2021年10月27日 09:33

トライアンフが「ボンネビル」ほかにゴールドラインが特徴の特別仕様車を設定

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは2021年10月26日、「ボンネビル」をはじめとするモダンクラシックシリーズのモーターサイクル7車種に、特別仕様車「Gold Line Edition(ゴールドラインエディション)」を設定し、販売すると発表した。

職人の手作業によるゴールドライニングが特徴

ゴールドラインエディションは、トライアンフの熟練スタッフによるゴールドのハンドペイントを車体に施した特別仕様車であり、今期限定で販売される。ペイントは2色のベーススキームから始まり、ゴールドラインの線描には毛先の柔らかい「ソードブラシ」と呼ばれる特殊な筆を使用。また各車両にはゴールドライニングを施したスタッフのイニシャルも入れられるという。

モデルごとの特徴は以下の通り。

【ボンネビルT100ゴールドラインエディション】

シルバーアイスとコンペティショングリーンの燃料タンクに、ハンドペイントのゴールドライニングと「Gold Line」のロゴを採用。

シルバーアイスのマッドガードとサイドパネルに、コンペティショングリーンのサイドパネルストライプを採用。

ホワイト&ゴールドの「Bonneville T100」ロゴと、ハンドペイントのゴールドライニングを採用。

アクセサリーに合わせたシルバーアイスのフライスクリーンを設定。

【ストリートスクランブラー ゴールドラインエディション】

マットパシフィックブルーの燃料タンクに、グラファイトのストライプとゴールドの「Triumph」ロゴ、「Gold Line」ロゴを採用。

タンクのストライプとブラッシュドフォイルのニーパッドのまわりに、ハンドペイントのゴールドライニングを採用。

マットジェットブラックのフロント/リアマッドガードとサイドパネルに、ゴールドの「Street Scrambler」ロゴを追加。

アクセサリーに合わせ、マットパシフィックブルーのフライスクリーンとマッドガードを設定。

【ボンネビル スピードマスター ゴールドラインエディション】

サファイアブラックのツインストライプをあしらったシルバーアイスの燃料タンクに、ハンドペイントのゴールドライニングを施したブラッシュドフォイルのニーパッドを採用。「Gold Line」のロゴ入り。

サファイアブラックのヘッドライトボウル、マッドガード、サイドパネルに、ゴールドとシルバーの「Bonneville Speedmaster」ロゴとハンドペイントのゴールドライニングを採用。

アクセサリーとしてサファイアブラックのショートフロントマッドガードを設定。

【ボンネビル ボバー ゴールドラインエディション】

カーニバルレッドの燃料タンクにサファイアブラックのツインストライプを採用。

燃料タンクとマッドガードに、ゴールドの「Triumph」ロゴと「Gold Line」ロゴを採用。

ブラッシュドフォイルのニーパッドにハンドペイントのゴールドライニングを採用。

サファイアブラックのサイドパネルに、ゴールドとシルバーの「Bonneville Bobber」ロゴとハンドペイントのゴールドライニングを採用。

アクセサリーとしてカーニバルレッドのショートフロントマッドガードを設定。

【ボンネビルT120ゴールドラインエディション】

シルバーアイスとコンペティショングリーンの燃料タンクに、ハンドペイントのゴールドライニングと「Gold Line」のロゴを採用。

シルバーアイスのマッドガードとサイドパネルに、コンペティショングリーンのサイドパネルストライプを採用。

ホワイト&ゴールドの「Bonneville T120」ロゴとハンドペイントのゴールドライニングを採用。

アクセサリーに合わせたシルバーアイスのフライスクリーンを設定。

【ボンネビルT120ブラック ゴールドラインエディション】

マットサファイアブラックの燃料タンクとフロントおよびリアのマッドガード、ヘッドライトボウル、サイドパネルを採用。

マットシルバーアイスとマットサファイアブラックの燃料タンクに、ハンドペイントのゴールドライニングと「Gold Line」のロゴを採用。

マットシルバーアイスのサイドパネルストライプグラフィックに、ブラック&ゴールドの「Bonneville T120」ロゴとハンドペイントのゴールドライニングを採用。

アクセサリーに合わせたマットサファイアブラックのフライスクリーンを設定。

【スクランブラー1200XCゴールドラインエディション】

カーニバルレッドとストームグレーの燃料タンクに、アルミニウムシルバーのストライプやブラッシュドフォイルとゴールドライニングを組み合わせたニーパッドを採用。「Gold Line」のロゴ入り。

ジェットブラックのサイドパネルとヘッドライトボウルを採用。

価格は以下の通り。

ボンネビルT100ゴールドラインエディション:137万3500円

ストリートスクランブラー ゴールドラインエディション:140万4000円

ボンネビル スピードマスター ゴールドラインエディション:189万4000円

ボンネビル ボバー ゴールドラインエディション:189万4000円

ボンネビルT120ゴールドラインエディション:167万5500円

ボンネビルT120ブラック ゴールドラインエディション:167万5500円

スクランブラー1200XCゴールドラインエディション:202万8500円

(webCG)

記事提供:webCG
記事提供:webCG

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

トライアンフ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

トライアンフ(TRIUMPH)のバイク(本体) ニュース

もっと見る

このほかのバイク(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. カワサキ(EICMA 2021)

    カワサキ、2022年に電動モデル3機種を導入へ

    バイク(本体)
    2021.11.30 09:05
  2. スズキ・アルト(現行モデル)

    【スズキ アルト 新型】7年ぶりのフルモデルチェンジ、マイルドハイブリッド搭載…ティザー

    自動車(本体)
    2021.11.29 13:28
  3. トヨタ RAV4 PHV ブラックトーン(アティチュードブラックマイカ×エモーショナルレッドII)<オプション装着車>

    トヨタ RAV4、アドベンチャーグレードにハイブリッドを追加…ヘッドライトデザインも変更

    自動車(本体)
    2021.12.01 17:50
  4. アルパインから登場したディスプレイオーディオ『フローティングビッグDA』

    アルパインが自動車用ディスプレイオーディオを発表

    カーオーディオ
    2021.11.29 06:01
  5. フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

    フェラーリ初のクロスオーバー車『プロサングエ』、ついに生産型ボディを目撃

    自動車(本体)
    2021.12.01 09:43

総合ニュースランキング

  1. 「初トク割」

    2,000円オフ、IQOS ILUMA(アイコス イルマ)シリーズ対象の「初トク割」が開始

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2021.11.30 12:40
  2. 「HG 1/144 ザクII」

    バンダイ、“アニメの動きをほうふつとさせる可動”「HG 1/144 ザクII」の発売日決定

    プラモデル
    2021.12.01 07:20
  3. カワサキ(EICMA 2021)

    カワサキ、2022年に電動モデル3機種を導入へ

    バイク(本体)
    2021.11.30 09:05
  4. 「Feiyu Pocket 2」

    130度広角レンズ搭載のコンパクトカメラ付きジンバル「Feiyu Pocket 2」が12/20発売

    ビデオカメラ
    2021.12.01 12:43
  5. 「12リアルフィギュア コレクション No.13 “キャンペーン ガール”」

    ハセガワ、1/12リアルフィギュア「キャンペーンガール」最新の製品画像を公開

    模型
    2021.12.01 07:15

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • Aromist AM21
  • PowerShot ZOOM
  • 日産アリア シングルシーターコンセプト
  • 「Mirabook(ミラブック)」
  • 日産×JAXA、月面ローバ試作機(Nissan Futures)
  • 「2021クリスマスキャンペーン パーツ編」