中央に8インチ液晶スクリーンをレイアウトした。これを介して制御する車載エンターテインメントシステムには、Bluetoothオーディオ&電話ストリーミング、USB再生機能、一体型サテライトナビゲーションシステムが含まれる。

アストンマーティンならではの高いレベルのクラフトマンシップを導入した。贅沢なアルカンターラやレザーをはじめ、最高級の天然素材を使って、ていねいな仕上げが施される。また、トランク容量は、200リットル。フルサイズのゴルフバッグとアクセサリーを収納できる。

◆4.0リットルV8ツインターボは最大出力510ps

フロントには、4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを積む。このエンジンをフロントに低く、なるべく後方に寄せて搭載することで、車両の重心を下げると同時に、50対50の理想的な前後重量配分を追求した。

このV8ツインターボは、最大出力510ps、最大トルク69.8kgmを引き出す。トランスミッションは、ZF製の8速ATを組み合わせる。新開発の軽量の折り畳みルーフ機構と、最適化されたエクステリア&シャシーにより、クーペと比較して、重量増は60kgに抑えられた。動力性能は、0〜96km/h加速が3.7秒。最高速は、オープン状態で306km/hに到達する。これは、クーペの0〜96km/h加速3.5秒、最高速314km/hに対して、遜色ない性能といえる。

また、構造用せん断パネルとシャシーコンポーネントを慎重に開発することで、クーペで実現した強力なパフォーマンスとスポーツキャラクターを維持している。クーペと同じく、アダプティブダンピング、ダイナミックスタビリティコントロール、ダイナミックトルクベクタリング、エレクトロニック・リア・ディファレンシャル(「Eデフ」)を搭載している。

◆ロードスター専用に調整されたアダプティブダンピング

Eデフは、ESP(エレクトロニック・スタビリティコントロール・システム)と連携して作動し、車両の動きを精密にモニタリングして、エンジンパワーが必要なホイールに適切に配分されるよう、状況に対応した制御を行う。

従来のLSDと違って、フルオープンから100%ロックまで、一瞬のうちにディファレンシャルの働きを制御することができる。高速走行では、反応時間の短さと高い感度により、高い精度で車両の挙動をコントロールすることを可能にした。直進安定性においても、コーナリング性能の面でも、車両の能力が大幅に高まるという。

新型ヴァンテージ・ロードスターでは、リアダンパー、アダプティブダンピングシステムのソフトウェア、ESPに専用チューニングが施される。ロードスター専用に調整された最新世代のアダプティブダンピングシステムは、「スポーツ」、「スポーツ+」、「トラック」の各走行モードを切り替えることにより、ダイナミックなキャラクターをコントロールすることができるという。

また、走行モードを選択することで、エンジン、トランスミッション、Eデフ、ダイナミックトルクベクタリング、ダイナミックスタビリティコントロール、アダプティブダンピングおよび電動パワーステアリングの各システムの働きを、一括して最適化することができる。

スポーツからスポーツ+、さらにトラックへとモードを変更する度に、車両の敏捷性と各メカニズムの反応速度が高まり、車両のキュラクターがよりシャープになって、サウンドも豊かになり、ドライビングがよりエキサイティングなものに変わるという。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アストンマーチン

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

アストンマーチン(astonmartin)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「ホンダ・シビック タイプR」の改良モデルと、同車の開発責任者である柿沼秀樹氏。

    ホンダが改良型「シビック タイプR」の情報を公開 運動性能を高めて2020年夏に発売

    自動車(本体)
    21時間前
  2. 「ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション」と、「シビック タイプR」の開発責任者で...

    「ホンダ・シビック タイプR」に「リミテッドエディション」登場

    自動車(本体)
    21時間前
  3. トヨタの新型SUVのティザーイメージ

    トヨタの新型SUV、ジュネーブモーターショー2020で発表へ…ヤリスと同じプラットフォーム

    自動車(本体)
    2020.02.19 14:47
  4. リミテッド・エディション

    ホンダ シビックタイプR 改良新型、変わったところはここだ!

    自動車(本体)
    19時間前
  5. ハスクバーナ・スヴァルトピレン250

    ハスクバーナが250ccクラスのニューモデル「スヴァルトピレン250」を日本に導入

    バイク(本体)
    20時間前

総合ニュースランキング

  1. 機動戦士ガンダム Gフレーム10(10個入り)

    「機動戦士ガンダム Gフレーム」第10弾、「ザクII/ザクII(指揮官機)」を再録

    食玩・ミニフィギュア
    15時間前
  2. ドンキ、税別5,980円の骨伝導ワイヤレスイヤホン「JOGBONE」

    イヤホン・ヘッドホン
    2020.02.19 16:12
  3. Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット

    延期した「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」予約開始日を3/7に決定

    ゲーム周辺機器
    2020.02.19 06:39
  4. 「Xperia L4」

    ソニー、アスペクト比21:9の6.2型スマホ「Xperia L4」を海外発表

    スマートフォン
    11時間前
  5. 「ホンダ・シビック タイプR」の改良モデルと、同車の開発責任者である柿沼秀樹氏。

    ホンダが改良型「シビック タイプR」の情報を公開 運動性能を高めて2020年夏に発売

    自動車(本体)
    21時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ポルシェ 911 新型の「ポルシェ エクスクルーシブ」カスタマイズプログラム
  • DIGNO ケータイ3 for Biz
  • Xシリーズ 春のキャッシュバックキャンペーン
  • 400-ADR324GY
  • デロンギ クレシドラ ドリップコーヒーメーカー ICM17270J
  • ロボ道 エヴァンゲリオン初号機