2020年06月12日 10:15

ポルシェ カイエン 新型に「GTS」、4.0ツインターボは460馬力

ポルシェは6月12日、新型『カイエン GTS』(Porsche Cayenne GTS)と『カイエン GTS クーペ』(Porsche Cayenne GTS Coupe)を欧州で発表した。

「GTS」とは、グラン・ツーリスモ・スポーツを意味し、ポルシェの主要モデルに用意される高性能グレードだ。強力なエンジン、パフォーマンス指向のシャシー、専用の内外装ザインなどを採用する。このGTSが、新型『カイエン』シリーズに設定された。

◆0〜100km/h加速は4.5秒で最高速は270km/h

従来型の3.6リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンに代えて、4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する。最大出力は460ps、最大トルクは63.2kgmを引き出す。このスペックは、従来型に対して、20ps、2kgmの強化となる。

トランスミッションは、8速ATの「ティプトロニック S」 だ。新型の「スポーツクロノパッケージ」の場合、0〜100km/h加速は4.5秒で駆け抜け、最高速は270km/hに到達する。従来型に対して、0〜100km/h加速は0.6秒短縮され、最高速は8km/hの上乗せとなる。

新しいV8エンジンは、効率性も重視している。これは、最適化されたアダプティブシリンダーコントロール、中央インジェクター位置での直噴ガソリンシステム、インテリジェントに設計された熱管理システムによって追求された。NEDC(新欧州サイクル)による燃費は、8.9km/リットルを実現している。

◆サスペンションやブレーキを強化

スポーツエグゾーストシステムを搭載する。高周波で同調するスポーツエグゾーストシステムを新開発し、個性豊かでスポーティなサウンドを追求する。中央に配置された2つの楕円形テールパイプは専用アイテムだ。オプションの軽量スポーツパッケージと組み合わせて装備できる。

車高を20mm下げたスポーツサスペンションを標準装備した。「ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント(PASM)」、「ポルシェ・トルクベクタリング・プラス(PTVプラス)」も標準装備されている。大容量ブレーキは、フロントが390mm径、リアが358 mm径で、赤いブレーキキャリパーが付く。オプションで、「ポルシェ・サーフェス・コーティング・ブレーキ(PSCB)」、「ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ(PCCB)」が装備できる。車高が10mm低い3チャンバーエアサスペンション、リアアクスルステアリング、「ポルシェ・ダイナミック・シャシー・コントロール(PDCC)」も選択できる。

◆GTSらしい専用仕上げの内外装

標準の「スポーツデザインパッケージ」は、ブラックアクセントが特長だ。アルミホイールは21インチの「RSスパイダー」デザインで、サテングロスの21インチブラックホイールが標準装備されている。「ポルシェ・ダイナミック・ライト・システム(PDLS)」を備えたLEDヘッドライトと、LEDテールライトバーはダーク仕上げ。フロントエアインテーク、サイドウィンドウトリム、スポーツエグゾーストシステムのテールパイプ、エンブレム類はブラック仕上げとなる。

インテリアは、アルカンターラなどの高品質素材を、ルーフライニング、シートセンターパネル、ドアとセンターコンソールのアームレストに使用した。ダークブラッシュドアルミトリムも採用する。専用の8ウェイスポーツシートは、サイドボルスター位置を高くし、ダイナミックなコーナーリング時にホールド性を高めた。GTSのロゴは、フロントドア、ドアエントリーシル、レブカウンター、ヘッドレストに添えられる。カーマインレッドやクレヨン色のカラーアクセントを付けた「GTSインテリアパッケージ」など、多くのパーソナライズオプションが用意されている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ポルシェ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ポルシェ(porsche)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「ハイエンド・メインユニット」を核にシステムが構成されたオーディオカーの一例(製作ショップ:パラダ<福井県>)。

    メインユニットの“電源強化”で音が変わる!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.05.27 06:56
  2. アウトランダーPHEVの進化ポイント:人とくるまのテクノロジー2022

    三菱 アウトランダーPHEV 新型の「進化」ポイント

    自動車(本体)
    2022.05.27 12:06
  3. トヨタ・カローラ、カローラツーリングのインテリア。

    [低予算カーオーディオ]トヨタ車純正ディスプレイオーディオのエンタメ力をアップ

    カーオーディオ
    2022.05.24 05:15
  4. 「AN-R107」

    KEIYO、11.2型スマートミラーを備えた2カメラドラレコ「AN-R107」

    ドライブレコーダー
    2022.05.27 10:50
  5. 単体DSP(PLUG&PLAY DSP)を含めたプラグアンドプレイの全製品。

    単体DSPは、ハイスペックモデルがおすすめ[カーオーディオ“チョイスのコツ”]

    カーオーディオ
    2022.05.28 05:15

総合ニュースランキング

  1. 「Anker 757 Portable Power Station(PowerHouse 1229Wh)」

    モバイルバッテリーなどで定評のあるAnker、新発売のポータブル電源が注目を集める

    ポータブル電源
    2022.05.27 11:38
  2. GT730-SL-2GD3-BRK-EVO

    ASUS、5,500円で静音性にすぐれたファンレスビデオカード

    グラフィックボード・ビデオカード
    2022.05.27 12:31
  3. 「OpenSwim」

    Shokz、IP68防水で水中でも使用可能な骨伝導イヤホン「OpenSwim」

    イヤホン・ヘッドホン
    2022.05.27 13:09
  4. 「400-CAM099」

    配線不要で設置できる、人感センサー付き小型防犯カメラ「400-CAM099」6,980円

    ネットワークカメラ・防犯カメラ
    2022.05.24 12:27
  5. 「ハイエンド・メインユニット」を核にシステムが構成されたオーディオカーの一例(製作ショップ:パラダ<福井県>)。

    メインユニットの“電源強化”で音が変わる!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.05.27 06:56

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「RF800mm F5.6 L IS USM」「RF1200mm F8 L IS USM」
  • 「Anker 757 Portable Power Station(PowerHouse 1229Wh)」
  • 「75mm T2.9 1.6× Full-Size Anamorphic Lens」
  • HUAWEI Eyewear
  • 10.1インチUSBモニター plus one USB LCD-10000U3
  • 「スゴ録キャッシュバックキャンペーン」