2022年02月02日 08:44

【スズキ GSX-S1000 新型試乗】「リラックス系」なライポジがステキな優等生…小鳥遊レイラ

今回のお相手は、スズキの新型リッターネイキッド『GSX-S1000』。前モデルには昨春に試乗したのですが、新型ではだいぶイメージの変わった雰囲気となりました。

新型は羽根が付いていたり斬新な縦2眼のLEDヘッドライトになっていたりと、いかにも“ザ・ストリートファイター”な今どきデザイン。また、新型ではライディングモードやトラクションコントロールといった電子制御機能が大幅に進化しています。一方、前モデルでは電子制御が控え目な代わりに1000ccのマシンを純粋に素の状態で味わいたいといった人におすすめという仕上がりになっていました。

その前モデルでは、旧GSX-Rゆずりのエンジンと扱いやすい車体やライポジとのバランスが素晴らしく、非常に乗りやすいマシンであったのが記憶に残っています。今回の新型はそこに電子制御がプラスされて、安心感も欲しいという人におすすめになったといった感じでしょうか。

ライポジは前モデルと同じくリラックス系

電子装備が増えたために車重は5kg増の214kg。しかし、サイドスタンドをはらってマシンを引き起こしても、それほど重くなったという感じはありません。跨ると身長160cmの私だと腰高感があり、ツマ先がちょっとだけ接地する高めの足着き性なのですが、バランスがいいのか、あんまり不安定さがないんですよ。アップハンドルによってライポジは前モデルと同じくリラックス系。

GSX-Sのステキなところのひとつがこのライディングポジションで、加速でも巡航でもすべてにおいて偏っておらずバランスのいいポジションを取りやすくなっています。欲を言えば小柄な私の体格だと気持ちステアリングが遠いので、もう少し近くなってくれると嬉しいかも。ヒジがちょっと曲がる状態で乗れる方が疲れないし急ブレーキへの対応もしやすいのですが、ヒジが張りすぎというほどではないけど伸びた状態になっているんです。もっとも、大柄な男性だとヒジも曲がったまさにツーリングポジションになっているので、そこは男性の体格が羨ましいですね〜。

電子制御スロットルになったことで加速フィーリングが滑らかに

最高出力は150psで前モデルより2psのアップしましたが、街中だと馬力自体の変化にはまず感じないでしょう。しかし、新型では電子制御スロットルになったおかげで、加速フィーリングが非常に滑らかになっているのが際だって感じられます。それに、3段階のSDMS=スズキ・ドライブモード・セレクターが新たに加わりました。これは今どきの大型バイクにはほとんど付いているいわゆるライディングモードで、A=Active・B=Basic・C=Confortの3段階に乗り味を切り替えられるという装備。ただGSX-Sでは快適モードのCだからと言って最高出力が抑えられているわけではないのが面白いところです。

全モードで最高出力150psは同じまま、そこに到達するまでシャープに行くか緩やかかに行くかで違いを出しているんですね。この各モードがストリートモデルとして実にベストなセッティングとなっており、もっとも強力なAモードでも開け始めが鋭すぎるという感じがしません。このあたり、スーパースポーツである『GSX-R1000』のAモードに乗ったときはとても街中では扱いきれない鋭さであったのに、GSX-SのAモードでは交通が流れていれば街中でも十分に使えます。高速道だったら迷わず私はAモードを使うと思います。

走りに磨きをかけた優秀なバイク

スズキ・トラクションコントロール・システム=STSCも、前モデルの3段階+OFFから5段階+OFFとさらに細かく設定できるようになりました。新たな電子装備として嬉しいのは上下両方向対応のクイックシフターが付いたことですね。あると無いのとではツーリングで長時間乗れば乗るほど疲れ具合がずいぶんと変わってきます。

このクイックシフターもスーパースポーツモデルだとシフトダウンでは派手なブリッピングでスポーティさを演出してくれるのですが、GSX-Sでは派手さは控えた代わりに街中のエンジン回転域でもしっかり作動する乗りやすさが光っていました。ちゃんとストリートに合わせて考えているところがスズキらしいなと感じるところです。

