2020年03月24日 06:07

メルセデスベンツ GLS 新型、48V駆動のアクティブサスペンション採用

メルセデス・ベンツ日本は、大人7名がゆったり乗車できる最上級SUV『GLS』(Mercedes-Benz GLS)新型を3月23日より発売する。

2世代目となるGLS新型は、新デザイン言語「Sensual Purity(官能的純粋)」を採用。細かなエッジやラインを減らして面を強調するなど、質実剛健なデザインとなっている。また、エアロダイナミクスの改善にも大きく貢献。Cd値は0.32と、大型ラグジュアリーSUVとしては極めて優秀な空力性能を実現している。

フロントセクションでは、8角形の大型ラジエーターグリルやクローム仕上げのアンダーガード、2本のパワードームを備えたボンネットがSUVとしての存在感とパワーを表現。マルチビームLEDヘッドライトはシンプルなアウターデザインで、片側112個のLEDとデイタイムランニングライトを備える。リアコンビネーションランプは、リフレクターが下部に移動したことで、よりスリムなデザインとなり、ボディのワイド感を引き立たせている。

インテリアは、ラグジュアリーでエレガントなデザインと、MBUXの高度なデジタル技術が特徴だ。ダッシュボードでは12.3インチのワイドディスプレイとコックピットディスプレイを1枚のガラスカバーで融合。ドアパネルまで流れるような先進的なデザインを描いている。インテリアトリムも同様に、一方のフロントドアから反対側のフロントドアまで続く水平ラインがアクセント。センターコンソールには、大きなグラブハンドルを左右に設けた。

また、ホイールベースを先代モデル比60mm延長し、居住性と積載性を向上させた。2列目シートには電動シートバックによる前後スライド機能を採用し、最後方にスライドさせることでレッグルームが87mm拡大するほか、乗降性も向上。全モデル標準装備の3列目シート(2人掛け)は可倒式でありながら、身長 194cmの乗員まで対応する。3列目シート使用時のラゲッジルームスペースは470リットル。2、3列目シートを倒すと最大2400リットルまで広がる。

パワートレインは、最高出力330ps/最大トルク700Nmを発生する3リットル直列6気筒ディーゼルエンジン「OM656」を「GLS400d 4マチック」に搭載。低回転域から高回転域まで全域でのトルクフルな加速、低振動で高い静粛性を実現している。「GLS580 4マチックスポーツ」は、最高出力489ps/最大トルク700Nmを発生する新型4.0リットルV型8気筒直噴ツインターボエンジン「M176」と、「ISG(インテグレーテッドスタータージェネレーター)」や「48V電気システム」などの新技術を組み合わせる。最高出力22ps/最大トルク250Nmを発生する電気モーターISGと48V電気システムは回生ブレーキによる発電を行い、リチウムイオンバッテリーに充電。エンジンが低回転時には、その電力を利用して動力補助を行うことで、高い効率性と力強い加速を実現する。

足回りでは、「ADS PLUS(アダプティブ・ダンピング・システム プラス)」を搭載した高性能型のエアマチックサスペンションを標準装備。高度なセンサーシステムとアルゴリズムを用いて、減衰特性を路面の状態や走行条件にリアルタイムで適応させる。さらにGLS580 4マチックスポーツは、48Vの電気システムを備えたアクティブサスペンション「E-アクティブ ボディコントロール」を日本初搭載する。凹凸の激しい路面を走行する際にはエネルギーも回収。ハイドロニューマチック(油圧空圧)装置によりダイナミックに変化する力を発生させてエアサスペンションが発生する力に重ね合わせ、加減速中、横方向加速発生中(カーブ)、不整路走行時などに車体をアクティブに支持・減衰する。

安全運転支援システムは、『Sクラス』と同等の最新世代を標準装備。機能強化として、「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付)」は、フロントの長距離レーダーセンサーとステレオマルチパーパスカメラで対向車の検知。右折しようとするときに、対向車線を直進してくる車と衝突する危険がある場合、車速10km/h以内であれば自動ブレーキが作動する。

また、自然対話式音声認識機能を備えた最新インフォテインメントシステム「MBUX」を搭載する。ボイスコントロールは「Hi(ハイ), Mercedes(メルセデス)」をキーワードとして起動。目的地入力や電話通話、音楽選択、メッセージ入力・読み上げ、気象情報といったインフォテインメント機能に加え、クライメートコントロール、各種ヒーター、照明など多様な便利機能にも対応している。

価格はGLS400d 4マチックが1263万円、GLS580 4マチックスポーツが1669万円。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「ミラー型全面液晶360度ドライブレコーダーリアカメラ付き SMFSD3DR」

    リアカメラ付き、ミラー型全面液晶360度ドライブレコーダーが19,800円で発売

    ドライブレコーダー
    2020.08.07 11:00
  2. VW ゴルフ トゥーラン TSI コンフォートライン リミテッド

    VW ゴルフ トゥーラン、利便性・快適性を高めた限定車発売へ パワーテールゲートなど装備

    自動車(本体)
    2020.08.10 06:30
  3. ホンダe

    新型EV ホンダe をウェブで先行公開、正式発表は8月…都市型コミューター

    自動車(本体)
    2020.08.03 06:30
  4. ホンダe(Honda e)

    【ホンダe】概要発表…従来EVがタブレットならこれはスマホ、コンパクトボディに最新技術を集約

    自動車(本体)
    2020.08.05 18:54
  5. トヨタ RAV4 アドベンチャー(アッシュグレーメタリック×シアンメタリック)

    トヨタ RAV4、ディスプレイオーディオ全車標準装備 安全・安心装備も拡充

    自動車(本体)
    2020.08.09 07:00

総合ニュースランキング

  1. CARD20

    ドン・キホーテで薄型ケースの完全ワイヤレスイヤホン「CARD20」が発売

    イヤホン・ヘッドホン
    2020.08.10 09:00
  2. イヤーカフタイプ「FG-TWS-S19」

    ドン・キホーテで「耳をふさがないワイヤレスイヤホン」3機種が順次発売

    イヤホン・ヘッドホン
    2020.08.09 09:00
  3. 任天堂、Nintendo Switch本体の生産状況について「おおむね回復」とコメント

    ゲーム機本体
    2020.08.07 17:35
  4. 「HGBD:R 1/144 アウンリゼアーマー」(※画像はイメージ)

    新機能オプションアーマー「HGBD:R 1/144 アウンリゼアーマー」の発売日決定

    プラモデル
    2020.08.10 11:30
  5. 「HGBD:R 1/144 ガンダムアニマリゼ」

    バンダイ、新たなコアガンダム「ガンダムアニマリゼ」ガンプラを8/29発売

    プラモデル
    2020.08.10 11:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • フィギュアーツZERO [EXTRA BATTLE] サー・クロコダイル -頂上決戦-、フィギュアーツZERO [EXTRA BATTLE] 道化のバギー -頂上決戦-
  • TWS-X
  • 「Galaxy Z Fold2」
  • TSUKUMOプレミアムケーブル
  • 「PASMO」が2020年中に「Apple Pay」へ対応
  • 「85mm F1.4 DG DN | Art」