2020年11月27日 06:19

ドゥカティ『ディアベル1260』にランボルギーニ仕様、初のHVスーパーカー『シアンFKP 37』がモチーフ

ドゥカティは11月25日、「ドゥカティワールドプレミア2021」の「エピソード4」において、『ディアベル1260ランボルギーニ』(Ducati Diavel 1260 Lamborghini)をデジタルワールドプレミアした。

ドゥカティディアベル1260ランボルギーニは、「モーターバレー」として世界的に知られ、自動車産業における世界有数の企業が集結しているイタリアのエミリア・ロマーニャ州を拠点とする2つのブランド、ドゥカティとランボルギーニのコラボレーションによって誕生した。

◆ランボルギーニ史上最強の819hpで最高速350km/h超のシアンFKP 37

このプロジェクトを遂行するために、ドゥカティのデザイナーは、ランボルギーニ初のハイブリッドスーパーカー、『シアンFKP 37』にインスパイアされた。シアンFKP 37は、顧客の要望に応じてそれぞれにパーソナライズされた63台のみが販売される。

名車『カウンタック』にインスパイアされたシアンFKP 37は、シャープなライン、空力的なエレガンス、紛れもないシルエットを備える。ミッドシップには、6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンをチューニングして搭載する。チタン製吸気バルブを採用するなどして、最大出力は785hp/8500rpmに引き上げられた。

モーターはギアボックスに組み込まれ、最大出力34hpを発生する。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、ランボルギーニの市販車として、史上最強の819hpのパワーを引き出す。これにより、0〜100km/h加速は、史上最速のランボルギーニとなる2.8秒以下、最高速は350km/h以上のパフォーマンスを可能にする。

ドゥカティとランボルギーニは、イタリアンスピリット、スポーティさ、美しいデザインへの飽くなき探求、ディテールへの徹底したこだわりといった面で、価値観を共有している。ドゥカティのデザイナーは、これらの共通点から作業を開始し、ランボルギーニのフラッグシップモデル、シアンFKP 37にインスピレーションを得た特別なプロジェクトを立ち上げた。

◆シアンFKP 37と同じ「ジーアグリーン」で塗装

『ディアベル1260 S』をベースにしたディアベル1260ランボルギーニは、シアンFKP 37のデザインコンセプトをモーターサイクルの世界へと移植し、ディアベルを象徴する数々のコンポーネントのデザインを見直した。

新デザインの鍛造軽量ホイールは、シアンFKP 37のホイールを連想させるデザインとした。さらに、カーボンファイバー製エアインテークとラジエーターカバーは、モーターサイクルのボディ構造に、フローティングエレメントを重ね合わせるというデザイン手法が採用されている。

ディアベル1260ランボルギーニのカラーリングは、「ドゥカティ・スタイル・センター」と、「ランボルギーニ・スタイル・センター」が共同開発した。ディアベル1260ランボルギーニの車体色は、シアンFKP 37に採用されているものと完全に同一であり、ボディワークには、「ジーアグリーン」を採用した。フレーム、アンダートレイ、鍛造ホイールは、「エレクトラムゴールド」で塗装された。ブレンボ製ブレーキのカラーは、ドゥカティらしいドゥカティレッドとしている。

◆カーボンファイバーなどの軽量素材を専用パーツに使用

この特別なプロジェクトのためにドゥカティ・スタイル・センターによってデザインが見直されたすべてのコンポーネントは、シアンFKP 37からインスピレーションを得ている。カーボンファイバーなどの軽量素材から製作された。

ラジエーターカバーとエアインテークに加え、サイレンサーカバー、スポイラー、センタータンクカバー、シートカバー、前後フェンダー、ダッシュボードカバー、ヘッドライトフレームもカーボンファイバー製とした。

ディアベル1260ランボルギーニも、ランボルギーニのデザインに敬意を表し、六角形デザインをエグゾーストに、「Y」モチーフをシートのディテールに、それぞれ採用している。ドゥカティ・スタイル・センターは、モーターサイクルに合わせてデザインをコーディネイトした特別なヘルメットも製作した。

シアンFKP 37は、ランボルギーニが設立された1963年にちなんで、63台が限定生産される。ディアベル1260ランボルギーニも、この重要な数値を取り入れ、その10倍の630台を限定生産する予定だ。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ドゥカティ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ドゥカティのバイク(本体) ニュース

もっと見る

このほかのバイク(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ヤマハ SR400が43年の歴史にいよいよ幕を下ろす

    43年の歴史にいよいよ幕、ヤマハ『SR』が辿った“存続の危機”と“執念”の軌跡とは

    バイク(本体)
    19時間前
  2. ヤマハ SR400 が43年の歴史の幕を閉じる。写真はSR400 Final Edition

    ヤマハ SR400 が生産終了、「ファイナルエディション」正式発表…1000台限定車も

    バイク(本体)
    15時間前
  3. 日産 アルマーダ の2021年モデル

    日産の最上位SUV『アルマーダ』に2021年型、トヨタ ランクル と競合…米国発売

    自動車(本体)
    21時間前
  4. ホンダ HR-V (ヴェゼル に相当)新型

    ホンダ HR-V 新型、2月に欧州発表へ…初のハイブリッド設定

    自動車(本体)
    2021.01.21 07:00
  5. レクサス IS350 F SPORT

    【レクサス IS 改良新型】マイナーチェンジで鍛え上げた走りとデザイン[詳細画像]

    自動車(本体)
    21時間前

総合ニュースランキング

  1. 「遠くからキャッチ! 虫取りマジックハンド CPETP21B」

    嫌な虫を遠くからキャッチしてポイッ、サンコーが「虫取りマジックハンド」発売

    その他健康器具・医療機器
    2021.01.20 12:30
  2. Wrapup

    お札や硬貨を入れられる、ミリタリーテイストのiPhone 12シリーズ用ケース「Wrapup」

    携帯電話アクセサリ
    20時間前
  3. PowerStudio PS-RE03

    AUKEY、レトロデザインの82500mAhポータブル電源「PowerStudio」

    充電池・充電器
    20時間前
  4. INSTINCT Esports Edition

    ガーミン、eスポーツ向けタフネススマートウォッチ「INSTINCT Esports Edition」

    ウェアラブル端末・スマートウォッチ
    18時間前
  5. 加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」シリーズが1/25価格改定

    最大3,000円値下げ、加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」シリーズが1/25価格改定

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2021.01.19 11:28

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • GE76 Raider GE76-10UH-003JP
  • Spark2.0
  • OMNI デラックスコレクション
  • YTFBT1300H1T
  • Maco Go