2020年09月23日 14:34

【トヨタ ヤリスクロス】開発責任者 末沢CE「一番小さいサイズでSUVのニーズを満たす」

◆新型ヤリスの開発当初からSUVも並行着手

トヨタ自動車はこのほど、横浜市でSUV『ヤリスクロス』の報道向け公道試乗や担当エンジニアの取材会を開いた。ヤリスシリーズの開発責任者である「トヨタコンパクトカーカンパニー」の末沢泰謙ZPチーフエンジニアに、このクルマに注いだ想いなどを聴いた。

ヤリスクロスは、2020年2月に発売された新型ヤリス(日本での旧名はヴィッツ)のクロスオーバー版として8月31日に市場投入された。内外で人気が高まるSUVではコンパクトな「Bセグメント」に属している。新型ヤリスの開発が始まったのは4年ほど前で、SUV人気も今ほどではなかった。

気になるのはどのタイミングで開発を決めたのかだが、末沢氏は「ヤリスの開発スタートと同じタイミングで商品や開発の承認を得た」と明かす。当時、SUVといえばガッチリした大振りタイプが主流で、「Bセグメントは少なく、欧州でのルノーの『キャプチャー』や日産自動車の『ジューク』くらいが、とりわけ女性に人気を得ていた」という。

◆ヤリスらしく運転が楽しくて燃費が良く、かつ最新の安全技術も

早速、現地でユーザーの聴き取りなどを行うと「SUVは大きいサイズのタイヤによってリフトアップされ、力強いが洗練されたデザインにより、街乗りでカフェに行ってもおしゃれ。また、運転席での目線が高くなるので運転しやすい」ということだった。新型ヤリスでは、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)に基づく「GA-B」プラットフォームの開発が始まったが、ヤリスクロスもこれを共用することでプロジェクトがスタートした。

末沢氏が目指したSUVはこうだ。「SUVというと大きいイメージであり、レジャー用途で荷室が大きく、砂利道や林道などでも乗ることができる。そうした用途を満たしながら一番小さなサイズのクルマにしてお客様のニーズに応えたい。しかもベースがヤリスシリーズなので運転が楽しく、燃費が非常に良く、かつ多くの方が乗られるので、最新の安全技術もきちんと入れていく」。

オフロードでの走破性では、ハイブリッド車(HV)もガソリン車も雪道やバンク状の悪路などからの脱出能力を高めた本格4WD(4輪駆動)モデルを設定した。状況に応じてダイヤル式でモードを選択できるようにし、操作性も追求している。現状ではヤリスクロスより上級のトヨタの量販SUVにもない装備だ。また、車両安定制御装置のVSCに、高速走行時の強い横風によって車両が横流れするのを軽減する「S-VSC」と呼ぶ機能をトヨタ車としては初めて採用し、安全性能へのこだわりを見せている。

◆HVはリチウムイオン電池への転換で燃費性能にも貢献

試乗では、とくにHVがトヨタの1.5リットルHVとしては静粛性やリニアな応答性で、より洗練された印象を受けた。モーター出力は1.8リットルのHVシステムである『カローラ』シリーズの72PSを上回る80PSに高めており、反応の良い走りを支えているようだ。また、バッテリーは、コスト競争力や安定した性能によって長年、トヨタHVの主流だったニッケル水素電池からリチウムイオン電池(容量は4.3Ah)に切り替えられている。

末沢氏は「バッテリーは小さく、軽くなっただけでなく、充放電の効率が良いのでアクセルを少し戻すと直ちに充電が始まる。その分、燃費性能にも貢献している」と解説する。HVの燃費(WLTCモード)はもっとも良いグレードで30.8km/リットルであり、さすがにヤリスの35.8km/リットルには及ばないが、コンパクトSUVでは世界でもトップレベルの性能だ。

ヤリスと同じGA-Bプラットフォームによって、トヨタがTNGAで進める「賢い共用化」も進んだ。パワートレインのほか、車体ではフロアなどのアンダーボディーやドアのインナーパネルを共用しており、お買い得感のある価格設定にもつながった。首都圏の販売店関係者によると予約段階から受注は好調だとされ、登録が本格化する10月にはヤリスシリーズが登録車のベストセラーになるのが確実の勢いだ。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

トヨタ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

トヨタ(toyota)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

    アル・ヴェルへ最後の果たし状!? 日産 エルグランド 次期型は出るのか

    自動車(本体)
    2020.10.23 10:36
  2. MR-BICLT-06

    ミスターカード、音量を5段階から調節できる「自転車用電子ベル」

    その他のカー用品
    2020.10.23 06:55
  3. スバル・フォレスター スポーツ

    「スバル・フォレスター」に新グレード「スポーツ」登場 1.8リッターターボの最上級モデル

    自動車(本体)
    2020.10.23 06:30
  4. スバル フォレスター

    【スバル フォレスター 改良新型】最上級スポーツグレード追加、新開発エンジン搭載

    自動車(本体)
    2020.10.22 12:05
  5. フォルクスワーゲン・ゴルフR 従来型(参考)

    VW ゴルフR 新型、11月4日のデビューが決定…ティザー

    自動車(本体)
    2020.10.22 06:05

総合ニュースランキング

  1. LE-502QT4KN-BK、LE-582QT4KN-BK

    ドン・キホーテ、“価格据え置き”で仕様強化の4Kチューナー内蔵QLED液晶テレビ

    薄型テレビ・液晶テレビ
    2020.10.22 16:00
  2. 「アイコス」展開のPMJ、新加熱式タバコ「lil HYBRID(リル ハイブリッド)」発売…10月21日

    「アイコス」に続くか? 新加熱式タバコ「リル ハイブリッド」が早くも話題1位に

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2020.10.23 12:55
  3. 「合体 アトランジャー」

    70年代「合体」プラモが復活、合体ロボット+美少女の「合体 アトランジャー」発売

    プラモデル
    2020.10.23 06:46
  4. 「Nintendo Switch ブルー・ネオンイエロー」

    任天堂が「Switch」「リングフィット」抽選予約開始、10月22日23時59分まで

    ゲーム機本体
    2020.10.20 10:33
  5. 「マールボロ・ヒートスティック・リッチレギュラー」

    「IQOS」“最もコクのある強い味わい”をうたうタバコスティック「リッチレギュラー」

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2020.10.23 10:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ROG Chakram Core
  • レクサス UX300e(海外仕様)
  • 秋のキャンペーン
  • レクサスUX300e
  • ミュージック フロム コナミアーケードシューティング
  • HydroChrome Sutton's Panoramic Belair Camera