2020年04月08日 12:10

日産のEVコンセプト『アリア』、横長ディスプレイを採用した理由

日産自動車の米国部門は4月3日、EVクロスオーバーコンセプトカーの『アリアコンセプト』(Nissan Ariya Concept)に搭載された次世代コネクトシステムの詳細を発表した。タブレット端末のような縦長ディスプレイではなく、横長のディスプレイを敢えて採用した、としている。

◆ボタンやスイッチを極力排したダッシュボード周り

アリアコンセプトは、前後に高出力電動モーターを配置したツインモーター4輪制御システムを搭載している。瞬時に緻密なトルクコントロールが可能な電動モーターを前後に合計2基設置することによって、高次元の発進、加速性能を実現している。さらに前後のモータートルクやステアリング、ブレーキなどを統合制御することによって、雪道やぬかるんだ道などの滑りやすい路面においても優れたトラクション性能を発揮するという。

アリアコンセプトでは、インストルメントパネルとドアパネルがシームレスにつながり、一体感のあるすっきりとしたダッシュボード周りには、ボタンやスイッチを配していない。システムを起動すると、インストルメントパネルに柔らかな輝きを放つハプティック(触覚)操作ボタンが表示される。物理的なボタンやスイッチは、スタートボタンと12.3インチのディスプレイモニター用の操作ノブ、そしてエアコン操作ボタンのみだ。これらは、インストルメントパネル下部の木製部分に組み込まれている。

◆人間工学に基づいて設計された横長ディスプレイ

アリアコンセプトには、タブレット端末のような縦長ディスプレイではなく、横長のディスプレイを敢えて採用した。日産は、最新のトレンドよりもデザインとビジョンを優先して、アリアコンセプトの横長ディスプレイを開発した。この横長ディスプレイは、湾曲した2画面ディスプレイが特長だ。日産によると、横長のデザインは見た目だけで選ばれたわけではないという。

日産によると、運転中のドライバーの目は、自然に左右方向を見るのだという。ディスプレイを水平方向にレイアウトすると、ドライバーはより多くの情報を見たり吸収したりすることが可能になる。

一方で、アリアコンセプトのディスプレイは、既存の車と同様に、ドライバー正面のインストルメントクラスターに運転に関する情報を表示し、ダッシュボード中央のモニターにエンターテインメント情報、コンフォートコントロール、システム状態を表示する。どちらも、運転席と助手席の間をシームレスに流れる滑らかなパネルに統合されている。

2画面レイアウトの場合でも、情報を移動したり、画面間をスワイプしたりして、1つの画面のような感覚を作り出すことができる。たとえば、ドライバー正面のインストルメントクラスターに、ナビゲーション画面を表示。このナビゲーション画面を、ダッシュボード中央のモニターに移動したり、不要になったときに非表示にしたりすることも可能だ。

◆スマホと車載ナビを連携させて最終目的地へ案内

「ドアツードア・ナビゲーション」はスマートフォンで設定した目的地を車載のナビゲーションシステムと共有することで、乗車前はスマートフォン、乗車中は車載のナビゲーションシステム、降車後はスマートフォンによって乗車前後の徒歩ルートも含め、出発地点から最終目的地までシームレスにドライバーを案内する。

ドライバーがアリアコンセプトに近づくと、ウェルカムライトが点灯し、自動的にロックが解錠される。シート位置やエアコンの設定などが、スマートフォンに個人のプロフィルとして保存されたドライバーの好みの状態にセットされる。また、ドライバーのスケジュール管理ソフトと車両の持つ情報を同期させることで、出発時間を予想して空調をコントロールするなど、すぐに快適な状態で出発できるよう、準備をしてくれる。

ドライバーがアリアコンセプトに乗り込むと「バーチャルパーソナルアシスタント(VPA)」がナビゲーションを開始する。VPAから提供される駐車場の情報や走行中に必要な情報により、ドライバーは自ら情報検索をする必要がなく、運転に専念できる。また、ルートの途中で友人をピックアップする場合は、友人のスマートフォンと車載のビデオチャット機能をリンクすることにより、友人がいる正確な位置を車載モニター上に表示することができる、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

日産

日産(nissan)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

    ホンダ シビックタイプR 次期型をついにスクープ!ハイブリッド化で400馬力、21年発表か

    自動車(本体)
    2020.05.26 09:45
  2. スバルWRX S4?STI Sport♯

    スバルが「WRX S4 STI Sport♯」の概要を発表 走りを磨いた500台の限定モデル

    自動車(本体)
    2020.05.26 10:00
  3. トヨタ・シエナ 新型の XSE

    米トヨタのハイブリッドミニバン、初のスポーティグレード設定…シエナ 新型

    自動車(本体)
    2020.05.25 09:48
  4. ダイハツロッキー インテリアファイナルスケッチ案

    【ダイハツ ロッキー 新型】インテリアがコンセプトカーから大きくイメチェンした理由

    自動車(本体)
    2020.05.25 14:30
  5. クロード・ルルーシュ監督(写真左)とドライバーを務めたシャルル・ルクレール(同右)

    「フェラーリSF90ストラダーレ」がモナコの市街地を240km/hで走行

    自動車(本体)
    2020.05.26 06:10

総合ニュースランキング

  1. 1/144 ジム

    名脇役「ジム」の新旧ガンプラを集めた「ガンプラジムギャラリー」が公開

    プラモデル
    2020.05.26 06:10
  2. 「ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.[BEST SELECTION]」

    RX-78-2 ガンダムなど、税別3,500円「BEST SELECTION」6種の発売日決定

    フィギュア
    2020.05.26 12:40
  3. 「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」

    任天堂、Switch「どうぶつの森セット」の抽選申込終了 当選発表は6/1〜6/2

    ゲーム機本体
    2020.05.25 19:07
  4. 「GPD WIN Max」

    第10世代Core搭載の8型ポータブルゲーミングPC「GPD WIN Max」国内発売

    ノートパソコン
    2020.05.26 13:52
  5. 「ROBOT魂 <SIDE MS> MS-09F/TROP ドム・トローペン ver. A.N.I.M.E.」

    モノアイが上下左右に可動する「ドム・トローペン ver. A.N.I.M.E.」発売日決定

    フィギュア
    2020.05.26 13:10

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • Toffy Beauty 振動ヘッドスパ TB05-VH
  • BMW 5シリーズ・セダン 改良新型のティザーイメージ
  • 【まとめ】UQ mobile、2020年夏モデルや新料金プラン「スマホプランR」発表
  • 「Figure-rise Standard Amplified インペリアルドラモン」
  • WH-CH710N
  • GODOX LEDビデオライト