2020年04月03日 06:13

ベントレー ミュルザンヌ、最終モデルに最高峰のクラフトマンシップを導入

ベントレーは3月31日、今春生産を終了する予定の『ミュルザンヌ』(Bentley Mulsanne)に、最高峰のクラフトマンシップを導入すると発表した。最終限定モデルの『ミュルザンヌ 6.75 エディション by マリナー』を、1台あたり400時間以上をかけて生産する。

◆特別仕立てのエクステリア

現行ミュルザンヌは2009年に発表された。ベントレーを代表する4ドアサルーンとして、ラグジュアリーセグメントのベンチマークを確立した。世界限定30台を販売する最終限定モデルのミュルザンヌ6.75 エディション by マリナーは、最上級モデルの『ミュルザンヌ スピード』がベースだ。

最終限定モデルのエクステリアには、グロスブラックのブライトウェアを配置し、顧客が選択したエクステリアカラーにアクセントを添える。ヘッドライトとテールライトは、ブライトクロームで縁取られた。ボンネットの「Flying Bマスコット」、「Mulliner Serenity」と呼ばれるラジエターグリル、エキゾーストフィニッシャーはすべてダークティント仕上げとし、フロントフェイスを引き締める。21インチの5本スポークホイールはブライトマシニング仕上げで、ポケット部分はグロスブラックとした。

ボンネット下については、インテークマニホールドを従来のシルバーからブラックに変更した。エンジンナンバープレートには、エンジンを組み立てた職人の署名を入れるが、最終限定モデルではベントレーのエイドリアン・ホールマーク会長兼CEOの署名が添えられる。

◆ダークカラーでまとめられたインテリア

インテリアは、レザーハイドをシングルトーンとし、「Imperial Blue」、「Beluga」、「Fireglow」、「Newmarket Tan」の4種類をそろえ、専用のカラースプリットを採用した。シルバーのシートパイピング、センターコンソール周囲のレザーハイド、ディープパイルオーバーマットのバインディング、シートとドアインサートの多孔レザーからのぞくアクセントカラーなどが特長だ。

センターコンソールとリアキャビンコンソールのウッドパネルにはシルバーのペイントを施し、フロントコンソールには金属製の記念プレートをはめ込んだ。フェイシアとウェストレールは、高光沢のグランドブラック仕上げとし、ウェストレールにはダークエンジンスピン模様をあしらったアルミニウム製インサートを装着する。

◆1959年以来基本的な構造とサイズを受け継ぐV8エンジン

搭載されるV型8気筒ガソリンエンジンのデザイン、エンジニアリング、ハンドビルドはすべて英国クルー工場で行われている。現在生産されているV8エンジンの中で、最も長い歴史を持つ。この強力なエンジンは、1959年に『S2』に初搭載されて以来、数十年にわたって幾度となく改良が施されてきた。V8の象徴である基本的な構造とサイズは、60年経った今も当時のままという。

この限定モデル誕生のきっかけともなった6 3/4リットルエンジンは、今年で60周年を迎えた。排気量6 3/4リットル(6752cc)のV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力537ps/4000rpm、最大トルク112.2kgm/1750rpmを引き出す。トランスミッションは8速AT。0〜100km/h加速4.9 秒、最高速305km/hの性能を発揮する。

30台の6.75エディションを最後に、ミュルザンヌは生産を終了する。今後はベントレーの新たな旗艦モデルとして、新型『フライングスパー』がラグジュアリーカーラインアップの頂点に立つ。フライングスパーには2023年までに、ハイブリッドシステムの導入が予定されている。こうした動きは、ベントレーが目指す未来の姿、サステナブルなラグジュアリーカーへの移行を象徴しているという。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ベントレー

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ベントレー(bentley)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ヤマハ XMAX

    【ヤマハ XMAX 試乗】人気の軽二輪スクーター、でも「やっぱり250!」と思わせる理由

    バイク(本体)
    2020.07.03 06:15
  2. スズキ・アクロス

    スズキの新型SUV『アクロス』、トヨタ RAV4 PHV ベースのOEM

    自動車(本体)
    2020.07.02 11:00
  3. プジョー208(写真は欧州仕様車)

    新型「プジョー208」が日本上陸 ガソリンエンジン車とピュアEVを同時発売

    自動車(本体)
    2020.07.03 06:25
  4. 日産アリア・コンセプト(東京モーターショー2019)

    日産 アリア、7月15日デビューが決定…新型EVクロスオーバー

    自動車(本体)
    2020.06.30 10:00
  5. フォード・マスタング・マッハE

    フォード マスタング のEV『マッハE』、モーターパワーは346hpに確定…米国受注を開始

    自動車(本体)
    2020.07.03 11:00

総合ニュースランキング

  1. Carrime PCA10XS-W

    ダイキン、持ち運びできるヒートポンプ式ポータブルエアコン「Carrime」

    エアコン・クーラー
    2020.07.02 06:55
  2. “持ち運べるエアコン”に流行の兆し? 大手メーカーのポータブルエアコンが話題に

    “持ち運べるエアコン”に流行の兆し? 大手メーカーのポータブルエアコンが話題に

    エアコン・クーラー
    2020.07.03 13:40
  3. 「運べるスポットクーラー ワイルドクーラー」

    サンコー、持ち運べるポータブルクーラー「ワイルドクーラー」の予約販売開始

    エアコン・クーラー
    2020.07.03 10:50
  4. 「HG 1/144 シャア専用ザクII」

    「機動戦士ガンダム」シャア専用ザクIIの新規造形HGガンプラ、発売日が決定

    プラモデル
    2020.07.03 06:40
  5. ポータブルクーラー IPC-221N

    アイリスオーヤマ、取り付け工事不要の「ポータブルクーラー」

    エアコン・クーラー
    2020.06.30 07:05

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • Pictar Pro カメラグリップ
  • 「SDガンダムクロスシルエット RX-78-2 ガンダム&シャア専用ザクII」
  • StarSense Explorer
  • トヨタ・ポルテF“セーフティーエディション”
  • モバイルバッテリーAC充電器内蔵/5000mAh
  • ポケモンプラモコレクション 46 セレクトシリーズ レックウザ