2020年06月16日 06:20

ルノー クリオ 新型に新世代ハイブリッド、燃費23.2km/リットル

ルノーは6月12日、新型『クリオ』(Renault Clio。日本名:『ルーテシア』に相当)のハイブリッド車の受注を、フランス本国で開始した、と発表した。

◆市街地燃費は最大で4割向上

新型クリオは、ルノー日産三菱アライアンスが開発した「CMF-B」プラットフォームを最初に採用するルノー車だ。また、ルノーグループが新開発したハイブリッド技術、「E-TECH」を搭載する最初のルノー車でもある。

E-TECHは、ルノーのエンジニアリングによって開発され、多くの特許を取得しており、ルノー日産三菱アライアンスで、構造部品を共用する。新型クリオのE-TECHシステムは、新世代の1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジンに2つの電気モーター、マルチモードギアボックス、蓄電容量1.2kWhの230Vリチウムイオンバッテリーを組み合わせる。

ルノーのE-TECHハイブリッドは、クラス最高レベルのレスポンス、優れた燃費、減速時の素早いバッテリー充電などにより、最大限の効率を追求する。発進時は、モーターで始動。ブレーキペダルを操作せず、アクセルペダルだけで加減速できる強力な回生ブレーキを採用する。

ルノーによると、都市部の走行では、その8割をEVモードでゼロエミッション走行が可能。市街地走行では同クラスのガソリン車と比較して、最大4割の燃費向上を可能にしているという。

◆CO2排出量は96g/km

新型クリオのE-TECHでは、1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジンとモーターを合わせたシステム全体で、最大出力140psを発生する。0〜100km/h加速は9.9秒、最高速は180km/h。80〜120km/hの中間加速は、6.9秒の性能を備える。EVモードでは、最高速75km/hでゼロエミッション走行が行える。

ドライバーがアクセルペダルから足を離し、ギアがDレンジの時、電動モーターはジェネレーターとして機能し、減速によって生成された運動エネルギーを回収し、電気エネルギーに変換し、バッテリーに蓄える。Bレンジででは、回生ブレーキが強めに作動し、より多くのエネルギーを回収できる。

ドライバーがブレーキを踏むと、油圧ブレーキが作動する。ここでも、電気モーターは回生ブレーキをかけ、余分なエネルギーを回収してバッテリーに戻す。EVのような回生ブレーキを、E-TECHシステムのバッテリー充電容量と効率性と組み合わせることにより、エネルギーの最適化を図っている。

ハイブリッドシステム追加による重量増は、主力の「dCi 115」ディーゼルエンジンと比較して、10kg以下に抑えた。WLTP計測による複合モードでは、燃費は23.2km/リットル、CO2排出量は96g/kmとした。

◆新開発「EASY LINK」コネクテッドシステム

インテリアの特徴は、最新のコネクティビティ技術を反映させた「スマートコックピット」の導入だ。ダッシュボード中央には、欧州Bセグメント車でクラス最大級の9.3インチ縦型マルチメディアモニターを設定する。

このマルチメディアモニターは、ドライバーの方向に画面を向けてレイアウトされる。新開発の「EASY LINK」コネクテッドシステムを備えたモニターには、マルチセンシング、ナビゲーション、インフォテインメントのすべての機能を集約する。中央のモニターの下には、ピアノ型のボタンを配置し、操作性に配慮している。

また、ドライバー正面のメーターパネルがデジタル化されたデジタルコックピットも採用する。メーターの7インチTFTスクリーンには、ドライバーにナビゲーションを含めた各種情報を見やすく表示する。ワイヤレスでスマートフォンを充電することもできる

このデジタルコックピットには、ハイブリッド専用にさまざまな画像とアニメーションが表示できる。たとえば、充電中や電気モーターの稼働中に、バッテリー残量を示すことができる。

新型クリオのE-TECHのエクステリアには、リアゲートなどにE-TECHのエンブレムが配される。「ハイブリッドブルー」パックが用意されており、内外装をカスタマイズすることができる。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ルノー

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ルノー(renault)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. marumie Q-30R

    ユピテル、360度フロントカメラを備えた2カメラドラレコ「marumie Q-30R」

    ドライブレコーダー
    2020.08.11 13:30
  2. ホンダ e

    【ホンダe】街中での性能に特化したEV…コネクティビティやシンプルデザインにこだわり

    自動車(本体)
    2020.08.11 07:00
  3. 日産 キックス

    【日産 キックス 新型】前後とも同じデザインテーマを追求…チーフデザイナー

    自動車(本体)
    2020.08.13 06:30
  4. アプリリア RX125

    アプリリア RX125/SX125、新グラフィック追加…8月20日発売

    バイク(本体)
    2020.08.13 06:30
  5. セルスター CS-32FH

    セルスター、2.4インチワイド液晶搭載の2カメラドラレコを発売

    ドライブレコーダー
    2020.08.13 06:30

総合ニュースランキング

  1. 「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」

    Nintendo TOKYO、「Switch あつまれ どうぶつの森セット」のWEB抽選予約を開始

    ゲーム機本体
    2020.08.11 12:34
  2. 「Xiaomi Transparent TV」

    Xiaomi、“透明OLED”を採用した55型テレビ「Xiaomi Transparent TV」発表

    薄型テレビ・液晶テレビ
    2020.08.12 12:45
  3. 「Surface Duo」

    マイクロソフト、2画面Androidデバイス「Surface Duo」を米国で9/10発売

    タブレットPC
    2020.08.13 10:50
  4. 「アクリルロゴディスプレイEX 機動戦士ガンダム(大)」

    ガンプラにアクセントを加える「アクリルロゴディスプレイEX 機動戦士ガンダム」

    キャラクターグッズ・雑貨
    2020.08.13 07:00
  5. スズキジムニーフレーム切手付きミニカーセット

    スズキ「JB64 ジムニー」が郵便局限定「フレーム切手付きミニカーセット」に

    ミニカー
    2020.08.12 06:55

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • カーナビタイム、Apple CarPlayダッシュボード機能に対応
  • SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN Art SONY Eマウント/LEICA Lマウント 専用
  • 【32GB】SUBARU スバル WRX USBメモリー ブルー
  • 「3Dペーパーパズル R-HM型 軽飛行機」