2022年04月04日 09:00

【スズキ GSX-S1000GT 試乗】ロングツーリング派はぜひオプションを組み合わせて…小鳥遊レイラ

今回、乗ったのはスズキの新型ツーリングマシン『GSX-S1000GT』です。

車体色はトリトンブルーメタリック、リフレクティブブルーメタリック、グラススパークルブラックの3色があるのですが、今回乗ったトリトンブルーメタリックは『GSX-R1000R』や私が普段乗っている『GSX250R』と同じような鮮やかなブルー。そのスポーティな色合いが既存のツアラーイメージよりも新鮮な感じで目に映り、かなり気に入りました。「東京モーターサイクルショー2022」でも実車が展示され、まじまじと見ている方も多かったですね。

フルカウルになったことで迫力のあるスタイルに

基本的にエンジンなどはネイキッド版である『GSX-S1000』と一緒ですが、フルカウルになったことで全長・全幅・全高が一回り大きくなっています。カウルや電子装備などが増えたことで車重も12kgほど重くなりました。実際にこの目で見ても、1000ccツアラーマシンということで、それなりに大きさが感じられる迫力を持っています。

そんなわけで跨ってみると、身長160cmで女性である私の場合だと両足のつま先がようやく着く感じで足着きはそれなりにハード。ライディングポジション全体も、やっぱりちょっと大きく感じられてしまいます。

ステアリングに手を伸ばすと、GSX-S1000同様ちょうどギリギリな感じでヒジが伸びきってしまうんですよね。ここはもう少しヒジを緩く曲げられるのがポジション的には理想ですね。身長170cm以上のライダーに一番しっくりポジションかなという印象でした。もっとも、リッターツアラーにしては車重が軽めなので、私でもなんとか乗れてしまうところは流石です。

スズキでは初となる大型フルカラー液晶メーターを採用

跨ってメインスイッチを入れると、最初に感動するのがスズキでは初だという大型フルカラー液晶メーターの大きさです。ナビモニターのように大きなサイズでとにかく見やすく、実際にスマートフォン連携でマップ画面も表示できるというのが魅力的です。メーターの横に旅するバイクには必須のUSBソケットが付いているのも嬉しいですね。また、ネイキッド版には無かったクルーズコントロールも最近のツアラーには必須ということで、このGSX-S1000GTでは装備されています。

さて、走ってみて特に感じたこのマシンの特徴は、A・B・Cと3段階あるライディングモードの性格の違いでした。一番スポーティなAモードは、ちょっとツアラーには鋭すぎるくらいシャープ。BかCモードが私としては乗りやすく感じました。

ツアラーとして使うなら一番マイルドなCモードでゆっくり走るのが似合う気がします。ネイキッド版のGSX-S1000だとどのモードもそれぞれに合っていて楽しかったのですが、同じエンジンを使っていてもストリートファイターとツアラーという使い方によってモードの好みが分かれてくるのが、私としては不思議に感じました。

実際Aモードのシャープな走りの方が好きな人もいると思うので、オーナーの好みによってそのときどきで走りのモードを選べるのは大きなメリットですよね。足着きが多少厳しくても地面から足が離れている時間の方が圧倒的に長いことを考えると、普段は250ccの小排気量に乗っている私ですが、ロングツーリングではこんなマシンで旅する方が快適で楽なんだろうなあと実感しました。

ザ・ツアラーな雰囲気を引き立たせるオプションが充実

なお、このGSX-S1000GTには純正オプションも充実。旅で使うことに徹するなら、ぜひともパニアケースは装着しておきたいところ。スタイルもこれぞザ・ツアラーといった雰囲気になってくれます。他に私が装着したいと思ったのはグリップヒーター。残念ながら標準装備ではないのですが、ロングツーリングでは結構気温の上下が大きな場面に遭遇したりします。それに山の上まで行くと、防寒グローブに変えるほどでもないんだけどちょっと寒いなんてときもグリップヒーターは大活躍してくれます。

また、走行風をもっと強力に防いでくれるハイスクリーンもあります。今回はノーマルスクリーンでも十分に高速道路での風にも効果を発揮してくれましたが、ロングツーリング派は最初からハイスクリーンにしておいた方が強風時のために安心かもしれませんね。このように各種純正オプションを組み合わせて、バイクでの旅を楽しんでみて下さい。

■5つ星評価

パワーソース:★★★★★

フットワーク:★★★

コンフォート:★★★★

足着き:★★★

オススメ度:★★★★

小鳥遊レイラ|愛称:ことりちゃんレースクイーンに憧れてモータースポーツ業界へ。しかしMOTOR STATION TVでの出演をきっかけに走る方に目覚めてしまい、いきなり大型二輪免許を取得。現在では2輪4輪共にサーキットを走り、2019年に4輪のレース参戦のためJAF国内A級ライセンスを取得。2021年にMFJロードレース国内ライセンスを取得して、2輪・4輪両方でレース参戦。ストリート走行からサーキット走行まで楽しむモータースポーツ女子。身長は160cm。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

スズキ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

スズキ(suzuki)のバイク(本体) ニュース

もっと見る

このほかのバイク(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタ・プリウス・プラグインハイブリッド 新型(欧州仕様)

    トヨタ プリウス PHEV 新型、EVモードは69kmに…欧州仕様

    自動車(本体)
    2022.12.06 18:16
  2. トヨタ・グランドハイランダー のティザー写真

    トヨタの新型3列シートSUV、『グランドハイランダー』発表へ

    自動車(本体)
    2022.12.02 11:53
  3. ケンウッド チューンアップサブウーファー「KSC-SW12EQ」

    3種類の重低音を楽しめる、コンパクトサブウーファー発売…ケンウッド

    カースピーカー
    2022.12.06 15:34
  4. 日産セレナ新型

    【日産 セレナ 新型】どのみちうるさい、というときにまとめて発電

    自動車(本体)
    2022.12.07 09:00
  5. トヨタ bZ コンパクト SUV コンセプト

    トヨタの新世代EV「bZ」シリーズ、小型SUVコンセプトの新写真公開

    自動車(本体)
    2022.12.06 11:50

総合ニュースランキング

  1. 「福徳トミカ」

    【12月のトミカ】新年を祝う“トミカくじ”「福徳トミカ」全6種など

    ミニカー
    2022.12.07 11:15
  2. 「HG 1/144 ベギルペンデ」

    HGガンプラ「ベギルペンデ」発売日が決定、シールドに取り外しギミックを搭載

    プラモデル
    2022.12.05 13:05
  3. 「INKO USB Wearable Heater」

    最大50度まで発熱、“貼るカイロ”のように使えるUSB給電式ウェアラブルヒーター

    電気毛布・ひざ掛け
    2022.12.07 06:45
  4. 「HG 1/144 ミカエリス」

    HGガンプラ「ミカエリス」の発売日が明らかに、展開可能な大型武装を装備

    プラモデル
    2022.12.05 13:00
  5. 「布団レス伸長こたつ(YKZ12080SK1 セット)」

    ヤマダデンキ、天板が120cm幅から150cm幅へ伸びる「布団レス伸長こたつ」

    こたつ
    2022.12.06 16:47

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「Oura Ring Gen3 Horizon」
  • シリコンブロアーブラシ 02(カラー:オリーブ、タン、スモーキーオレンジ、スモーキーブルー)、シリコンブロアーポータブル 02(カラー:ライトベージュ、ライトグリーン、ライトブルー)
  • PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット CFI-ZWH1J06
  • 「中島 キ49 百式重爆撃機 呑龍 I型 “浜松飛行学校”」
  • オートクッカー ビストロ NF-AC1000