新型のGSX-S1000は、もともとみんなが乗りやすいと言っていたGSX-R1000(K5)のエンジンやストリートで扱いやすい車体バランスでとても完成度が高かったのですが、その良さはそのままに電子装備の強化でさらにスムーズな乗りやすさがプラスされ、走りに磨きをかけた優秀なバイクとなっていました。

■5つ星評価

パワーソース:★★★★★

フットワーク:★★★★

コンフォート:★★★★

足着き:★★★

オススメ度:★★★★

小鳥遊レイラ|愛称:ことりちゃんレースクイーンに憧れてモータースポーツ業界へ。しかしMOTOR STATION TVでの出演をきっかけに走る方に目覚めてしまい、いきなり大型二輪免許を取得。現在では2輪4輪共にサーキットを走り、2019年に4輪のレース参戦のためJAF国内A級ライセンスを取得。2021年にMFJロードレース国内ライセンスを取得して、2輪・4輪両方でレース参戦。ストリート走行からサーキット走行まで楽しむモータースポーツ女子。身長は160cm。

▼旧型試乗の半年後に…新型GSX-S1000乗ってきました!|小鳥遊レイラのことりインプレ

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

スズキ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

スズキ(suzuki)のバイク(本体) ニュース

もっと見る

このほかのバイク(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 現行型トヨタ・クラウン

    トヨタが新型「クラウン」を7月15日に世界初公開 特設サイトで先行情報を配信

    自動車(本体)
    2022.07.06 13:38
  2. 高品位な端子の一例(オーディオテクニカ・レグザット AT-RXT48R)。

    ケーブルメンテナンスでも音が変わる![音を良くする“ひと手間”]

    カーオーディオ
    2022.07.04 09:30
  3. 予想外の進化で欲が出てきた…ホンダ N-BOX 後編[カーオーディオ ニューカマー]

    予想外の進化で欲が出てきた…ホンダ N-BOX 後編[カーオーディオ ニューカマー]

    カーオーディオ
    2022.07.05 12:14
  4. エクスペディション ホーク

    小型トラックベースのワイルド系キャンピングカー、モーターキャンプEXPOで初公開

    自動車(本体)
    2022.07.01 06:42
  5. ダイハツ ムーヴキャンバス セオリーG

    【ダイハツ ムーヴキャンバス 新型】可愛らしさの「ストライプス」とシックな「セオリー」[詳細画像]

    自動車(本体)
    2022.07.06 09:00

総合ニュースランキング

  1. 「1/144 RX-78F00 HMT ガンダム高機動型」

    高機動型「RX-78F00 ガンダム」が1/144ガンプラ化、アンクルガードも新造で再現

    プラモデル
    2022.07.05 11:15
  2. 現行型トヨタ・クラウン

    トヨタが新型「クラウン」を7月15日に世界初公開 特設サイトで先行情報を配信

    自動車(本体)
    2022.07.06 13:38
  3. フロスティリング

    電源や電池が不要、水溶化ジェルPCMで約28度を維持するネッククーラー2種が発売

    その他健康器具・医療機器
    2022.07.06 06:30
  4. 「5G機種変更おトク割 期間限定!最新機種もおトクに!」キャンペーン

    au、「Xperia 10 IV SOG07」対象の16,500円オフキャンペーンを7/8開始

    スマートフォン
    2022.07.06 06:45
  5. iPhone 13

    楽天モバイル、iPhoneを含むアップル製品の販売価格を値上げ

    スマートフォン
    2022.07.06 12:48

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「instax mini Link 2」
  • 「1/10RC XV-02 PRO シャーシキット」
  • 「HCS-KS04BK」
  • 「5G機種変更おトク割 期間限定!最新機種もおトクに!」キャンペーン
  • レクサス ES の2023年モデル(欧州仕様)