2020年02月25日 16:15

【日産 ルークス 新型】大人4人がくつろげる室内空間…3月19日発売

日産自動車は、軽スーパーハイトワゴン『デイズ ルークス』をフルモデルチェンジ、車名を『日産ルークス』に改め、3月19日より発売する。

新型ルークスは、日産自動車と三菱自動車の合弁会社NMKVのマネジメントのもと、日産が企画、開発。2019年3月に発売した新型『デイズ』同様、新開発プラットフォームを採用し、大人4人がゆったりと過ごせるクラストップレベルの広い室内を実現した。着座時の膝回りスペースも十分に確保。後席ニールームは795mmあり、ゆったりと座ることができる。また後席の室内高は1400mm。小さな子どもであれば、立ったまま着替えることもできる。さらに荷室床面の長さを675mm確保。48リットルのスーツケースを同時に4個、積載できる。

便利で快適な使い勝手も新型ルークスの特徴。後席スライドドアの開口幅を650mm確保し、乗降性を高めた。さらに片足を車体の下にかざすだけで自動開閉する「ハンズフリーオートスライドドア」を両側ともに採用。両手が塞がった状態でも楽にドアを開閉できる。また後席は最大320mmスライド可能。前方にスライドさせれば、運転席に座ったまま、後席の子どもに手が届く。前席シートのヒップポイントも先代比60mmアップし、広い視界を確保。さらに、小さな子どもや高齢者の乗り降りをサポートする、助手席側スライドドア部の「オートステップ」をオプション設定した。

新型ルークスは、快適で楽しい移動空間を提供。デイズに軽自動車初搭載した、運転支援技術「プロパイロット」を進化させ、今回、ルークスに搭載した。高速道路での長距離運転と渋滞のストレスを軽減するほか、新たにミリ波レーダーを追加採用したことで、より遠くの先行車の状況を検知し、スムースな制御が可能になった。エンジンは、デイズに搭載するパワフルなBR06エンジンをルークス用にセッティング。軽自動車を超える力強い走りを体感できる。またエンジンの骨格を高剛性化したことで、エンジン音の静粛性を向上。加えて、エンジン周りやドア周りに収音材を効果的に配置し、静かな室内空間を実現した。さらに「ゼログラビティシート」を採用し、ロングドライブ時の疲れもサポートする。

先進安全技術では、前方を走行する2台前の車両を検知し、急減速などで回避操作が必要と判断した場合には、警報によってドライバーに注意を促す「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」を軽自動車として初搭載。さらに「アダプティブLEDヘッドライトシステム」や、車両進入禁止・最高速度・一時停止の3つを検知する「標識検知機能」、「インテリジェントDA(ふらつき警報)」、「先行車発進お知らせ」などを搭載した。また、インテリジェント エマージェンシーブレーキはミリ波レーダーを採用し、夜間での性能を向上させた。そのほか、SRSニーエアバッグシステム(運転席)や高強度安全ボディにより、事故の際の衝撃を緩和。スポーティモデル「ハイウェイスターシリーズ」には、事故の際の自動通報のほか、あおり運転や急病などの緊急事態にも手動で通報できる「SOSコール」を標準搭載した。

ハイウェイスターシリーズは、より大きく見えるワイド感と高い質感のエクステリアで存在感を主張。インテリアは、洗練された空間と、直感的な使い勝手で、「きれい」に「楽」に使え、さらにディテールにもこだわり、クラスを超える品質に仕上げた。

スタンダードシリーズは、上品で洗練されたモダンでシンプルなスタイルを採用。インテリアは、明るいグレージュの内装色により包まれるようなリラックス感あふれる室内空間を実現した。オプションインテリアでは、ブラックとモカをベースとしたスタイリッシュなコーディネーションを実現している。

ボディカラーは、2トーン5色、1トーン12色の多彩なバリエーションを用意。スタンダードシリーズの「セレニティゴールド」、ハイウェイスターシリーズの「アメジストパープル」と「アトランティックブルー」の3色は新色で、軽自動車のクラスを超えた質感にこだわっている。

価格はルークスが141万5700円から168万0800円、ハイウェイスターシリーズが173万4700円から206万6900円。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

日産

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

日産(nissan)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 車内を“うるさい”と感じるドライバーが増えているのはなぜ?「カーオーディオにまつわる“なぜ?”を解明!」Part5「車内静音」編 その1

    車内を“うるさい”と感じるドライバーが増えている

    カーオーディオ
    2022.05.24 06:26
  2. 三菱 eKクロスEV(右)とeKクロス(左)

    【三菱 eKクロスEV】「ターゲットは地方のセカンドカー市場」なぜベース車が『eKクロス』だったのか

    自動車(本体)
    2022.05.24 06:52
  3. スバル・レガシィ 改良新型の「スポーツ」

    スバル レガシィ が新フェイスに、「スポーツ」も設定…今秋米国発売

    自動車(本体)
    2022.05.24 13:54
  4. 日産 ジューク・ハイブリッド・ラリー・トリビュート

    日産 ジューク ハイブリッド、ラリー車に変身…栄光の ダットサン 240Z に敬意

    自動車(本体)
    2022.05.24 06:53
  5. フォルクスワーゲン ID.Buzz

    VW『ID.Buzz』、6万4581ユーロから…予約受注を欧州で開始

    自動車(本体)
    2022.05.23 14:30

総合ニュースランキング

  1. 「Anker 757 Portable Power Station(PowerHouse 1229Wh)」

    Anker、最大1500W出力対応の384000mAhポータブル電源を本日5/24から一般発売

    ポータブル電源
    2022.05.24 07:00
  2. 「400-CAM099」

    配線不要で設置できる、人感センサー付き小型防犯カメラ「400-CAM099」6,980円

    ネットワークカメラ・防犯カメラ
    2022.05.24 12:27
  3. EOS R7

    キヤノン、3250万画素のAPS-Cミラーレス最上位「EOS R7」

    デジタル一眼カメラ
    2022.05.24 14:18
  4. 「CW003G」

    マキタ「充電式保冷温庫」に容量7Lモデル、別売り40Vmaxバッテリーに対応

    冷蔵庫・冷凍庫
    2022.05.23 11:47
  5. EOS R10(レンズ装着イメージ)

    キヤノン、RFマウントの小型・軽量APS-Cミラーレスカメラ「EOS R10」

    デジタル一眼カメラ
    2022.05.24 14:07

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「EC9355J-M」
  • ドコモ
  • 「ドラゴンボールマンチョコ超」
  • KB272Abmiix
  • 「400-CAM099」
  • 日産 アリア の北極〜南極の走破チャレンジ車両のスケッチ