2021年04月26日 06:06

【トライアンフ トライデント660 試乗】2021年モデル、おすすめマシンの筆頭…鈴木大五郎

ビギナーだけでなく、ベテランに対しても手放しにオススメできる大型バイクとは何だろう?そう考えた時に候補に挙がるマシンはいくつかあるものの、様々な要素を考えるとそれは一握りに絞られる。

そんなスペシャルな1台に今年名乗りを上げたのがトライアンフの『トライデント660』である。

その理由はいくつもあるが、まずは最初にふるいにかけられる価格設定で合格印が与えられる。テストする身としても、気分的に気楽に接することが出来るのが良い。そして跨ってみれば、車格のちょうど良さ。体格に恵まれているライダーであったとしても、とくに経験の少ないうちはこのコンパクトさに恩恵を感じるはずだ。

◆これぞトライアンフの3気筒と思えるフレキシブルなエンジン

トライアンフのマシンであり、心臓部は3気筒エンジンを搭載しているということもアピールポイントとなるかもしれない。ブランドだけでおすすめするなんてことはしない。やはりその走りが評価出来るからである。660ccという、大型免許で乗るにはちょっと控えめな排気量ではあるが「本当にそれだけ?」と思うほど、公道でのパワフルさは意外でもある。

信号からのスタート時。油断してラフに開ければオオッと仰け反る加速力。そのまま開け続ければ、パワフルに高回転まで回り切る。トライアンフの3気筒らしい官能的さはやや薄味ともいえるかもしれないものの、低回転域から高回転域までストレスなく回るフレキシブルさは2気筒でもなく、4気筒でもない「これぞ3気筒!」である。

そして、その回転上昇は程よいところで終焉を迎える。狂ったように回り続けるエンジンもそれはそれで魅力的かもしれないが、手に余ることない出力とパワー特性が使い勝手の良さに繋がっている。

◆トランクションコントロールもライディングモードも標準装備

トラクションコントロールがマストなほどのパワフルさではないとはいえ、それを標準装備していることも評価出来るポイントであるし、ライディングモードも備えている。もちろん価格設定(97万9000円)から言って妥協点がないわけではない。個人的にはサスペンションの動きにもう少ししなやかさがあればと感じるのであるが、これもバランスとしては不満はなく、ただ、もう少ししなやかだったらな、と思う程度。

逆にカスタムとして手が出しやすい場所だけに、比較的イージーにその不満を解消できるはず。これもベースとなる価格が低いからこそ、考えられる楽しみの延長である。コンパクトな車体とともにヒラヒラと自由度の高いハンドリング。荷重配分もニュートラルで、その気になればスポーティに攻めに転じることも受け入れてくれる。

ハードに攻め込むとややフロントエンドが高くも感じられるものの、あえて日常ユースでの使い勝手を第一に考えたからであろう。その設定が懐の深さにつながっている。2021年モデル、おすすめマシンの筆頭である。

■5つ星評価

パワーソース:★★★★

ハンドリング:★★★★

扱いやすさ:★★★★

快適性:★★★

オススメ度:★★★★

鈴木大五郎|モーターサイクルジャーナリスト

AMAスーパーバイクや鈴鹿8耐参戦など、レース畑のバックボーンをもつモーターサイクルジャーナリスト。1998年よりテスター業を開始し、これまで数百台に渡るマシンをテスト。現在はBMWモトラッドの公認インストラクターをはじめ、様々なメーカーやイベントでスクールを行なう。スポーツライディングの基礎の習得を目指すBKライディングスクール、ダートトラックの技術をベースにスキルアップを目指すBKスライディングスクールを主宰。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

トライアンフ

トライアンフ(TRIUMPH)のバイク(本体) ニュース

もっと見る

このほかのバイク(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「前後カメラとリアカメラ付きドライブレコーダー THCADVSNA」

    サンコー、“前方+車内+後方”の3カメラ同時撮影に対応したドライブレコーダー

    ドライブレコーダー
    2022.11.25 12:47
  2. マツダ CX-90 のティザー写真

    マツダの最上位SUV『CX-90』、2023年1月発表へ…3列シートのクロスオーバー

    自動車(本体)
    2022.11.16 12:30
  3. ロサンゼルスモーターショー2022で展示された新型プリウス

    「マウスみたいでクール」新型プリウスとクラウンは、EV推しのLAショーでどう受け止められたか

    自動車(本体)
    2022.11.25 15:18
  4. メルセデス・ベンツ EQB 350 & EQB 250

    メルセデスベンツ、最大7人乗りの新型EV『EQB』発売…価格は788万円より

    自動車(本体)
    2022.07.15 06:52
  5. マツダ CX-5 の2023年モデル(欧州仕様)

    『CX-5』に2023年型、「マツダMハイブリッド」をガソリン全車に…欧州仕様

    自動車(本体)
    2022.11.25 13:45

総合ニュースランキング

  1. 「前後カメラとリアカメラ付きドライブレコーダー THCADVSNA」

    サンコー、“前方+車内+後方”の3カメラ同時撮影に対応したドライブレコーダー

    ドライブレコーダー
    2022.11.25 12:47
  2. 「12リアルフィギュア コレクション No.26 “ブロンドガールズライダー Vol.2”」

    ハセガワ、1/12リアルフィギュア「ブロンドガールズライダー」に第2弾

    模型
    2022.11.27 10:00
  3. 「ドリームトミカ ジブリがいっぱい 01 となりのトトロ ネコバス」

    机の上で小さな「ジブリ」が走る。トトロ/紅の豚/千と千尋コラボの「トミカ」に注目

    ミニカー
    2022.11.25 13:14
  4. AQUOS sense7 SH-M24

    シャープ、5Gスマホ「AQUOS sense7」SIMフリー版を本日11/25から発売

    スマートフォン
    2022.11.25 06:50
  5. 「「戦闘メカ ザブングル」 アイアンギアー」

    「戦闘メカ ザブングル」初代アイアンギアーが1/500キット化、ウォーカーマシン8体付き

    プラモデル
    2022.11.27 13:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「セガ ブラックフライデーセール2022」
  • 「ポケットモンスター/ポケモン iFace First Classケース」
  • 「NEXT1L」
  • 「NIKKOR Z 600mm f/4 TC VR S」
  • ASUS ZenAiO 24 M5401WYAK
  • 「フジノンレンズ XF30mmF2.8 R LM WR Macro」