2020年07月15日 14:32

日産初のクロスオーバーEV「アリア」がデビュー 日本を皮切りに世界展開

日産自動車は2020年7月15日、同社初となるクロスオーバータイプの電気自動車(EV)「アリア」を発表した。発売時期は、2021年の中ごろになる見込み。

広くて先進的な空間を提供

アリアは、日産がこれまで培ってきたEV開発のノウハウと最新のコネクテッド技術を融合させたという新型のEV専用モデル。2019年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「アリア コンセプト」の量産バージョンである。

いわゆるSUVライクなボディーのサイズは全長×全幅×全高=4595×1850×1655mmで、ホイールベースは2775mm。エクステリアは「シンプルで力強く、モダンな表現で“タイムレス ジャパニーズ フューチャリズム”を反映した」というもので、日本の伝統的な組子パターンを再現したグリル部のパネルや、白く発光する「Vモーショングリル」、ブレード形状のアルミホイール、直線的なリアコンビランプなどが特徴となっている。

一方インテリアは、シンプルで快適な空間を追求。新開発のEV専用プラットフォームの採用によりフラットで広々したフロアを実現するとともに、従来室内に配置されていた空調ユニットをエンジンルームならぬモータールームに配置することで「Cセグメントのボディーサイズでありながら、Dセグメントレベルの広い室内空間を実現した」とアピールされる。

水平基調のダッシュボートに物理的なスイッチはほとんどない。湾曲した12.3インチの液晶画面を2枚連結したパネルが異彩を放ち、電源を入れるとタッチ可能なアイコン(振動により操作感を伝えるハプティクススイッチ)が浮かび上がる。シフトノブとQi(チー)規格のワイヤレスチャージャーがレイアウトされたセンターコンソールは、ドライバーのシートポジションに合わせて、電動スイッチで前後に動かすことができる。

600km以上走れるモデルも

アリアのラインナップは大きく分けて、以下の4種類。大小2つのバッテリーサイズ(65kWhまたは90kWh)と、2タイプの駆動方式(2WDまたはe-4ORCEと呼ばれる4WD)が組み合わされ、幅広いユーザーニーズに対応する。

【2WD車】

65kWhバッテリー搭載モデル:通勤や買い物のほか週末のドライブにも対応。(最高出力218PS<160kW>、最大トルク300N・m、0-100km/h加速7.5秒、最高速160km/h、最長航続距離450km<WTLCモードを前提とした社内測定値。以下同じ>)

90kWhバッテリー搭載モデル:アリアのラインナップで最長の航続距離を誇る。(最高出力242PS<178kW>、最大トルク300N・m、0-100km/h加速7.6秒、最高速160km/h、最長航続距離610km)

【4WD車】

65kWhバッテリー搭載モデル:プレミアムスポーツカーに匹敵する運動性能を誇る。(最高出力340PS<250kW>、最大トルク560N・m、0-100km/h加速5.4秒、最高速200km/h、最長航続距離430km)

90kWhバッテリー搭載モデル:プロパイロット2.0標準搭載する最高峰モデル。(最高出力394PS<290kW>、最大トルク600N・m、0-100km/h加速5.1秒、最高速200km/h、最長航続距離580km)

2WD車はフロントモーターで前輪を駆動。車体前後に搭載された計2基のモーターで4輪を駆動するe-4ORCEは、最適なトルク配分を行うことで加速性能やコーナリング中の安定性を最大限に高めるほか、減速時には前後それぞれの回生量を調整し、ブレーキングによる車体の沈み込みを減少させるといった制御も可能だ。また「リーフ」と同様に、アクセルペダルの操作だけで強力な減速力が得られる「e-Pedal」も搭載。いずれのモデルも重量物である駆動用バッテリーは車体中央のフロア下に配置されており、低重心かつ前後の重量配分が均等になるよう設計されている。

エネルギーチャージについては、最大130kWの急速充電に対応。バッテリーの温度を一定に保つ水冷式の温度調節システムを搭載しており、30分の急速充電で最大375km分の電力を確保することができる。

