2020年05月25日 11:00

アバルト70周年記念車、新開発のリアスポイラー採用… 695 セッタンタ・アニヴェルサーリオ

フィアットの高性能車ブランドのアバルトは5月18日、ブランドの70周年を記念する限定車の『695セッタンタ・アニヴェルサーリオ 』(Abarth 695 70°Anniversario)に、新開発のリアスポイラーを採用した、と発表した。

◆大型リアウイングは最大60度まで12段階で角度調整可能

この大型リアウイングは、1970年に登場したフィアット『アバルト 1000 TCR』にインスピレーションを受けたものだ。695セッタンタ・アニヴェルサーリオの大型リアウイングは、最大60度まで12段階で角度調整が可能。その開発テストは、イタリア・トリノのオルバッサーノにあるFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)の風洞施設で行った。この風洞実験施設ではイタリアで唯一、風速最大210km/hを可能にする。

風洞テストの結果、695セッタンタ・アニヴェルサーリオは、200km/h走行時に最大42kgのダウンフォースを発揮することが確認された。また、サーキットに応じてウイングの角度を変更することで、挙動の変化を楽しむことができるという。

具体的には、イタリア・バレルンガ・サーキットの「ローマカーブ」がある。大型リアウイングの角度を最適に設定した場合、ステアリングの修正をおよそ40%削減し、より効率的なドライブを実現し、ドライバーに限界を押し上げる自信を与えることができるという。さらに、エアロダイナミクスの最適化は、音響にも影響を与え、日常走行における静粛性にも貢献する。

◆アバルトの創始者のクルマ作りの哲学を反映

アバルトの創始者のカルロ・アバルト(1908〜1979年)は、パワーや最高速度、加速性能といった数値の追求に留まらず、ドライバーの心を刺激するチューニングを探求した。カルロ・アバルトにとって、とくにサーキットでは、パフォーマンスは一定の要件だった。レースでは、エンジニアがスポイラーの角度を手動で微調整して、ドライバーがコースと運転スタイルに応じて、車両の挙動を最適化する光景が見られる。695セッタンタ・アニヴェルサーリオには、そうしたカルロ・アバルトのクルマ作りの哲学が反映されているという。

695セッタンタ・アニヴェルサーリオが採用するグリーンのボディカラーは、「Verde Monza 1958」と呼ばれる。このボディカラーは、アバルトが手がけた初期のモデル、フィアット『500 エラボラツィオーネ アバルト レコルド』に由来する。同車は、1958年にモンツァサーキットで行った速度記録において、6つの世界記録を樹立した。アバルトの名を世界に轟かせた1台だ。

さらに、695セッタンタ・アニヴェルサーリオには、専用ボディキットや専用17インチアルミホイール、コーナリング時のトラクションを高めるメカニカルLSD(5MTのみ)を採用した。外観も走りも、よりスポーティに演出されている。

◆1.4ターボは最大出力180hp

パワートレインは、『595 コンペティツィオーネ』がベースだ。1.4リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力180hp、最大トルク25.5kgmと、シリーズ最強のスペックを獲得する。トランスミッションはベース車同様、ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション(5MTA)と5速マニュアルトランスミッション(5MT)を設定した。

695セッタンタ・アニヴェルサーリオは、0〜100km/h加速は6.7秒で駆け抜ける。アクティブエキゾーストシステムの「レコードモンツァ」が装備されており、痛快なサウンドを追求する。

ブレンボ製ブレーキを標準装備した。フロントには4ピストンアルミ製キャリパーと305 mm径ディスク、リアには240 mm径ディスクが装備される。前後ともディスクには、穴開き仕様だ。FSDテクノロジーを備えたコニ製リアサスペンションも装備されている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

フィアット

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

フィアット(fiat)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「ハイエンド・メインユニット」を核にシステムが構成されたオーディオカーの一例(製作ショップ:パラダ<福井県>)。

    メインユニットの“電源強化”で音が変わる!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.05.27 06:56
  2. アウトランダーPHEVの進化ポイント:人とくるまのテクノロジー2022

    三菱 アウトランダーPHEV 新型の「進化」ポイント

    自動車(本体)
    2022.05.27 12:06
  3. トヨタ・カローラ、カローラツーリングのインテリア。

    [低予算カーオーディオ]トヨタ車純正ディスプレイオーディオのエンタメ力をアップ

    カーオーディオ
    2022.05.24 05:15
  4. 11.4インチ Honda CONNECTナビ LXM-237VFLi

    ホンダ純正ナビ、「ギャザズ」史上最大の11.4インチなど3モデルを発売

    カーナビ
    2022.05.26 19:28
  5. スズキ・ビジョン・グランツーリスモ

    スズキ『ハヤブサ』のエンジン&970kgの軽量ボディ…432馬力の仮想電動スポーツ

    自動車(本体)
    2022.05.27 12:53

総合ニュースランキング

  1. 「Anker 757 Portable Power Station(PowerHouse 1229Wh)」

    モバイルバッテリーなどで定評のあるAnker、新発売のポータブル電源が注目を集める

    ポータブル電源
    2022.05.27 11:38
  2. 「α6400」

    ソニー、最速0.02秒AFを実現したミラーレス「α6400」注文受付を再開へ

    デジタル一眼カメラ
    2022.05.26 16:46
  3. WH-1000XM5

    ソニー、ノイキャン性能が進化したワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM5」本日5/27発売

    イヤホン・ヘッドホン
    2022.05.27 06:50
  4. Xperia 1 IV SO-51C

    ドコモ、ソニー5Gスマホ「Xperia 1 IV SO-51C」の発売日を決定

    スマートフォン
    2022.05.26 00:00
  5. GK-RTX3090Ti-E24GB/HOF

    玄人志向、4.3型液晶が付属する「GeForce RTX 3090 Ti」搭載ビデオカード

    グラフィックボード・ビデオカード
    2022.05.26 16:25

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「ニッサン スカイライン GTS-R(R31) “カスタム バージョン”」
  • HUAWEI Eyewear
  • 「1/24 マクラーレン セナ(グレイ)完成品」
  • マセラティ MC20 チェロ
  • EXPLORER
  • 「NOKTON D23mm F1.2 Aspherical」