2021年05月28日 11:05

【スズキ ハヤブサ 新型試乗】すいません!ホントに乗りやすかったです…小鳥遊レイラ

発売されて約1か月。いよいよ、最高速度300km/hというスズキ『ハヤブサ』の3代目に試乗です。

今回の目玉はなんといっても電子制御システムの充実。先代は時代的にABSと3段階パワーモードくらいだったのですが、今回は10段階のトラコンにアンチリフトやクイックシフターなど、ざっと16種類も満載しているんですよ。

◆1339ccとは思えない扱いやすさ

跨ってみると250kgを超える車重と大柄な車体は、さすがの迫力。でも、両足のつま先がギリギリ着くのでなんとか行けそうな雰囲気です。そして走り出すと、いかにも大きいものが動いてるって重厚感。エンストしてバランスを崩すと立て直せなさそうと、ちょっと不安になります。

でも、乗る前に思っていたよりも発進は何倍もラクでした。すごいパワーがあると身構えていたのに、いきなりズドンと大きなパワーが出るわけでもなく、スルスル〜っとスムーズにスタートできます。細い路地での極低速でもギクシャクしません。このあたりは電子制御が進化したおかげでしょう。

流れのある幹線道路に出てしまえば後はこっちのもの。バイクを操っているというよりもバイクに乗せてもらっているような余裕としっかりした安定感。小回りとUターンは流石に大柄な車体と車重のため、かなーり慎重になりますが、それを除けば1339ccもあるバイクとは思えない扱いやすさ。走っている感覚としては1000ccクラスと同じような印象を受けました。

◆加速時の安定感と安心感が桁違い

高速道路もとにかくスムーズです。ツアラーというには前傾姿勢がかなり強い感じのポジション。その分、上体を伏せてスッポリ身体が収まったときの人車一体感は抜群。加速したときもピシッと車体が安定していて、不安になることなくスピードを乗せることができるんですよ。

大型でもネイキッド系のバイクだと加速時の安定感と安心感がちょっと乏しくなるのに対して、ハヤブサは加速時の安定感と安心感が桁違いです。クラッチ操作いらずの上下対応クイックシフターも低回転から高回転までスムーズで走りやすさに磨きをかけてくれます。

さらに、この3代目ハヤブサには任意の速度でリミッターを効かせることのできる「アクティブスピードリミッター」機能が初採用されました。設定した速度に到達すると自然と加速が緩やかになり、気付いたら設定速度に達しているという感じで無理やりスピードを抑えられる感じではありません。

それに90km/hに設定していたとしても、追い越しなどで一瞬だけアクセルを吹かすときには、一時的なキャンセルも可能です。この新機能ってハヤブサに乗るオーナーさんの気持ちもちゃんと考えて作られてますよね?他にも3代目は電子装備が満載で、使いこなしきれはしなかったけど、きっとそれらも乗りやすさに貢献していると思います。

◆すいません、ホントにハヤブサ乗りやすかったです

これまでもまわりから「ハヤブサって結構乗りやすいよ〜」と聞いてはいたんですが、あんなパワーがあって車重もあるのが、まさかそんなことないでしょうと思っていたんです。でも、すいません、ホントにハヤブサ乗りやすかったです!

ハヤブサオーナーは東京から関西まで一気に走り抜ける人も珍しくないそうです。さすがに私は関西までは体力的に無理そうですけど、浜松あたりまでなら現実的な範囲として一気に行けちゃいそうな気がしました。

今回ハヤブサに乗ってみて、300km/hという最高速性能以外にも、実は街中からツーリングまで乗りやすく楽しめるのが高い人気の秘訣なのだと分かりました!

■5つ星評価

パワーソース:★★★★★

フットワーク:★★★

コンフォート:★★★★

足着き:★★★

オススメ度:★★★★★

小鳥遊レイラ|愛称:ことりちゃん

レースクイーンに憧れてモータースポーツ業界へ。しかしMOTOR STATION TVでの出演をきっかけに走る方に目覚めてしまい、いきなり大型二輪免許を取得。現在では2輪4輪共にサーキットを走り、一昨年に4輪のレース参戦のためJAF国内A級ライセンスを取得。先日、MFJロードレース国内ライセンスを取得して、今年は2輪でもレースに参戦予定。イベントMCから2&4輪の耐久レース参戦まで楽しむモータースポーツ女子。身長は160cm。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

スズキ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

スズキ(suzuki)のバイク(本体) ニュース

もっと見る

このほかのバイク(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタ・グランドハイランダー のティザー写真

    トヨタの新型3列シートSUV、『グランドハイランダー』発表へ

    自動車(本体)
    2022.12.02 11:53
  2. ケンウッド チューンアップサブウーファー「KSC-SW12EQ」

    3種類の重低音を楽しめる、コンパクトサブウーファー発売…ケンウッド

    カースピーカー
    2022.12.06 15:34
  3. ホンダ N-VANベースの軽商用EV(プロトタイプ)

    ホンダ、新型軽商用EVを2024年春に発売…目標価格は100万円台、N-VANがベース

    自動車(本体)
    2022.12.07 19:16
  4. トヨタ・プリウス・プラグインハイブリッド 新型(欧州仕様)

    トヨタ プリウス PHEV 新型、EVモードは69kmに…欧州仕様

    自動車(本体)
    2022.12.06 18:16
  5. レクサス Vibe-Branium Direct4 RX 500h

    レクサス RX 新型、『ブラックパンサー』仕様は1台限り[詳細画像]

    自動車(本体)
    2022.12.08 09:00

総合ニュースランキング

  1. 「福徳トミカ」

    【12月のトミカ】新年を祝う“トミカくじ”「福徳トミカ」全6種など

    ミニカー
    2022.12.07 11:15
  2. 「INKO USB Wearable Heater」

    最大50度まで発熱、“貼るカイロ”のように使えるUSB給電式ウェアラブルヒーター

    電気毛布・ひざ掛け
    2022.12.07 06:45
  3. 「EOS R6 Mark II」

    キヤノン、2420万画素のフルサイズミラーレス「EOS R6 Mark II」を12月15日に発売

    デジタル一眼カメラ
    2022.12.08 11:48
  4. トヨタ・グランドハイランダー のティザー写真

    トヨタの新型3列シートSUV、『グランドハイランダー』発表へ

    自動車(本体)
    2022.12.02 11:53
  5. Xiaomi 12T Pro

    シャオミ、19分で100%充電できるフラッグシップスマホ「Xiaomi 12T Pro」

    スマートフォン
    21時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78-2 ガンダム(ロールアウトカラー)&『プラモ狂四郎』スペシャルパーツセット ver. A.N.I.M.E.」
  • ※画像は「LEVEL-M0P5-R56X-RBX [Windows 10 Home]のイメージ
  • WDC-867DU3S2
  • 「スマートコードレスクリーナー LS-QC02A」(ホワイト、ブラック)
  • 「プロヴォーク ライト」