2020年03月25日 06:03

コンチネンタル、世界初の電気触媒を2022年から生産へ

コンチネンタル(Continental)のパワートレイン部門のヴィテスコ・テクノロジーズは、2022年後半から48Vマイルドハイブリッド向けに、世界初となる電気触媒を生産すると発表した。

触媒コンバーターの急速加熱能力が、排ガス後処理の全体的な効率を高める。ヴィテスコ・テクノロジーズが開発した「EMICAT電気触媒」は、燃焼エンジンを対象としたスマート電化ソリューションの一例だ。排出ガスの温度が非常に低く、排ガス後処理には適さない場合でも、効果的な後処理を実現する。EMICAT電気触媒は、実路走行排気の決定的な弱点である極端に冷却された排ガスを、除去できるという。

例えば、都市部を低速で走行する車両のディーゼルエンジンが、ほとんど熱を発生しない場合を指す。電気触媒に使う48V電流は、車両のマイルドハイブリッドシステムの回生によって得られる。

ヴィテスコ・テクノロジーズは、ディーゼルエンジンのマイルドハイブリッド搭載のデモ車両で、EMICAT電気触媒が4kWの加熱出力で得られる効果を実証した。48Vシステム搭載のスーパークリーン電動ディーゼル車では、窒素酸化物排出量が40%減少し、CO2排出量はWLTPテストで3%減少した。渋滞が激しい英国ロンドンの交通サイクルでは、窒素酸化物排出量は62%減少。スーパークリーン電動ディーゼル車では、排ガス後処理の効率は97%まで上昇する。

EMICAT電気触媒は、欧州自動車メーカーの48Vハイブリッドバン2車種に搭載される予定だ。数百万台の契約となり、生産開始は2022年後半を予定している。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ダイハツ タフト

    【ダイハツ タフト 新型】先行予約を開始…新型軽クロスオーバー

    自動車(本体)
    23時間前
  2. ダイハツの新型車「タフト」。左はディーラーオプション「メッキパック」装着車。

    ダイハツが「タフト」の先行予約受け付けを開始 クロスオーバータイプの新型軽乗用車

    自動車(本体)
    2020.04.01 16:06
  3. AUKEY DRA3

    AUKEY、IP68防水リアカメラ付きのミラー型ドラレコ「DRA3」

    ドライブレコーダー
    17時間前
  4. フェラーリ・ローマ

    フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー

    自動車(本体)
    18時間前
  5. アウディ A3 スポーツバック 新型

    アウディ A3スポーツバック 新型、5月に欧州で納車開始

    自動車(本体)
    2020.04.02 06:10

総合ニュースランキング

  1. 「A8H」

    ソニーが新4K有機ELテレビを発表、48V型の「BRAVIA A9S」など

    薄型テレビ・液晶テレビ
    19時間前
  2. ダイハツ タフト

    【ダイハツ タフト 新型】先行予約を開始…新型軽クロスオーバー

    自動車(本体)
    23時間前
  3. moto g8 plus

    期間限定税別23,000円、gooが6.3型スマホ「moto g8 plus」発売

    スマートフォン
    2020.04.01 12:19
  4. ※画像は経済産業省公式Twitterアカウントによるツイートより

    シャープ生産のマスクが出荷開始、経産省「引き続きマスク増産に取り組む」

    その他健康器具・医療機器
    2020.03.31 16:45
  5. Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森 本体セット

    「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森 本体セット」次回出荷は4月上旬を予定

    ゲーム機本体
    2020.03.23 12:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「クラシック・シャッフル」
  • ハンドスケール プライムボディ
  • BMW 118d
  • 「アウディA6 40 TDIクワトロ」(左)と「A6アバント40 TDIクワトロ」(右)。
  • 「PENTAX 645Z」