2022年01月14日 13:40

ロータリーエンジン搭載のマツダ3でパイクスピーク初参戦! マッド・マイクの挑戦がスタート…東京オートサロン2022

東京オートサロン2022のトーヨータイヤブースにて1月14日、トーヨータイヤが第100回パイクスピーク国際ヒルクライムにてタイトルスポンサーを務めることを発表。同時に、同社のブランド・アンバサダーであるマッド・マイク選手とともにパイクスピークへの参戦を表明した。

◆マツダx レッドブル x トーヨータイヤ x TCPマジックのスペシャルプロジェクト

今回のパイクスピーク参戦は、トーヨータイヤを含めた4社協力によるプロジェクトだ。ドライバーを務めるのは、世界的なドリフトドライバーであるマッド・マイク選手で、パイクスピークへの挑戦は初めてとなる。

2018年フォーミュラドリフトジャパン(FDJ)のチャンピオン、そしてレッドブル ニュージーランド プロドリフトレーサーであるマイク選手は、優れたマシンコントロール技術に定評があるドライバーだ。

加えて、マツダ3をレーシングカーに仕上げるのが、兵庫県にあるTCPマジック。同社はロータリーエンジンのチューニングを得意としており、マイク選手のFDJ参戦・チャンピオン獲得車両(HUMBUL)を製作も手掛けている。2021年シーズンは4ローターターボエンジン搭載のシルビアでリバティーウォークとともにFDJに参戦し、年間ランキング3位を獲得した。そしてトーヨータイヤが全面的にサポートを行い、プロクセスのスリックタイヤを装着してマツダ3の走りを足元から支えるのだ。

◆1200馬力の4ローターエンジン搭載、FR駆動の怪物ドリフトマシン “TROUBUL”

それではTROUBULの細かい仕様についても注目してみよう。目玉となるのはやはりロータリーエンジン。マイク選手の代名詞ともなっている4ローターエンジンはツインターボ仕様で約1200馬力を発生。ギャレット製のタービンとハルテック製のフルコンピューターで制御を行い、ホリンジャー製の6速シーケンシャルミッションを組合せる。

足元はサスペンションにKW製コンペティション、ホイールはレイズ製のボルクレーシング 21Cをマッチング。フロント:ガンメタリック&リア:グロスブラックとを色を使い分けることで表情に変化をつけている。

個々のパーツを見ると過激なスペックだが、仕上がりはクリーンにまとまっている。マイク選手ならではのパーツチョイスとTCPマジックのマシンメイクが光る仕上がりだ。

◆TCPマジックで早速TROUBUL製作がスタート!

そんな情報をキャッチしたレスポンス編集部は、2021年の12月某日TCPマジックへと乗り込んだ。そこにはフルストリップ状態のマツダ3 ファストバックがリフトアップされており、まさにマシンの製作がスタートしたばかりのタイミング。ここからパイクスピーク参戦に向けて4ローターエンジン搭載をはじめとした様々な作業が予定されている。

マツダ3用のレーシングパーツは基本的には販売されていないので、マツダ3への組み込みはワンオフでTCPマジックが制作してマシンに合わせこんでいくとのこと。今後は春頃を目安に岡山国際サーキットでシェイクダウンを行い、セッティングを行った後にそのまま空輸して本戦への挑戦する予定だ。

通常パイクスピークのレースでは約2週間前にテスト走行のセッションが設定されるが、マシン製作をギリギリまで行うために、現時点では公式練習からの参加となる想定で作業が進んでいる。そしてレスポンス編集部では、このマッド・マイク選手のパイクスピーク・ヒルクライムへの挑戦を密着取材していく。今後の展開から目が離せない。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

TOYO TIRE

TOYO TIRE(トーヨータイヤ)のタイヤ ニュース

もっと見る

このほかのタイヤ ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「ハイエンド・メインユニット」を核にシステムが構成されたオーディオカーの一例(製作ショップ:パラダ<福井県>)。

    メインユニットの“電源強化”で音が変わる!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.05.27 06:56
  2. アウトランダーPHEVの進化ポイント:人とくるまのテクノロジー2022

    三菱 アウトランダーPHEV 新型の「進化」ポイント

    自動車(本体)
    2022.05.27 12:06
  3. トヨタ・カローラ、カローラツーリングのインテリア。

    [低予算カーオーディオ]トヨタ車純正ディスプレイオーディオのエンタメ力をアップ

    カーオーディオ
    2022.05.24 05:15
  4. 「AN-R107」

    KEIYO、11.2型スマートミラーを備えた2カメラドラレコ「AN-R107」

    ドライブレコーダー
    2022.05.27 10:50
  5. 単体DSP(PLUG&PLAY DSP)を含めたプラグアンドプレイの全製品。

    単体DSPは、ハイスペックモデルがおすすめ[カーオーディオ“チョイスのコツ”]

    カーオーディオ
    2022.05.28 05:15

総合ニュースランキング

  1. 「Anker 757 Portable Power Station(PowerHouse 1229Wh)」

    モバイルバッテリーなどで定評のあるAnker、新発売のポータブル電源が注目を集める

    ポータブル電源
    2022.05.27 11:38
  2. GT730-SL-2GD3-BRK-EVO

    ASUS、5,500円で静音性にすぐれたファンレスビデオカード

    グラフィックボード・ビデオカード
    2022.05.27 12:31
  3. 「OpenSwim」

    Shokz、IP68防水で水中でも使用可能な骨伝導イヤホン「OpenSwim」

    イヤホン・ヘッドホン
    2022.05.27 13:09
  4. 「400-CAM099」

    配線不要で設置できる、人感センサー付き小型防犯カメラ「400-CAM099」6,980円

    ネットワークカメラ・防犯カメラ
    2022.05.24 12:27
  5. 「ハイエンド・メインユニット」を核にシステムが構成されたオーディオカーの一例(製作ショップ:パラダ<福井県>)。

    メインユニットの“電源強化”で音が変わる!?[音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.05.27 06:56

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「HUAWEI WATCH FIT 2」
  • 「1/24 マクラーレン セナ(オレンジ)完成品」
  • 「スゴ録キャッシュバックキャンペーン」
  • 「RF800mm F5.6 L IS USM」「RF1200mm F8 L IS USM」
  • 「フィギュアーツZERO 宇髄天元」
  • 「Anker 757 Portable Power Station(PowerHouse 1229Wh)」