2020年04月14日 06:10

ベントレー フライングスパー 新型、スマホサイズの「タッチスクリーンリモート」採用

ベントレーは4月9日、新型『フライングスパー』(Bentley Flying Spur)に、新開発の「タッチスクリーンリモート」を採用した、と発表した。

2世代目となる新型フライングスパーのパワートレインには、直噴6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボを搭載する。このエンジンは、最大出力635ps、最大トルク91.8kgmを引き出す。トランスミッションは、ZF製の8速デュアルクラッチ、駆動方式は4WDを組み合わせる。

従来型フライングスパーでは、常時4WDとなり、前後トルク配分が60対40に固定されていた。新型の場合は、リアアクスルにトルクが伝達される2WD走行が基本になる。路面状況の変化やスリップの発生を検知すると、自動的に4WDに切り替わり、フロントアクスルにもトルクが伝達される。新型は、0〜100km/h加速3.8秒、最高速333km/hの性能を備えている。

◆ドライバーだけの情報に後席乗員もアクセス可能

タッチスクリーンリモートは、新型フライングスパーの後席乗員向けの装備だ。ベントレーらしい優美な素材が使用されており、コンソールに一体化されていて目立たないように配慮された。また、ボタンひとつで簡単に取り外すことができる。タッチスクリーンリモートによって、ブラインド、リアシートのマッサージ機能、後席のクライメートコントロールなどさまざまな操作が可能だ。ムードライティングなどの設定を保存することもできる。

後席の乗客は、タッチスクリーンリモートを利用して、さまざまなドライバー情報にアクセスできる。これは、従来、ドライバーしかアクセスできなかったものだ。 現在の車速、移動距離、外気温度、ナビゲーションなどの情報が、後席に居ながら確認できる

タッチスクリーンリモートは、ボタンに触れるだけで、リアセンターコンソールの上へ自動的に展開し、後席の乗客が利用できるようになる。スマートフォンサイズのタッチスクリーンリモートは、それ自体が強力なコンピューティングデバイスだ。4コアプロセッサと1GBのオンボードRAMによって、パフォーマンスを向上させている。

◆リチウムポリマーバッテリー内蔵で長時間作動

シャープな1280×720ピクセルのディスプレイがインターフェースを形成し、3軸加速度計や近接センサーを含む最先端センサーが触覚フィードバックと組み合わされて、タッチスクリーンリモートを使いやすく直感的に使用できるようにしている。 3200mAhのリチウムポリマーバッテリーは、長距離移動で充電を行わなくても、長時間作動する。

新開発のシートはツインフルートデザインを採用する。乗員は背もたれとクッションを14通りに調節可能だ。シートヒーター&ベンチレーションの6つの設定、5つのマッサージ機能などを画面でコントロールして、高いレベルのパーソナライズを確保できる。また、タッチスクリーンリモートは、ファンの回転速度、温度、空気配分、イオナイザーなど、後席の両側の空調機能を個別にコントロールして、乗員の快適性を引き上げる。

キャビンの照明は、昼夜を問わずコントロールできる。 タッチスクリーンリモートは、パノラマサンルーフとウインドウを制御して、室内に自然光が差し込むようにする。また、プライバシーを高めるために、パノラマサンシェードとリアウィンドウブラインドを最適に調整する。オプションのムードライティングを使用すると、後席の乗員は、好みの設定をお気に入りとして保存でき、周囲の色と明るさを自分の好みに合わせることができる。

リアシートは、贅沢かつ居心地のよい空間を目指した。センターアームレストは折畳み式だ。センターヘッドレストは手動展開式。使わないときは収納して、視界を確保できる。「ミューラー」のドライビングスペシフィケーションをオプションで選択すると、新デザインの3Dレザーに伝統的なステッチと刺繍が添えられる。

◆ボンネットのフードマスコットの格納&展開も後席から操作可能

新型のオーディオシステムは3種類あり、スタンダートシステムは650W、10スピーカーだ。Bang & Olufsenは1500W、16スピーカーで、イルミネーテッドグリルが付属し、BeoSonicシステムも搭載される。ワンタッチ式ユーザーインターフェースで、シンプルかつ直感的なトーン設定が可能だ。

オーディオ愛好家に向けて、2200W、19スピーカーの「Naim for Bentley」をオプションで用意している。フロントシートにアクティブバストランスデューサーを内蔵し、サウンドモードは8種類から選択できる。

さらに、ボンネットの先端に装着されている「フライングB」のマスコットは、タッチスクリーンリモートによって、格納と展開が行える、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ベントレー

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ベントレー(bentley)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. marumie Q-30R

    ユピテル、360度フロントカメラを備えた2カメラドラレコ「marumie Q-30R」

    ドライブレコーダー
    2020.08.11 13:30
  2. ホンダ e

    【ホンダe】街中での性能に特化したEV…コネクティビティやシンプルデザインにこだわり

    自動車(本体)
    2020.08.11 07:00
  3. 日産 キックス

    【日産 キックス 新型】前後とも同じデザインテーマを追求…チーフデザイナー

    自動車(本体)
    2020.08.13 06:30
  4. アプリリア RX125

    アプリリア RX125/SX125、新グラフィック追加…8月20日発売

    バイク(本体)
    2020.08.13 06:30
  5. セルスター CS-32FH

    セルスター、2.4インチワイド液晶搭載の2カメラドラレコを発売

    ドライブレコーダー
    2020.08.13 06:30

総合ニュースランキング

  1. 「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」

    Nintendo TOKYO、「Switch あつまれ どうぶつの森セット」のWEB抽選予約を開始

    ゲーム機本体
    2020.08.11 12:34
  2. 「Xiaomi Transparent TV」

    Xiaomi、“透明OLED”を採用した55型テレビ「Xiaomi Transparent TV」発表

    薄型テレビ・液晶テレビ
    2020.08.12 12:45
  3. 「Surface Duo」

    マイクロソフト、2画面Androidデバイス「Surface Duo」を米国で9/10発売

    タブレットPC
    2020.08.13 10:50
  4. 「アクリルロゴディスプレイEX 機動戦士ガンダム(大)」

    ガンプラにアクセントを加える「アクリルロゴディスプレイEX 機動戦士ガンダム」

    キャラクターグッズ・雑貨
    2020.08.13 07:00
  5. スズキジムニーフレーム切手付きミニカーセット

    スズキ「JB64 ジムニー」が郵便局限定「フレーム切手付きミニカーセット」に

    ミニカー
    2020.08.12 06:55

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ハイブリッドネッククーラー2020モデル
  • MEET ELECTRIC ELEGANCE クラス初の100%エレクトリックSUV、DS 3クロスバック E-TENSE デビュー
  • カーナビタイム、Apple CarPlayダッシュボード機能に対応
  • CCP ULTRA MASK(CUM)
  • SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN Art SONY Eマウント/LEICA Lマウント 専用
  • 「Surface Duo」