2022年02月15日 06:46

実車展示! GRパーツ装着、トヨタ ヴォクシー のイメージ一変…大阪オートメッセ2022

新型トヨタ『ヴォクシー』をスポーティに彩るオプションとして用意されるGRパーツのアイテム装着車が大阪オートメッセ2022でお披露目された。個性的なデザインのエアロやホイールなどを導入すればストックの持つイメージを個性的にカスタマイズすることが可能だ。

◆新型ヴォクシーをスポーティにモディファイする

GRパーツのエアロをはじめとしたパーツ群がデビュー

先頃フルモデルチェンジを果たし4代目(R90系)へと進化したヴォクシー。薄型のヘッドライトまわりやスクエア形状でボリューム感満点のグリル&フォグまわりのデザインを備え、歴代ヴォクシーのテーマのひとつである押し出し感の強いフェイスを一層強調したモデルとなった。パワートレーンには新開発された1.8Lハイブリッドシステム(2ZR-FXEエンジン搭載)や2.0Lガソリンをラインアップ。室内空間の余裕に加え安全装備も一層充実させて魅力満載のミドルサイズ・ミニバンとなり登場早々人気を集めている。

そんな新型ヴォクシーにはGRパーツのアイテム群がディーラーオプションとして設定されている。これらのGRパーツをフル装備した車両が2月11〜13日に開催された大阪オートメッセでお披露目されたので早速チェックしてきた。新型ヴォクシーでさえもまだ見たことが無いユーザーも多い中、早くもドレスアップパーツを纏ったGRパーツによるカスタマイズ車両は多くの来場者の注目を集めた。各部のパーツ群の詳細を見ていくこととしよう。

GRパーツが用意するパーツはエアロ、ホイール、バイサーなどのエクステリアパーツに加えてドアハンドルプロテクターやカーボンナンバーフレームやドアスタビライザーまで多岐にわたっている。丸ごとGRパーツでコーディネートすればGRがうたっている「ストリート・スポーティスタイル」を全身で表現できる車両となっている。

中でもGRパーツらしいラインナップがフロント/サイド/リアに設定されているエアロ群だ。GRフロントスポイラーは約34mmダウン(全長59mmプラス)のデザインでボトム形状にボリューム感を与えるには絶好。両サイドにはLEDイルミを備えたデザインもインパクト十分。迫力満点のヴォクシーのフェイスをさらに盛り上げることのできるパーツとなった。

さらにフェイスまわりで印象的なのはGRフロントバンパーガーニッシュだ。こちらはバンパー上部に取り付けるパーツで階層に分かれたフィン形状を形作っているのが独特。ストックではツルリとしていた部分に散った行かんとアクセントを付けるパーツだ。インパクト十分のグリルとボンネットフードをつなげひとつのデザインに見せる効果も引き出すGRパーツならではのキーパーツだ。

一方のリアエアロにはGRリアバンパースポイラーを用意。ハーフ形状のスポイラーで純正バンパーの下部を覆いデザイン性をアップさせる。下方向に約17mmダウン(全長方向は15mmプラス)するサイズ感で、低く長くを感じさせるデザインとした。また中央部にはディフューザー形状を加えてスポーティ感もアップ。デザインで走りをイメージさせるのもGRパーツの特徴と言えるだろう。

サイドにもGRサイドスカートを用意。下方向に約28mmダウンする構造でフロント&リアのエアロとのボトムラインを合わせ、ローシルエットを作り出すには欠かせないパーツになっている。

ホイールにはGRインチアップホイール&タイヤセットを用意。18インチ×7.0Jのサイズに215/45R18のTOYOトランパスmp7を組み合わせる。細身のスポーク形状で軽快感を演出しつつ、密度感のあるスポーク処理でボリューム感のあるヴォクシーのボディ形状に負けないインパクトを備えたのも同ホイールの見どころだ。

