2022年06月24日 11:12

内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

主要なユニットの交換や追加ではない、「音を良くするための“もうひと手間”」を多角的に紹介している当連載。今回は、「メインユニットの内蔵パワーアンプの使い方を変える」という“もうひと手間”を紹介する。

◆「ネットワークモード」で得られる利点は、他社モデルでも享受可能!?

前回は、カロッツェリアの『サイバーナビ』等に搭載されている機能である「ネットワークモード」を活用するという“もうひと手間”を紹介した。なおこれは、メインユニットに内蔵されているパワーアンプの出力すべてを使ってフロント2ウェイスピーカーを鳴らすというものだ。

ただし当モードを有効にするには、スピーカーケーブルの配線方法も変更する必要がある。とはいえその手間をかける意義は大きい。多大な利点を得られるからだ。

利点は2つある。1つは、「スピーカーをより効率的に鳴らせること」だ。メインユニットの内蔵パワーアンプの1chずつでフロント2ウェイの各スピーカーユニットを鳴らせるようになるからだ。そして2つ目の利点は「より緻密なスピーカー制御を行えること」だ。特に「タイムアライメント」機能を各スピーカーごとで設定できるようになることが、大きく音に効く。結果、ステレオイメージの再現性が高くなる。

で、これと同じようなことを他社のメインユニットでも実行できる。その方法の名は、「バイアンプ接続」だ。

なおこれを実行するには、クリアすべき条件が1つある。それは、「パッシブクロスオーバーネットワーク(以下、パッシブ)」が「バイアンプ接続」に対応していること、だ。

◆「バイアンプ接続」では、「パッシブ」にパワーアンプの2ch分の出力を接続!

では、「バイアンプ接続」とは何なのかを説明していこう。これが何なのかをひと言でいうと、以下のとおりだ。「パッシブにて行う、パワーアンプの1chずつをスピーカーユニットの1つ1つに割り当てる接続方法」だ。

ちなみに、「パッシブ」を使う場合の通常の接続方法は次のとおりだ。内蔵パワーアンプのフロントLch出力を左側の「パッシブ」に接続する。そうすると音楽信号が「パッシブ」内で高音と中低音とに分割されるので、「パッシブ」の高音出力端子とツイーターとを接続し、中低音出力端子とミッドウーファーとを接続する。右chでもこれと同様に接続する。

対して「バイアンプ接続」では、以下のような接続方法が取られる。まず、対応「パッシブ」には入力端子が2系統備わっている。1つがツイーター用の入力端子でもう1つがミッドウーファー用の入力端子だ。なので内蔵パワーアンプのフロントLch出力を左側の「パッシブ」のミッドウーファー用の入力端子に接続し、リアLch出力を同じく左側の「パッシブ」のツイーター用の入力端子に接続する。右chでもこれと同じように、フロントRch出力とリアRch出力とを右側の「パッシブ」へと接続する。

ところで「ネットワークモード」では、音楽信号の帯域分割はメインユニット内の「クロスオーバー機能」にて行われる。対して「バイアンプ接続」では、信号のカットは「パッシブ」にて行われる。この点が、「ネットワークモード」と「バイアンプ接続」との大きな違いだ。

◆「バイアンプ接続」では、スピーカーの制御能力も上がる!?

なおこのような違いはあれど、「バイアンプ接続」では「ネットワークモード」とほぼ同様な利点が得られる。まず、「バイアンプ接続」でも内蔵パワーアンプの1chずつで1つのスピーカーユニットを鳴らせるようになるので、各スピーカーを効率的にドライブできる。

そして、もしも「メインユニット」に簡易的な「タイムアライメント機能」が搭載されている場合には、それをより有効に使えるようになる。簡易的な「タイムアライメント」では通常、ツイーターとミッドウーファーの個別制御は行えない。ツイーターとミッドウーファーを“1つのスピーカー”として扱わざるを得ないからだ。

しかし「バイアンプ接続」を行うと、フロントスピーカー用の「タイムアライメント機能」をミッドウーファー用として、リアスピーカー用の同機能をツイーター用として使えるようになる。結果、より詳細に「タイムアライメント」を効かせられ、ステレオイメージの再現性が上がるのだ。

ところで、愛用のスピーカーに付属している「パッシブ」が「バイアンプ接続」に対応していない場合には、対応「パッシブ」をワンオフするという手もある。興味があれば「カーオーディオ・プロショップ」にて相談してみよう。

かくして、「バイアンプ接続」は音に効く。使用しているスピーカーの性能をもう1ランク上げたいと思ったら、この方法があることを思い出すベシ。

今回は以上だ。次回以降も「音を良くするための“もうひと手間”」をさまざま紹介していく。お楽しみに。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

このほかのカーオーディオ ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スズキ アヴェニス125 新型

    アドレスの化粧直しじゃない!“シン・通勤快速”『アヴェニス125』はキビキビ走るすごいヤツ

    バイク(本体)
    2022.11.30 11:13
  2. スバル クロストレック 新型

    【スバル クロストレック 新型】価格発表、266万2000円から328万9000円

    自動車(本体)
    2022.12.01 13:50
  3. 日産 マーチ 次期型がEVとして日本市場に復活するという。画像は予想CG

    日産『マーチ』、EVで2025年に日本市場復活か!? マイクラ後継EVがベース

    自動車(本体)
    2022.11.30 09:10
  4. ホンダ・パイロット 新型

    ホンダ史上最強のSUV『パイロット』新型、285馬力V6搭載

    自動車(本体)
    2022.11.28 09:15
  5. 日産 セレナ LUXION e-POWER

    【日産 セレナ 新型】 LUXION e-POWER…技術の日産、ミニバンの頂点めざす[詳細写真]

    自動車(本体)
    2022.12.01 06:15

総合ニュースランキング

  1. 設置イメージ

    エレコム、Wi-Fi 5対応の無線アクセスポイント2モデルを12月上旬発売

    無線LAN中継機・アクセスポイント
    2022.11.30 11:38
  2. 「Xperia 10 III Lite」

    楽天モバイル、「Xperia 10 III Lite」「AQUOS zero6」などを値下げ

    スマートフォン
    2022.12.01 11:56
  3. Zenbook 17 Fold OLED UX9702AA

    ASUS、折りたためる17.3型有機ELを搭載したノートPC「Zenbook 17 Fold OLED」

    タブレットPC
    2022.12.01 12:44
  4. 「INZONE M3」

    ソニー、最大240Hz対応の27型ゲーミングモニター「INZONE M3」を本日12/1発売

    PCモニター・液晶ディスプレイ
    2022.12.01 07:00
  5. 「Steam Deck」

    7型ポータブルゲーム端末「Steam Deck」の出荷開始日が決定、価格は59,800円から

    ノートパソコン
    2022.11.30 13:13

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「EASY STYLER USB SUGAR IRON STRAIGHT」(左から、スモーキーグレー、ラテベージュ)
  • 「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」
  • 「Cyber punClock ghost TPNXTUSNA」
  • 「SIGMA 18-50mm F2.8 DC DN | Contemporary」
  • Anker 767 Portable Power Station(GaNPrime PowerHouse 2048Wh)
  • 「LG gram 冬のキャッシュバックキャンペーン」