2020年10月28日 09:15

アキュラのSUVに「PMCエディション」---NSX と同じ工場でハンドメイド 10月29日北米発売

ホンダの海外向け高級車ブランドのアキュラは10月21日、『RDX』(Acura RDX)の「PMCエディション」を10月29日、北米市場で360台限定発売すると発表した。『NSX』を作るのと同じ熟練の職人によって、ハンドメイドで組み立てられる。

初代RDXは2006年1月、デトロイトモーターショー2006で発表された。米国では小型プレミアムCUV(クロスオーバー・ユーティリティー・ビークル)に分類され、BMW『X3』などと競合した。2代目RDXは2012年2月、シカゴモーターショー2012で発表された。初代に対して、ホイールベースを延長し、トレッドを拡大。さらに、重心高を下げることで、ハンドリング性能や乗り心地を引き上げた。

現行の3代目RDXは2018年3月、ニューヨークモーターショー2018でワールドプレミアされた。新開発のプラットフォームと、最新のアキュラのデザイン言語「アキュラ プレシジョン コンセプト」や、「アキュラ プレシジョン コックピット」を導入している。

◆PMCとは米国オハイオ州のNSXの生産拠点

アキュラはこの現行RDXに、PMCエディションを設定し、北米市場で360台を限定発売する。「PMC」とは、「パフォーマンス・マニュファクチャリング・センター」の略で、米国オハイオ州メアリズビルにある工場を指す。RDXのPMCエディションは、NSXと同じ工場で、ハンドメイドで組み立てられる。

パフォーマンス・マニュファクチャリング・センターは、NSXのグローバル生産拠点だ。熟練した技術者が持つ職人の技と、革新的な先進生産技術との調和を目指している。PMCは、NSXのようなスーパースポーツモデルの少量生産に適した生産設備を備えており、およそ100名の従業員が、各工程で先進のロボット技術と協調しながら、高いレベルの品質とクラフトマンシップを追求している。高度な生産技術を多数有しており、多くの特許を米国で申請済みだ。

◆熟練した技術者が長時間かけて生産

例えば、PMCでは熟練した技術者が長時間かけて、パワートレイン、サスペンション、電装部品、インテリア部品、ボディパネルを組み付けていく。ビジュアル作業標準システムにより、技術者は各工程で標準化された作業を忠実に実行することができる。

主要なボルトの取り付けはエキスパートによる手締めから始まり、その後ワイヤレス通信が可能なデジタルトルクレンチで締め付けることにより、締付トルクを精密に管理する。車両ごとにボルト一点一点のトルク実績を記録することができ、組立工程の品質を保証する。

PMCの工場の中央には、品質検証センターがある。工場内のあらゆる場所から、ガラス張りの壁を通して検証中の車両を見ることができる。また、高い技術を持った溶接のエキスパートが、部品ひとつひとつを溶接の各ステージで目視検査するとともに、寸法計測を行い、品質や精密性を検証する。この作業は、パワートレイン、サスペンション、ボディパネルといった構成部品の正確な組み付けと、高い動的性能を確保する上で、非常に重要という。

◆NSXと同じオレンジ色は塗装に5日

また、RDXのPMCエディションは、NSX用のボディカラー、「サーマルオレンジ・パール」で塗装される。初代NSXで採用していた「イモラオレンジ・パール」にインスピレーションを受けながら、現在の塗装技術の活用で、より鮮やかなオレンジとして刷新した色だ。サーマルオレンジ・パールは、高度なロボット塗装システムを使用して、複数のベースコートを塗布する。さらに、塗料の光沢を高めるために、4層のクリアコートが施される。硬化までを含めた塗装の総時間は、5日間だ。

この他、フロントグリルや20インチアルミホイールは、グロスブラックで仕上げた。ブラッククロームエグゾーストフィニッシャーを装備する。 ルーフ、ドアミラー、ドアハンドルも、グロスブラックとなる。

インテリアは、シート、センターコンソール、ドアパネル、ステアリングホイール、フロアマットにオレンジのステッチが添えられた。10.5インチのカラーヘッドアップディスプレイ、エボニーミラノレザー&「Ultrasuede」仕上げの16ウェイパワースポーツシート、ヒーター付きステアリングホイール、ヒーター付きリアシートを装備している。

◆2.0リットル VTECターボ+SH-AWD

パワートレインには、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリン「VTECターボ」エンジンを搭載する。最大出力272hp/6500rpm、最大トルク38.7kgm/1600〜4500rpmを発生する。トランスミッションはパドルシフト付きの10速AT。4WDシステムの「SH-AWD」を組み合わせている。

出荷前の最終チェックもNSX同様の方式で行う。ラインエンドテスト、エキスパートによるホイールアライメント、ダイナモチェック、塗装検査、漏水テストなどを実施する。最後にPMCエディションは専用の保護カバーをかけて、販売店に出荷される。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ホンダ

ホンダ(honda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタ シエンタ 次期型予想CG

    トヨタ シエンタ、6年ぶりフルモデルチェンジでどうなる!? ミニバン首位奪還へ進化

    自動車(本体)
    2020.12.01 09:07
  2. ディスプレイオーディオ WX-201C

    ホンダ N-BOX/N-VAN「ヘッドライトが点灯しない」、原因はディスプレイオーディオ 自主改善へ

    自動車(本体)
    20時間前
  3. トヨタ・ラッシュ 改良新型

    トヨタ ラッシュ に改良新型、ダイハツからOEMの小型SUV…フィリピンで発売

    自動車(本体)
    2020.12.02 10:00
  4. ダイハツ・タントX(写真はボディーカラーが新色「ホワイト×ブルーミングピンクメタリック」のもの)

    ダイハツの軽「タント」「タントカスタム」「ミラ イース」が仕様変更

    自動車(本体)
    2020.12.02 10:30
  5. カーメイト、除菌成分を素早く車内に拡散する自動車用除菌・消臭機

    その他のカー用品
    2020.12.02 06:50

総合ニュースランキング

  1. 「NEOGEO MVSX」

    「1台で2人遊べる」大画面17型スクリーン搭載の「NEOGEO MVSX」予約開始

    ゲーム機本体
    23時間前
  2. トヨタ シエンタ 次期型予想CG

    トヨタ シエンタ、6年ぶりフルモデルチェンジでどうなる!? ミニバン首位奪還へ進化

    自動車(本体)
    2020.12.01 09:07
  3. HW-01M

    アイリスオーヤマ、カーボンナノチューブ採用の「ヒートウェア」3種

    ヒーター・ストーブ
    18時間前
  4. デル、3440×1440ドットの34.1型曲面ディスプレイ「U3421WE」

    PCモニター・液晶ディスプレイ
    19時間前
  5. 「トミカプレミアムRS ラフェラーリ」

    バタフライドアの開閉ギミック搭載「ラフェラーリ」が「大人のトミカ」から登場

    ミニカー
    2020.12.01 10:30

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「Nintendo Switch ネオンパープル・ネオンオレンジ」
  • Viltrox 56mm F1.4
  • ジープ コンパス Sモデル
  • 「65mm F2 DG DN | Contemporary」
  • P-BPAL
  • フォグミスト