走りの機能アップパーツとしてはドアのキャッチ&ストライカー部分に取り付けることでステアリングの反応をリニアにするGRドアスタビライザーも用意。ボディ下部(フロントサスペンションメンバー部分とスライドドア下の合計3か所)に取り付けるGRブレースとのセットでラインアップされヴォクシーの走りの良さを一層引き出すことが可能。さらにGRスポーツサイドバイザーはエアロスタビライジングフィンを取り付けた本格的な空力設計を施すパーツ。車内換気を目的とした便利パーツに止まらず走行安定性&ステアリング応答性をアップさせる走りの効果も引き出すアイテムだ。

細部パーツとして注目したのはGRドアハンドルプロテクター。アウタードアハンドルの内側に取り付ける保護パーツでドレスアップ効果と共にツメによるキズ防止も役立つ便利合うテムだ。またGRカーボンナンバーフレームも用意。スポーティ指向の外装ドレスアップの統一感を出すには導入したいパーツのひとつだろう。

スポーティをテーマにしたヴォクシーのGRパーツ装着車。デザイン性、走りの良さ、ユーティリティ性能をアップさせた新型ヴォクシーを検討中なら、スポーティテイストを加えるための選択肢とつとしてGRパーツのチョイスを検討しても良いだろう。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

このほかのその他車載機器 ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(カロッツェリア・TS-V173S)。

    内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.24 11:12
  2. ヤマハのEVスクーター『E01』で市街地を走り、その実用性を確認

    「航続距離104km」は実用的な数字か? 原付2種のEVスクーター『E01』で市街地を走ってわかった事実

    電動バイク・電動スクーター
    2022.06.24 12:52
  3. 「アウター化」が実行されたオーディオカーの一例(製作ショップ:サウンドフリークス<岩手県>)。

    究極を目指すならアウター化…ミッドウーファー[スピーカーの鳴らし方・大研究]

    カーオーディオ
    2022.06.24 09:45
  4. 「ネットワークモード」に対応したメインユニットの一例(カロッツェリア・DMH-SF700)。

    ネットワークモードを活用すると音が激変!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.20 09:05
  5. 日産 リーフ の2023年モデル(米国仕様)

    日産のEV:リーフ 、内外装をリフレッシュ…2023年型

    自動車(本体)
    2022.06.24 09:51

総合ニュースランキング

  1. 「12リアルフィギュア コレクションNo.21 “ブロンドガール Vol.6”」

    ハセガワ、“膝立ちポーズのブロンドガール”を1/12リアルフィギュア化

    模型
    2022.06.26 07:00
  2. MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム

    15,400円のガンプラ「MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム」発売日がついに決定

    プラモデル
    2022.06.24 11:48
  3. 「バイアンプ接続」に対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」を付属する市販スピーカーの一例(カロッツェリア・TS-V173S)。

    内蔵パワーアンプを豪勢に使う配線方法[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.06.24 11:12
  4. 
【6月の値下げ】ソニー最大10万円、TVS REGZA最大4万円キャッシュバックなど開催

    【6月の値下げ】ソニー最大10万円、TVS REGZA最大4万円キャッシュバックなど開催

    液晶テレビ・有機ELテレビ
    2022.06.25 12:00
  5. 「UF18DA」

    羽根径330mmでパワフルに送風、HiKOKI「18Vコードレスファン」新モデル

    扇風機・サーキュレーター
    2022.06.23 11:37

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • POCO F4 GT
  • 「5621 1/35 S.L.C マイアーレ(クルー人形付き)」
  • 「E PZ 10-20mm F4 G SELP1020G」「E 15mm F1.4 G SEL15F14G」「E 11mm F1.8 SEL11F18」
  • ロードナイト(VZシャーシ)
  • 400-HUBA3BK
  • 「タイムアライメント」機能を有するプロセッサーを搭載したオーディオカーの一例(フォーカル・デモカー)。