2022年11月07日 08:45

ヤマハ『R125』がデザイン一新!入門スポーツでもスマホ連携可能に

ヤマハ(Yamaha)は11月3日、スーパースポーツ「Rシリーズ」のエントリーモデル『R125』の2023年モデルを欧州で発表した。よりアグレッシブなエクステリアデザインと、スマートフォンとのコネクテッド機能の追加が目玉だ。日本への導入は未定。

新しいバイファンクションLEDヘッドライト

ヤマハのRシリーズは、排気量125ccのR125から、1000ccの『R1』まで、幅広くスーパースポーツモデルを用意している。R125の2023年モデルでは、新しいエクステリアを採用した。これは、ヤマハの軽量スーパースポーツの地位を強調し、特別なモーターサイクルのRシリーズファミリーの一員であることを強化するのが狙いだ。

新しいバイファンクションLED ヘッドライトが、M型ノーズの中央に配置された。ロービームとハイビームが組み込まれており、優れた視界と視認性を追求する。ヘッドライトの小型化と軽量化により、『R7』風のLED ポジションライトを備えたフロントカウルを実現。これにより、R125に「ビッグバイク」の雰囲気を与えているという。

よりアグレッシブなフェイス、エアロダイナミクスに優れたカウル、水平方向に力強い流れを持たせたベント付きタンクカバーによって、デザインを一新した。この新設計された車体が洗練された外観を演出し、プレミアム高性能125ccクラス最高のバイクの地位を強化することを狙う。

R1に着想を得た5インチTFTインストルメント

2023年モデルには、フラッグシップバイクのR1に着想を得た5インチのフルカラーTFTインストルメントディスプレイを採用した。2種類のグラフィックテーマがあり、ライダーはライディング状況に合わせて「ストリート」または「トラック」の表示スタイルを切り替える。ストリートでは、中央のデジタルスピードメーターとバータイプのタコメーターが特長だ。

トラックでは、最大で25ラップ分のメモリーを備えたラップタイマーをメインに、上部にバータイプのタコメーターを配置する。ライダーがサーキットにいる時に、重要な情報を表示する。

どちらの表示スタイルでも、ディスプレイの上部にプログラム可能なシフトライトが付く。トラックでは、プログラム可能なタコメーターが組み込まれており、ライダーはライディングスタイルや好みに合わせて、表示をカスタマイズできる。

スマートフォンとの接続が可能に

2023年モデルには、スマートフォン接続を可能にする通信制御ユニット(CCU)が装備された。接続するには、まずヤマハの無料「MyRide」アプリを利用して、ライダーのスマートフォンを Bluetooth経由でバイクとリンクさせる。スマートフォンをリンクさせると、新しい5インチTFTスクリーンで電話の着信、メールやテキストメッセージの通知を確認したり、アプリを通じてバイクの状態をモニターしたりすることができる。

このシステムは、技術的な問題を検出し、ライダーに通知する。ディーラーやライダーが指定した連絡先に、メールで通知を送信することも可能だ。

MyRideアプリは、走行ルートの追跡や、走行距離、加速、最高速、標高の変化などを記録できる。データはソーシャルメディアで共有でき、多くのインターネット フォーラムや専用のソーシャルメディアグループを通じて、他のヤマハユーザーと比較したり、チャットしたりすることができる。

新開発のトラクションコントロールシステム

2023年モデルでは、A&Sクラッチとオプションのクイックシフトシステムを組み合わせたトラクションコントロールにより、フルスロットル加速時に高度な制御を可能にした。切り替え可能なシステムの状態は、新しい 5インチ TFTインストルメントディスプレイに表示され、サーキット走行など特定の状況に合わせて、オフにすることができる。

コックピットは、新しい5インチ TFTスクリーンと、R1にインスパイアされたアッパートリプルクランプにより、イメージを一新している。クリップオンハンドルバーには、R1に着想を得てデザインされた人間工学に基づいたスイッチが装備されている。ライダーは新しい TFTスクリーンのテーマを含めて、さまざまな機能を直感的に制御できるという。

2023年モデルはヤマハ純正オプションのクイックシフターシステムを取り付けるために配線が、あらかじめ装備されている。これにより、連続的なフルスロットルアップシフトで、より強力な加速を可能にするヤマハクイックシフトシステムを簡単に取り付けることができる。

2023年モデルには、ウェットとドライでの強力なパフォーマンスとともに、スポーティなハンドリングを実現するために開発されたミシュラン製の「Pilot Street」タイヤが装備されている。新しいトレッドデザインが、優れたグリップと摩耗のバランスを追求している。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ヤマハ

ヤマハ(YAMAHA)のバイク(本体) ニュース

もっと見る

このほかのバイク(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. マツダ2 改良新型(BD クラップポップ)

    【マツダ2 改良新型】目を引く“新しい顔”、思い切ったアプローチの理由は?

    自動車(本体)
    2023.01.27 19:18
  2. フロントグリル(ソウルレッド)

    【マツダ2 改良新型】劇的変化!? カラーが選べるグリルパネルを新装備、コーデは全198通り

    自動車(本体)
    2023.01.27 12:41
  3. マツダ2 改良新型(BD ルーキードライブ)

    【マツダ2 改良新型】カラーコーデで自分らしい1台に、新グレード「BD」登場

    自動車(本体)
    2023.01.27 13:14
  4. マツダ CX-90 のティザー写真

    マツダ『CX-90』、新色レッドに高品質インテリア…ティザー映像公開

    自動車(本体)
    2023.01.27 14:40
  5. 日産 GT-R NISMO スペシャルエディションの2024年モデル(上)と2022年モデル

    写真で比較!フロントマスクだけじゃない、日産『GT-R』2024年モデルと2022年モデルの違い

    自動車(本体)
    2023.01.17 09:30

総合ニュースランキング

  1. 令和のヤングも注目したい、80年代デザインのナウいBluetooth搭載ラジカセが発売

    ラジカセ
    2023.01.27 12:53
  2. 「NW-A300シリーズ」

    ソニー、コンパクトモデルのウォークマン「NW-A300シリーズ」を本日1/27発売

    デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
    2023.01.27 07:00
  3. ※画像は「α7 IV ILCE-7M4」「α7C ILCE-7C」のイメージ

    ソニーが再び値上げ、カメラは「α7 IV」「α7C」などが価格改定の対象に

    デジタル一眼カメラ
    2023.01.26 11:00
  4. AQUOS sense7 SH-M24

    シャープ、SIMフリー「AQUOS sense7」フォレストグリーンを本日1/27発売

    スマートフォン
    2023.01.27 07:05
  5. Swift Edge

    エイサー、4K有機EL/1.17kg採用で約17万円の16型モバイルノートPC「Swift Edge」

    ノートパソコン
    2023.01.27 13:54

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「OPPO Band 2」
  • フロントグリル(ソウルレッド)
  • 「ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78GP04G ガンダム試作4号機ガーベラ ver. A.N.I.M.E.」
  • 「食蜂操祈 15周年記念Ver.」
  • 「30歳以下限定!対象のXperiaとLinkBuds Sを同時購入で20,000円キャッシュバック」キャンペーン
  • 「FMVキャッシュバック大感謝祭」