2020年10月19日 06:30

メルセデスベンツ EQC がオフローダーに、究極の Gクラス の技術を導入…ワンオフ発表

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は10月13日、EVの『EQC』をベースにしたワンオフモデル、『EQC 4x4 2』(フォー・バイ・フォー・スクエアード)を欧州で発表した。

◆EQブランド初のEVのEQCがベース

「EQ」は、メルセデスベンツが立ち上げた電動車に特化したサブブランドだ。EQブランドの最初の市販車として登場したEVが、SUVのEQCとなる。EQCは電動SUVで、ボディサイズは、全長4761mm、全幅1884mm、全高1623mm、ホイールベース2873mmだ。

EQCには、メルセデスベンツの新開発EVパワートレインを採用する。モーターは前後に2個搭載し、4輪を駆動する4WDの「4MATIC」になる。2個のモーターは、合計で最大出力408hp、最大トルク77.5kgmを引き出す。前後アクスル間で走行状況に応じて、トルク配分を行う。動力性能は、0〜100km/h加速を5.1秒で駆け抜ける。最高速はリミッターによって、180km/hに制限される。

バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は80kWhと大容量だ。重量は652kgで、車体中央の低い場所にレイアウトされる。1回の充電での航続は、最大471km (NEDC:新欧州サイクル)だ。急速充電は、欧州や米国ではコンボ方式、日本や中国ではチャデモ方式に対応しており、バッテリーの80%の容量なら、充電はおよそ40分で完了する。

◆究極のオフローダー「G550 4x4 2」と同じポータルアクスルを採用

メルセデスベンツは、このEQCをベースにしたワンオフモデル、EQC 4x4 2(フォー・バイ・フォー・スクエアード)を欧州で発表した。メルセデスベンツは、この車両で限界をテストし、e-モビリティが都市だけでなくオフロードにも適用されることを証明していく方針だ。 ワンオフモデルの開発は、エンジニアのユルゲン・エバール氏が主導し、部門を超えたチームによって進められた。

EQC 4x4 2のハイライトが、「ポータルアクスル」の採用だ。ポータルアクスルは2015年9月から限定生産された先代『Gクラス』の究極のオフローダー、『G550 4x4 2』 (フォー・バイ・フォー・スクエアード)に搭載されていたテクノロジー。ポータルアクスルは、防弾仕様車の技術をベースにしたもので、ベースモデルの車軸位置を変えることなく、最低地上高を高くすることが可能になる。これによって、サスペンション固定ポイントやステアリング接続部などの位置は、一定となる。

ポータルアクスル化されたEQC 4x4 2は、最低地上高が293mmと、ベース車両の140mmの2倍以上の高さとなった。293mmの最低地上高は、最新のGクラスを58mm上回る。EQC 4x4 2の渡河深度は、ベース車両の250mmよりも150mm増え、400mmに到達する。

◆Gクラスを超えるアプローチアングルとデパーチャーアングル

また、EQC 4x4 2のアプローチアングルはベース車両の20.6度から31.8度に、デパーチャーアングルはベース車両の20度から33度に、ランプブレイクオーバーアングルはベース車両の11.6度から24.2度に、変更された。Gクラスのアプローチアングルとデパーチャーアングルは、それぞれ28度だ。

オフロードドライブプログラムは、『GLC』のシステムをベースにしている。足元には、285/50R20サイズのオフロードタイヤが装着された。20インチのタイヤ&ホイールを履くにもかかわらず、4リンクフロントアクスルの最適化のおかげで、最小回転半径の増加は最小限に抑えているという。

EQC 4x4 2の外観には、マット仕上げのガンメタルグレーのカーフィルムと、黒いホイールアーチエクステンションが追加された。ホイールアーチエクステンションによって、ベース車に対して100mmワイド化されている。全高はおよそ200mm引き上げられた。

メルセデスベンツは、EQC 4x4 2を使用して、冒険心をライフスタイルや持続可能性と組み合わせることができることを証明していく。EQC 4x4 2は、砂漠地帯やビーチ、岩の多い地形、渓流の砂の上を走行することができる。ベース車の優れた信頼性と快適性に加えて、キャンピングカーなどの牽引やルーフラックの取り付けも可能だ。ルーフテントを搭載することもできる、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタ シエンタ 次期型予想CG

    トヨタ シエンタ、6年ぶりフルモデルチェンジでどうなる!? ミニバン首位奪還へ進化

    自動車(本体)
    2020.12.01 09:07
  2. ディスプレイオーディオ WX-201C

    ホンダ N-BOX/N-VAN「ヘッドライトが点灯しない」、原因はディスプレイオーディオ 自主改善へ

    自動車(本体)
    20時間前
  3. トヨタ・ラッシュ 改良新型

    トヨタ ラッシュ に改良新型、ダイハツからOEMの小型SUV…フィリピンで発売

    自動車(本体)
    2020.12.02 10:00
  4. ダイハツ・タントX(写真はボディーカラーが新色「ホワイト×ブルーミングピンクメタリック」のもの)

    ダイハツの軽「タント」「タントカスタム」「ミラ イース」が仕様変更

    自動車(本体)
    2020.12.02 10:30
  5. カーメイト、除菌成分を素早く車内に拡散する自動車用除菌・消臭機

    その他のカー用品
    2020.12.02 06:50

総合ニュースランキング

  1. 「NEOGEO MVSX」

    「1台で2人遊べる」大画面17型スクリーン搭載の「NEOGEO MVSX」予約開始

    ゲーム機本体
    23時間前
  2. トヨタ シエンタ 次期型予想CG

    トヨタ シエンタ、6年ぶりフルモデルチェンジでどうなる!? ミニバン首位奪還へ進化

    自動車(本体)
    2020.12.01 09:07
  3. HW-01M

    アイリスオーヤマ、カーボンナノチューブ採用の「ヒートウェア」3種

    ヒーター・ストーブ
    18時間前
  4. デル、3440×1440ドットの34.1型曲面ディスプレイ「U3421WE」

    PCモニター・液晶ディスプレイ
    19時間前
  5. 「トミカプレミアムRS ラフェラーリ」

    バタフライドアの開閉ギミック搭載「ラフェラーリ」が「大人のトミカ」から登場

    ミニカー
    2020.12.01 10:30

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「65mm F2 DG DN | Contemporary」
  • Viltrox 56mm F1.4
  • 「AQUOS sense4」「OPPO A73」
  • UQ-PM14FHDNT
  • ジープ コンパス Sモデル
  • フォグミスト