安全装備やつながる機能もポイント

日本市場向けのアリアには、先進運転支援システム「プロパイロット2.0」「プロパイロット リモートパーキング」などが用意される。

プロパイロット2.0は7個のカメラに5個のレーダー、12個のソナーに加え、準天頂衛星システムを使ったナビゲーションシステムと3D高精度地図データを活用することで、同一車線内でのハンズオフ走行や、安全かつスムーズなドライビングを可能にする。

プロパイロット リモートパーキングは車外からの操作で駐車できる機能で、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「インテリジェント アラウンドビューモニター」などとともに、日常での使い勝手のよさに寄与している。

またアリアでは、乗る前から運転中、降車までの一連の流れをスムーズにする“シームレスな体験の提供”もセリングポイントに挙げられている。例えば、スマートフォンのEV用アプリケーションを使って運転ルートや途中の補充電を加味した所要時間をあらかじめ把握したり、クルマに近づいただけで自動的に解錠できたり、Amazonが提供する音声サービス「Amazon Alexa」を使って、帰宅前に車内から自宅の家電をコントロールしたり、といった使い方が可能だ。

日産アリアは欧州・北米・中国などグローバルに販売される予定で、その最初の市場となる日本では2021年中ごろに発売される。スタート価格はおよそ500万円。その2021年度内には最高出力150kWのCHAdeMO急速充電器を国内の公共性の高い場所に設置できるよう、日産はパートナーとの調整も進めているという。

(webCG)

「日産アリア」のフォトギャラリーはこちら

記事提供:webCG
記事提供:webCG

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

日産

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

日産(nissan)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. マツダ車で楽しむカーオーディオ!プロショップが製作した実例3台レポート

    マツダ車で楽しむカーオーディオ! プロショップが製作した実例3台レポート

    自動車(本体)
    20時間前
  2. 千葉県にアジア初の会員制ドライビングクラブがオープン

    千葉県にアジア初の会員制ドライビングクラブがオープン

    自動車(本体)
    2020.08.14 06:30
  3. BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

    BMW 2シリーズクーペ 次期型、デジタルコックピットの姿を激写!

    自動車(本体)
    19時間前
  4. marumie Q-30R

    ユピテル、360度フロントカメラを備えた2カメラドラレコ「marumie Q-30R」

    ドライブレコーダー
    2020.08.11 13:30
  5. セルスター CS-32FH

    セルスター、2.4インチワイド液晶搭載の2カメラドラレコを発売

    ドライブレコーダー
    2020.08.13 06:30

総合ニュースランキング

  1. Xiaomi、“透明OLED”を採用した55型テレビ「Xiaomi Transparent TV」発表

    約77万円で未来がやってくる? Xiaomiが“透明OLED”テレビを発表

    薄型テレビ・液晶テレビ
    18時間前
  2. 「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」

    Nintendo TOKYO、「Switch あつまれ どうぶつの森セット」のWEB抽選予約を開始

    ゲーム機本体
    2020.08.11 12:34
  3. ハイブリッドネッククーラー2020モデル

    GLOBAL・DC、髪の毛巻き込み防止機能付き「ハイブリッドネッククーラー2020モデル」

    扇風機・サーキュレーター
    2020.08.14 06:22
  4. G.E.M.シリーズ BLEACH 四楓院夜一 破面篇

    メガハウス、「BLEACH 破面篇」の四楓院夜一を全高200mmで立体化

    フィギュア
    18時間前
  5. 「Surface Duo」

    マイクロソフト、2画面Androidデバイス「Surface Duo」を米国で9/10発売

    タブレットPC
    2020.08.13 10:50

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • Xiaomi、“透明OLED”を採用した55型テレビ「Xiaomi Transparent TV」発表
  • SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN Art SONY Eマウント/LEICA Lマウント 専用
  • 「AMC ヘドラ BLAZE Ver.」
  • カーナビタイム、Apple CarPlayダッシュボード機能に対応
  • MEET ELECTRIC ELEGANCE クラス初の100%エレクトリックSUV、DS 3クロスバック E-TENSE デビュー