2021年12月07日 08:41

【ハーレー パンアメリカ 1250 試乗】ハーレーのイメージが大きく変わりそう…小鳥遊レイラ

今回試乗したのは、ハーレーダビッドソン初となるビッグアドベンチャーモデルの『Pan America 1250 Special』です。

私はハーレーのバイクに乗った経験があまりなかったので、それらと比べてのインプレは難しかったのですが、ビッグアドベンチャーならいろいろ体験してきたので、その違いを大きく感じることができました。

車高を自動で調整してくれる秘密兵器を搭載

まず身長160cmの私にビッグアドベンチャーは体格的に手強いかと思いきや、車重が250kgを超えている割に引き起こしはサクっと重さをあまり感じさせません。足着きの方も両方のつま先がきちんと接地するのでビックリ。これが他のビッグアドベンチャーだと片足のつま先がやっと着くかどうかというモデルがほとんどなんですよね。

実はパン・アメリカの足着きの良さにはタネと仕掛けがありまして、873mmのシート高が停車している時にはグーンと830mmまで下がってくれるんです。というのも、このマシンは電子制御セミアクティブサスを装備しているため、それを応用して車高を自動で調整してくれる「アダプティブ・ライドハイト・システム」という秘密兵器を持っているんです。873mmのままだと、乗れる人が限られてしまいますが、このシステムがあれば女性でも乗れる人は多くなるのではないでしょうか。男性の方にとっても扱いやすさがアップすることは間違いありません。

昼夜問わず見えやすい6.8インチのメーター

ハンドルバーはアドベンチャーらしく幅が広め。全体的なライポジは私には大きく感じられました。これは女性から見た印象ですが、身長160cm台後半から175cm以上の平均的な男性基準で見ると、ビッグアドベンチャーの中ではかなり楽で扱いやすいライポジなのではないかと思います。

そしてコクピットで目に入るのは6.8インチの大画面カラー液晶メーター。これはタッチパネル式になっていて扱いやすさに一歩優れていたのはもちろん、私が一番うれしいなと感じたのはどんな角度から見ても反射が限りなく少なく、昼夜問わず見えやすかったこと。無反射ガラスを使っているとのことで、こうした細かい気配りが嬉しいです。

悪路を果敢に走破しに行きたくなる

電子装備はセミアクティブサスやトラコンが路面状況の変化にライダーよりもマシンが先に気付いてくれて自動で調整してくれるので安心感が高く、クルーズコントロールやコーナリングランプ、グリップヒーターといった快適面も充実。クルーズコントロールについてはドゥカティなどのライバル車は自動追従タイプを搭載してきましたが、パン・アメリカは速度一定の普通のタイプを採用していました。

でも、私としてはそっちの方が似合っていると思います。というのも、このマシンはビッグアドベンチャーの中においてはかなり鋭く荒々しい感じのエンジンレスポンスの味付けになっており、オンロードを淡々と走るロングツアラー的な使い方もいいのですが、それよりも悪路を果敢に走破しに行きたくなる、本来アドベンチャーが求める走りこそが合っているなと感じたんです。

ハーレーのイメージが大きく変わりそう

なので、もし私がこのバイクを買ったとするなら、あえてトップケースなどは付けずに軽い状態でダートツーリングに挑戦してみたいですね。オンロードだけのツーリングに終わらせるのはもったいない。ブロックパターンのタイヤに履き替えることでそんな誘惑を後押しされます。

長年クルーザーモデルメインのハーレーダビッドソンから、今回新たな試みとしてアドベンチャーモデルが出てきましたが、Pan Americaの登場によりハーレーのイメージが大きく変わってきそうですね。今後のハーレーブランドの展開が楽しみです。

■5つ星評価

パワーソース:★★★★★

フットワーク:★★★

コンフォート:★★★★

足着き:★★★★

オススメ度:★★★★

小鳥遊レイラ|愛称:ことりちゃん

レースクイーンに憧れてモータースポーツ業界へ。しかしMOTOR STATION TVでの出演をきっかけに走る方に目覚めてしまい、いきなり大型二輪免許を取得。現在では2輪4輪共にサーキットを走り、2019年に4輪のレース参戦のためJAF国内A級ライセンスを取得。2021年にMFJロードレース国内ライセンスを取得して、2輪・4輪両方でレース参戦。ストリート走行からサーキット走行まで楽しむモータースポーツ女子。身長は160cm。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ハーレーダビッドソン

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ハーレーダビッドソン(HARLEY-DAVIDSON)のバイク(本体) ニュース

もっと見る

このほかのバイク(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. キャビン本体は99万円から、軽トラの荷台内に収まる災害避難対応ワンルームカー新仕様

    その他車載機器
    2022.01.17 11:30
  2. トヨタ ノア 新型

    【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型】もはや走る忍者屋敷?“からくり”知恵の数々

    自動車(本体)
    2022.01.17 12:46
  3. NATS自動車大学校の学生が制作した5ドアのジムニー『NATS JIMNY kimun kamy』(東京オートサロン2022)

    世界初!?「ジムニー 5ドア」スズキより先に発表しちゃいました…東京オートサロン2022

    自動車(本体)
    2022.01.17 14:56
  4. 日産自動車(東京オートサロン2022)

    日産が フェアレディZ 新型の日本仕様公開…特別仕様の価格は696万6300円

    自動車(本体)
    2022.01.14 15:46
  5. トヨタ・タコマ がベースのキャンピングカー「タコジラ」のイメージスケッチ

    『タコジラ』って何だ? トヨタがキャンパー提案へ…SEMA 2021

    自動車(本体)
    2021.10.20 08:39

総合ニュースランキング

  1. キャビン本体は99万円から、軽トラの荷台内に収まる災害避難対応ワンルームカー新仕様

    その他車載機器
    2022.01.17 11:30
  2. 「Android EL01 1/4 塗装済み完成品」

    人肌の質感やリアルさを表現、「Android EL01 1/4 塗装済み完成品」が88,000円で発売

    フィギュア
    2022.01.17 18:04
  3. 「スカルプチャー ビューティーズ No.02 “ふりむき”」

    女性の美しさと優美の追求、スカルプチャー ビューティーズ第2弾「ふりむき」最新画像

    模型
    2022.01.17 13:40
  4. 「ARM-110」

    水やラップを使わず、パウチのまま温められる「レトルト亭」が1月下旬発売

    その他調理家電
    2022.01.17 10:58
  5. 「FULL MECHANICS 1/48 メイレスケンブ(初回限定クリア外装付き)」

    「境界戦機」メイレスケンブがFULL MECHANICSから登場、初回限定が1/29発売

    プラモデル
    2022.01.17 06:45

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「MOFT Snapノートパソコン用スマホホルダー」
  • 「GeForce RTX 3080 GAMING Z TRIO 12G LHR」
  • 「VM-X Close Focus Adapter II」
  • ネットワークCDレシーバー「SA-C600」、スピーカーシステム「SB-C600」
  • 「mastermind JAPAN x 仮面ライダー50周年記念コラボ S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダー新1号 BLACK Ver.」
  • 「年末・年始キャッシュバックキャンペーン」