2020年10月23日 06:20

【メルセデスベンツ GLA 新型】421psの最強モデル「AMG45S」を追加---価格は900万円

メルセデス・ベンツ日本は、都市型SUV『GLA』(Mercedes-Benz GLA)に高性能グレード、メルセデスAMG「GLA45S 4MATIC+」とメルセデスAMG「GLA35 4MATIC」を追加し、10月22日より受注を開始した。

GLA45 Sは、最高出力421ps/最大トルク500Nmを発生する世界で最もパワフルな2リットル4気筒ターボエンジンを搭載。シャシーやサスペンション、四輪駆動システムやESPの制御などにも最新技術を投入し、メルセデスAMG社のブランドスローガン「ドライビングパフォーマンス」を体現したモデルだ。

GLA35は、メルセデスAMG「35シリーズ」5番目のモデル。『Aクラス』などのFFアーキテクチャーに高出力エンジン、四輪駆動システムを高剛性のシャシーに搭載。高次元のドライビングパフォーマンスと快適性を両立する。

価格はGLA45Sが900万円、GLA35が707万円。納車はGLA45Sが11月頃、GLA35は12月頃を予定している。

◆最高出力421PSを誇るGLA45S

GLA45Sは、量産車向け2.0リットル4気筒エンジンとしては世界最高の421ps、最大トルク500Nmを発生する「M139」を搭載。。トルクカーブは自然吸気エンジンに近い特性で、エモーショナルな加速感を味わえるほか、レスポンスや吹け上がりも改善。レブリミットを7200rpmに設定するなど、ピュアスポーツカー並みの性能を備える。

ターボチャージャーのコンプレッサーとタービンのシャフトにはメルセデスAMG『GT 4ドアクーペ 63S』同様、ローラーベアリングを採用。機械的摩擦を低減することで、ターボチャージャーのレスポンスが向上。また、電子制御ウエストゲートによって過給圧をより正確かつ柔軟に制御し、クラス最高となる最大過給圧2.1barを実現する。

◆高次元のドライビングパフォーマンスと快適性を両立するGLA35

GLA35は、最高出力306ps/最大トルク400Nmを発生する2.0リットル4気筒ターボ「M260」エンジンを搭載。ツインスクロールターボチャージャーや可変バルブリフトシステム「カムトロニック」を採用し、低回転域での力強く自然なレスポンスと、中高回転域での伸びやかな加速感を両立する。トランスミッションは8速AMGスピードシフトDCT。全速度域でのきわめて自然な加速性能を発揮する

◆AMGパナメリカーナグリルなど、スポーティなエクステリアを演出

両モデルともフロントには、下側の幅が広く、縦にルーバーが入った「AMGパナメリカーナグリル」を採用。1952年開催の伝説的レース「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」で優勝した『300SL』レーシングカーに由来するメルセデス最強の証だ。リアには、専用デザインの大型リアディフューザーとクローム仕上げで円形のデュアルエグゾーストエンドを備える。またインテリアでは、ナッパレザー/DINAMICAのAMGパフォーマンスステアリング、セミバケットタイプのスポーツシートを装着する。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタ シエンタ 次期型予想CG

    トヨタ シエンタ、6年ぶりフルモデルチェンジでどうなる!? ミニバン首位奪還へ進化

    自動車(本体)
    2020.12.01 09:07
  2. ディスプレイオーディオ WX-201C

    ホンダ N-BOX/N-VAN「ヘッドライトが点灯しない」、原因はディスプレイオーディオ 自主改善へ

    自動車(本体)
    18時間前
  3. トヨタ・ラッシュ 改良新型

    トヨタ ラッシュ に改良新型、ダイハツからOEMの小型SUV…フィリピンで発売

    自動車(本体)
    23時間前
  4. ダイハツ・タントX(写真はボディーカラーが新色「ホワイト×ブルーミングピンクメタリック」のもの)

    ダイハツの軽「タント」「タントカスタム」「ミラ イース」が仕様変更

    自動車(本体)
    22時間前
  5. カーメイト、除菌成分を素早く車内に拡散する自動車用除菌・消臭機

    その他のカー用品
    2020.12.02 06:50

総合ニュースランキング

  1. 「NEOGEO MVSX」

    「1台で2人遊べる」大画面17型スクリーン搭載の「NEOGEO MVSX」予約開始

    ゲーム機本体
    21時間前
  2. トヨタ シエンタ 次期型予想CG

    トヨタ シエンタ、6年ぶりフルモデルチェンジでどうなる!? ミニバン首位奪還へ進化

    自動車(本体)
    2020.12.01 09:07
  3. HW-01M

    アイリスオーヤマ、カーボンナノチューブ採用の「ヒートウェア」3種

    ヒーター・ストーブ
    16時間前
  4. デル、3440×1440ドットの34.1型曲面ディスプレイ「U3421WE」

    PCモニター・液晶ディスプレイ
    17時間前
  5. 「トミカプレミアムRS ラフェラーリ」

    バタフライドアの開閉ギミック搭載「ラフェラーリ」が「大人のトミカ」から登場

    ミニカー
    2020.12.01 10:30

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • G-GEAR
  • 「ZenFone 7」
  • 「NEOGEO MVSX」
  • フォグミスト
  • METAL BUILD ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ(天空の皇女Ver.)
  • アラジン グラファイトトースター AET-GS13B