2022年08月09日 05:30

“3ウェイ化”の楽しみどころ[スピーカーの鳴らし方・大研究]

カーオーディオでは、スピーカーを「どう鳴らすか」を思案するところも楽しみどころとなってくる。当特集では、その具体策を1つ1つ紹介している。今回は前回に引き続き、「3ウェイ化」について解説していく。

◆「3ウェイ化」はハードルが高い…。

さて、前回の記事にて説明したとおり、「3ウェイ化」には利点が多々ある。しかしその反面、ハードルが高い。今回はまずこの点について解説していく。

ハードルが高くなるポイントは4つある。1つ目は、「製品代が多くかかること」だ。2ウェイではツイーターとミッドウーファーとがあれば良いが、3ウェイではさらにスコーカー(ミッドレンジ)が必要となる。その分単純に製品代がかさむ。

2つ目は、「取り付け費用が多くかかること」だ。これも取り付けるスピーカーユニットの数が増えることによる。さらにいうと、スコーカーは簡易的には取り付けにくい。ツイーターのようにダッシュボードの上にポンと置くようにして付けるわけにはいきにくい。ツイーターと比べてある程度大きいからだ。また、せっかく高度なスピーカーレイアウトに挑戦するのだから、その利点を最大限引き出したい。となると手をかけて取り付けた方が良い。結果、どうしても取り付けコストは増大していく。

◆システムも巨大化しやすく、サウンドチューニングの難易度も上がる…。

ハードルが上がる3つ目のポイントは、「パワーアンプのch数が多く必要となること」だ。やはりせっかく高度なスピーカーレイアウトを敷くのだから、高度なシステムを構築したくなる。となると「マルチアンプシステム」が組みたくなる。

なおこれは、1つのスピーカーユニットに対してパワーアンプの1chずつをあてがうというシステムレイアウトのことを指す。こうすることで1つ1つのスピーカーユニットをより力強く鳴らせるようになり、より詳細なサウンドチューニングを行えるようになる。しかしその分パワーアンプの必要ch数が増えるので、システムが大型化してしまうのだ。そしてこの点でもコストが膨らむ。

最後、ハードルが高くなる4つ目のポイントは、「サウンドチューニングの難易度が上がること」だ。このことについては前回の記事の中でも簡単に触れたが、スピーカーユニットの個数が増える分、サウンドチューニングにてケアすべきポイントが増える。つまり、もろもろが複雑化してしまうのだ。なお、最悪チューニングに失敗する可能性もある。2ウェイの時の方が良かった、なんてことにもなりかねない。

しかしこれらのハードルを越えられれば、いくつもの利点を手にできる。なので多くの愛好家が、これらのハードルを越えることにトライしている。

◆最初の悩みどころは、「買い替えるか、買い足すか」。

続いては、「3ウェイ化」を実践するにおいての楽しみどころを紹介しよう。

ところで「3ウェイ化」ではスコーカーが必要となるわけだが、それを調達する方法は2つある。1つは「3ウェイスピーカーに買い替える」というもので、もう1つは「スコーカーだけを買い足す」というものだ。もしも今使っているスピーカーのグレードアップも視野に入っているのなら、この際買い替えるのはアリだ。しかし、今使っている2ウェイスピーカーをさらに良く鳴らすためという観点を持つ場合には、実行すべき方法は後者だ。

なおその場合の正攻法は、「同一シリーズのスコーカーを買う」というものだが、使っている2ウェイスピーカーと同一シリーズのスコーカーがないこともある。そんなときにはどうしたら良いのかと言うと…。

順当なのは、「同一メーカーの他シリーズのスコーカーを使う」という作戦の実行だが、他メーカーのモデルに目を向けても良い。その場合には、似たような振動板素材が使われているものをチョイスすると、サウンドの統一感が出しやすくなる。でも、敢えてまったくタイプの異なるスコーカーを選ぶというのもナシではない。使っている2ウェイスピーカーの足りない部分を補うという考え方で、製品選定がされることもある。

かくして、まずはスコーカー選びをあれこれ思案するところから楽しみ尽くしたい。せっかくコストをかけるのだから、目一杯満喫しないともったいない。参考にしてほしい。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

このほかのカーオーディオ ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スバル・フォレスター の2023年モデル(米国仕様)

    スバル フォレスター に2023年モデル

    自動車(本体)
    2022.10.03 12:25
  2. フィット e:HEV RS

    【ホンダ フィット 改良新型】5タイプ展開、走りにこだわった「RS」を設定

    自動車(本体)
    2022.10.06 12:40
  3. ホンダ・フィットe:HEV RS

    ホンダが「フィット」をマイナーチェンジ 走りのグレード「RS」を新規設定

    自動車(本体)
    2022.10.06 14:20
  4. フィットRS純正アクセサリー装着イメージ

    【ホンダ フィット 改良新型】各種純正アクセサリー発売、「RS」にはLEDフォグライトなど

    自動車(本体)
    2022.10.06 16:10
  5. 三菱アウトランダー ブラックエディション

    「三菱アウトランダー」の特別仕様車「ブラックエディション」登場

    自動車(本体)
    2022.10.06 15:20

総合ニュースランキング

  1. バンダイナムコ デジタル版セール

    バンダイナムコ、最大71%オフのPS5/PS4/Switchタイトル対象デジタル版セール

    プレイステーション4(PS4) ソフト
    2022.10.05 15:24
  2. 10月1日たばこ税引き上げ。「IQOS」「Ploom TECH」「glo」増税後の価格は?

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2022.09.30 11:32
  3. OPPO A77

    OPPO、24,800円の6.5型スマホ「OPPO A77」を本日10/6より順次発売

    スマートフォン
    2022.10.06 07:00
  4. ウォールフィットテレビ LW1

    パナソニック、壁掛け設置ができる55V型有機ELテレビ2機種

    液晶テレビ・有機ELテレビ
    2022.10.06 16:20
  5. GF63-10SC-854JP

    MSI、89,800円の15.6型ゲーミングノートPCをAmazon限定発売

    ノートパソコン
    2022.10.05 16:12

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「Toffy ビアカクテルサーバー K-BE1」
  • 無限フィットRS
  • 米国で開催される女性だけが参加できるラリー「Rebelle Rally」に参戦するトヨタ・タンドラ 新型
  • 「UCAM-CS20FBBK」
  • AQUOS sense7 plus
  • iPhone 14 Plus