2020年10月05日 09:24

マクラーレン、765馬力の軽量モデル「765LT」生産開始…納車は10月末から

マクラーレンオートモーティブは9月23日、マクラーレン『765LT』(McLaren 765LT)の生産を開始し、納車を10月末から始めると発表した。限定生産台数765台のうち、2020年生産分はすでに完売しており、2021年生産分も限定台数を超える関心が寄せられているという。

マクラーレン765LTは、マクラーレンの「LT」の歴史おいて、次なる章を刻むモデルになる。LTとは、ロングテールを意味し、伝説的なレーシングカーのマクラーレン『F1 GTR ロングテール』に由来する。同車は1997年のFIA GTカテゴリーにおいて、11戦中、5レースで勝利。さらにルマンのGT1クラスでも、3位におよそ30周の差をつけ、ワンツーフィニッシュを達成した。

マクラーレンオートモーティブは、このLTの名前を冠した『675LT』を2015年に、『600LT』を2018年に限定発売した。それぞれ、クーペとスパイダーが用意され、ベース車両『720Sクーペ』に対して、軽量化や高性能化が図られている。

◆ベース車両の720Sよりも80kg軽い

マクラーレン765LTでは、軽量化に取り組んだ。例えば、チタン製エグゾーストシステム、F1向けのトランスミッション素材、薄型ガラス、モータースポーツ仕様のポリカーボネートガラスなどを採用した。

また、ナンバープレートのホルダーはカーボンファイバー製。専用のエアロパーツとして、フロントリップスポイラー、フロントバンパー、フロントフロア、サイドスカート、リアバンパー、リアウィング、リアディフューザーもカーボンファイバー製とした。

ボンネット、フロントフェンダー、ドア、リアフェンダーも、オプションでカーボンファイバー製に変更できる。る。765LTの車両重量は1339kgで、720Sクーペより80kg軽い。また、乾燥重量は1229kgに抑えられた。

インテリアは、モータースポーツに着想を得た。カーボンファイバー製レーシングシート、カーボンファイバー製センタートンネル、カーボンファイバー製フロア、軽量のアルカンターラが採用される。カーボンファイバー製のリアアッパーガラス構造に組み込まれたオプションの二重ガラスパネルは、V8エンジンを見せる演出が施される。エアコンとオーディオシステムは、重量を最小限に抑えるために装備されない。ただし、追加費用なしで装備できる。

◆ロングテール部分には可動式リアウィング

765LTでは、シャシーダイナミクスが強化された。専用のスプリングとダンパーが装備されている。最新のリンク式油圧プロアクティブシャシーコントロールサスペンションが装着された。10本スポークの超軽量鍛造アルミホイール、チタン製ホイールボルト、専用のピレリ「P Zero Trofeo R」タイヤを標準装備する。

ブレーキは、カーボンセラミックディスクで、マクラーレンセナのキャリパーと、F1からヒントを得た一体型キャリパー冷却ダクトを組み合わせる。チタン製エグゾーストシステムは、独特の「LTサウンド」を発生し、スチール製システムに比べて40%の軽量化を実現している。

765LTの専用エアロダイナミクスには、マクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センターで製造されたカーボンファイバー製パネルが初めて採用された。ロングテール部分には、可動式リアウィングも備えている。

◆0〜100km/h加速2.8秒で最高速330km/h

765LTのミッドシップには、「M840T」型4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する。平面クランクシャフトとドライサンプ潤滑を備え、超低慣性ツインスクロールターボチャージャーと電子制御ウェイストゲートを備えている。LT専用の鍛造アルミ製ピストン、マクラーレン『セナ』で使用されているレイヤーヘッドガスケット、バルブトレインの超高効率カーボンコーティングを採用。専用の燃料ポンプとオイルポンプが流量を最適化し、専用チューンされたエンジンマネジメントシステムが、出力の増加を制御する。これらの結果、最大出力は765ps/7500rpm、最大トルクは81.6kgm/5500rpmへ引き上げられた。

7速「SSG(シームレス・シフト・ギアボックス)」トランスミッションのギア比は、765LT用に最適化されており、スロットル入力に対して、ほぼ瞬時のレスポンスを可能にする。765LTは0〜100km/h加速2.8秒、0〜200km/h加速7.0秒、最高速330km/hの性能を発揮する、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

マクラーレン

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

マクラーレン(maclaren)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スズキ アヴェニス125 新型

    アドレスの化粧直しじゃない!“シン・通勤快速”『アヴェニス125』はキビキビ走るすごいヤツ

    バイク(本体)
    2022.11.30 11:13
  2. スバル クロストレック 新型

    【スバル クロストレック 新型】価格発表、266万2000円から328万9000円

    自動車(本体)
    2022.12.01 13:50
  3. 日産 マーチ 次期型がEVとして日本市場に復活するという。画像は予想CG

    日産『マーチ』、EVで2025年に日本市場復活か!? マイクラ後継EVがベース

    自動車(本体)
    2022.11.30 09:10
  4. ホンダ・パイロット 新型

    ホンダ史上最強のSUV『パイロット』新型、285馬力V6搭載

    自動車(本体)
    2022.11.28 09:15
  5. 日産 セレナ LUXION e-POWER

    【日産 セレナ 新型】 LUXION e-POWER…技術の日産、ミニバンの頂点めざす[詳細写真]

    自動車(本体)
    2022.12.01 06:15

総合ニュースランキング

  1. 設置イメージ

    エレコム、Wi-Fi 5対応の無線アクセスポイント2モデルを12月上旬発売

    無線LAN中継機・アクセスポイント
    2022.11.30 11:38
  2. 「Xperia 10 III Lite」

    楽天モバイル、「Xperia 10 III Lite」「AQUOS zero6」などを値下げ

    スマートフォン
    2022.12.01 11:56
  3. Zenbook 17 Fold OLED UX9702AA

    ASUS、折りたためる17.3型有機ELを搭載したノートPC「Zenbook 17 Fold OLED」

    タブレットPC
    2022.12.01 12:44
  4. 「INZONE M3」

    ソニー、最大240Hz対応の27型ゲーミングモニター「INZONE M3」を本日12/1発売

    PCモニター・液晶ディスプレイ
    2022.12.01 07:00
  5. 「Steam Deck」

    7型ポータブルゲーム端末「Steam Deck」の出荷開始日が決定、価格は59,800円から

    ノートパソコン
    2022.11.30 13:13

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」
  • 「Cyber punClock ghost TPNXTUSNA」
  • 「12たまごガールズ コレクション No.33 “クレア フロスト”(キツネ)」
  • 「EASY STYLER USB SUGAR IRON STRAIGHT」(左から、スモーキーグレー、ラテベージュ)
  • 日産 セレナ ハイウェイスターV ガソリン