2020年10月30日 06:25

MINI クロスオーバー にダカールラリー優勝のノウハウ投入、「Powered by X-raid」パッケージ…欧州設定

MINIは10月26日、MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』に相当)の欧州仕様車に、「Powered by X-raid」パッケージを設定すると発表した。

◆ダカールラリーを5回制したMINIとX-raidチーム

MINIと「X-raidチーム」はこの10年間、ダカールラリーで並外れた成功を収めてきた。 MINIとX-raidチームは2012〜2015年、世界一過酷なラリーとされる「ダカールラリー」において、4連覇を達成した。MINIとX-raidチームは、南米から中東サウジアラビアに舞台を移した2020年のダカールラリーも勝利しており、これまでにダカールラリーで5回、総合優勝を成し遂げている。

X-raidチームは、MINIカントリーマンと、砂漠の砂、荒れた地形、泥、石の多い場所で行われる厳しい耐久ラリーに精通している。X-raidチームのノウハウは、MINI「ALL4 Racing」やMINI「John Cooper Works Buggy」のようなダカールラリー参戦マシンの開発だけでなく、サポート車両の製作にも生かされた。

◆ダカールラリーのサポート車両と同様のコンセプト

MINIカントリーマンは、X-raidチームのサポート車両として、ダカールラリーに参加してきた。MINIカントリーマンはすでに、何度も過酷な条件下において、優れたパフォーマンスを発揮し、ダイナミックなパフォーマンスと多様性を示している。

MINIカントリーマンのX-raidチームのサポート車両は、シャシーやボディを、過酷なダカールラリーに合わせて変更した。MINIカントリーマンは数百kmに及ぶラリーステージにおいて、信頼性の高いサポート車両になったという。

最低地上高の引き上げとパンクを防ぐための対策によって、X-raidチームのサポート車両は、アルゼンチンとチリの間のアンデス高原の岩や穴が点在するラリーステージを、トラブルなく移動することができた。2020年のサウジアラビアの砂漠の荒れた地形でも、MINIカントリーマンのサポート車両は、その性能を存分に発揮した。。

◆最低地上高を引き上げて専用ホイール&タイヤを装着

Powered by X-raidパッケージは、X-raidチームが持つダカールラリーでの豊富なノウハウを生かして、MINIカントリーマンのオフロード性能を高めたパッケージとなる。

Powered by X-raidパッケージでは、MINIカントリーマンのオフロード性能を向上させるために、ダカールラリーのサポート車両と同様、最低地上高を引き上げ、大径ホイールとタイヤを装着する。これらのアイテムは、MINIカントリーマンのために特別に開発された。車両の最低地上高は40mm引き上げられており、大径ホイール&タイヤを装着することにより、オフロードでの走破性を高めている。

ラリー用に開発されたホイールは、タイヤがパンクした際、ホイールを保護するよう設計されている。頑丈なリムリングにより、岩場でタイヤがパンクした場合でも、ホイールを交換する必要はないという。また、ブラックカラーのディッシュデザインに、シルバーのスタッドを備えたホイールは、強力な視覚的インパクトを生み出している。

MINIによると、Powered by X-raidパッケージは、成功したオフロードスペシャリストの経験から、恩恵を受けることができるという。ラリースポーツからのノウハウを生かしたシャシーのアップグレードは、MINIカントリーマンのオールラウンドな才能を、すべての路面に立ち向かう力に変える、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ミニ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ミニ(mini)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(カロッツェリア・TS-V173S)。

    内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.24 11:12
  2. ヤマハのEVスクーター『E01』で市街地を走り、その実用性を確認

    「航続距離104km」は実用的な数字か? 原付2種のEVスクーター『E01』で市街地を走ってわかった事実

    電動バイク・電動スクーター
    2022.06.24 12:52
  3. 「アウター化」が実行されたオーディオカーの一例(製作ショップ:サウンドフリークス<岩手県>)。

    究極を目指すならアウター化…ミッドウーファー[スピーカーの鳴らし方・大研究]

    カーオーディオ
    2022.06.24 09:45
  4. 「ネットワークモード」に対応したメインユニットの一例(カロッツェリア・DMH-SF700)。

    ネットワークモードを活用すると音が激変!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.20 09:05
  5. 日産 リーフ の2023年モデル(米国仕様)

    日産のEV:リーフ 、内外装をリフレッシュ…2023年型

    自動車(本体)
    2022.06.24 09:51

総合ニュースランキング

  1. 「12リアルフィギュア コレクションNo.21 “ブロンドガール Vol.6”」

    ハセガワ、“膝立ちポーズのブロンドガール”を1/12リアルフィギュア化

    模型
    2022.06.26 07:00
  2. MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム

    15,400円のガンプラ「MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム」発売日がついに決定

    プラモデル
    2022.06.24 11:48
  3. 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(カロッツェリア・TS-V173S)。

    内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.24 11:12
  4. 
【6月の値下げ】ソニー最大10万円、TVS REGZA最大4万円キャッシュバックなど開催

    【6月の値下げ】ソニー最大10万円、TVS REGZA最大4万円キャッシュバックなど開催

    液晶テレビ・有機ELテレビ
    2022.06.25 12:00
  5. 「UF18DA」

    羽根径330mmでパワフルに送風、HiKOKI「18Vコードレスファン」新モデル

    扇風機・サーキュレーター
    2022.06.23 11:37

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • フォード・プロ・エレクトリック・スーパーバン
  • ESD380C
  • 楽天モバイル
  • メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC の「エディション55」
  • 「RICOH Meeting 360 V1」
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO