2018年04月23日 13:16

【ホンダ CB1000R 試乗】ネオレトロの枠にとらわれない「新世代CB」のイメージリーダー…青木タカオ

上半身が緩やかに前傾するスポーツマインドくすぐるライディングポジションで走り出せば、直4らしい伸びやかなエキゾーストサウンドを響かせ、もう気持ちの昂ぶりを抑えられない。

エンジンは低速から力強く、そして6000回転からはドラマティックなほどにさらにトルクが図太く盛り上がってくる。この高揚感、400ccまでしか乗れなかった2輪免許を限定解除し、初めてナナハンに乗ったときの感動を思い出す。

あの頃と明らかに違うのは車体の軽快感だ。1000ccもの排気量があるビッグバイクなのに持て余すことなく、右へ左へ車体を自在に車体を寝かし込むことができ、タイヤの接地感が高いから気持ちを落ち着かせたままコントロールできる。

ワインディングがもう楽しくて仕方がない! アップライトなライディングポジションをもたらすテーパーハンドルは、積極的に入力できる広めでフラットな形状。跨った途端に車体との一体感を感じるのは、シート前端部が絞り込まれニーグリップもピッタリだから。加速と減速を激しく繰り返しても、体はしっかり着座位置に収まったままだ。

余計な力がどこにも入らず、腰を中心に操る感覚が掴みやすい。お尻をずらせば、行きたい方向にフロントからスッと向きを変え、スムーズに曲がっていく。

◆安心をもたらすライディングモード

気持ちが昂ぶっているのに、心に余裕があるのはトルクコントロールも介入するライディングモードのおかげだ。「スポーツ」「スタンダード」「レイン」そして自身で自由に設定できる「ユーザー」から選べ、出力特性やスロットルレスポンスだけでなく、トルクコントロールやエンジンブレーキの強弱も関わってくる。

フルパワーの「スポーツ」だと、アクセルをガバッと開けるだけで前輪が浮くほどにスロットルレスポンスが鋭く、もはやその走りは過激とも言えるレベルだ。ここでもトルクコントロールは“小”で介入し、たとえ後輪がスリップしようともトルクを制御し、失ったグリップを取り戻してくれる。

ちなみにトルクコントロールは「スタンダード」では“中”、「レイン」では“大”と3段階に介入レベルを設定。スロットルレスポンスも「スポーツ」で“クイック”、「スタンダード」は“穏やか”、「レイン」では“さらにもっと穏やか”といった具合だ。

タイトコーナーの続くところでは「スタンダード」の方が積極的にアクセルを開けていけて扱いやすい。エンジンブレーキの効きも弱くなる「スポーツ」は少し広いところに出てからでないとパワフル過ぎるのだ。

それとクイックシフターの装備もありがたい。シフトチェンジ時のクラッチ操作が不要で、コーナーを攻め込んでいるときに特に威力を発揮する。コーナー入口でギヤを落とすときは自動的にブリッピングしてくれ、さらにスリッパークラッチが急激なエンジンブレーキによる後輪ホッピングを軽減するから変速がよりスムーズ。シフトを上げていくときも加速フィールを途切らせることがない。

◆新世代CBシリーズを牽引する上質さや高級感

興奮を鎮めてエンジンを切り、CB1000Rのスタイルを改めて眺めてみると、マスの集中をもたらす凝縮感を強く感じるダイナミックなプロポーションに見とれてしまう。

エンジンを剥き出しにしたネイキッドスタイルに、何かしらの先進的な現代風のエッセンスを採り入れれば、それだけで“ネオレトロ”などとジャンルの枠にはめられてしまいがちだが、CB1000Rは新世代CBシリーズのイメージリーダーに相応しい、上質さや高級感を含んだ新しさに満ちあふれている。

たとえば、アルミ薄板をプレスしたシュラウドとサイドカバーは見た目も触り心地も上質で、金属素材の持つ美しさがそこにあるし、ラウンドシェイプを基本形としたLEDヘッドライトやレンズを2重構造にしたテールランプもまた時々の流行に大きく左右されないもの。

高揚感タップリの走りと、経験を積んだ大人の趣味にふさわしい上質なスタイル。これまで両立することが難しかったことをCB1000Rでは実現しているのだ。

■5つ星評価

パワーソース:★★★★★

フットワーク:★★★★★

コンフォート:★★★★

足着き:★★★

オススメ度:★★★★★

青木タカオ|モーターサイクルジャーナリスト

バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。自らのモトクロスレース活動や、多くの専門誌への試乗インプレッション寄稿で得た経験をもとにした独自の視点とともに、ビギナーの目線に絶えず立ち返ってわかりやすく解説。休日にバイクを楽しむ等身大のライダーそのものの感覚が幅広く支持され、現在多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。バイク関連著書もある。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ホンダ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ホンダ(honda)のバイク(本体) ニュース

もっと見る

このほかのバイク(本体) ニュース

もっと見る

関連コンテンツ

自動車・バイクニュースランキング

  1. メルセデスベンツA180エディション1

    メルセデスベンツ Aクラス 新型、特別仕様 A180エディション1---限定479万円

    自動車(本体)
    2018.10.19 06:45
  2. スズキ・ジムニー 新型の欧州仕様(パリモーターショー2018)

    スズキ ジムニー 新型、欧州仕様は1.5リットルで シエラ 相当…パリモーターショー2018で発表

    自動車(本体)
    2018.10.18 11:14
  3. マツダの新型車のティザーイメージ

    マツダの新型車、ティザーイメージ… アクセラ 次期型か?

    自動車(本体)
    2018.10.18 15:15
  4. BMW X7

    BMW、『X7』を発表…フルサイズSUV市場に参入

    自動車(本体)
    2018.10.19 06:15
  5. メルセデスベンツAクラス新型

    メルセデスベンツ Aクラス 新型、対話型インフォテイメントシステムを初採用

    自動車(本体)
    2018.10.19 10:01

総合ニュースランキング

  1. ICF-B09

    ソニー、ポータブルラジオ「ICF-B09」「ICF-B99」の注文受付を一時停止

    ラジオ
    22時間前
  2. 1位 “手のひらサイズ”の3.3型スマートフォン「Palm Phone」が正式発表…10月16日

    【週間ランキング】“小型ケータイ”に復活の兆し? 復活Palmスマホとカードケータイ

    スマートフォン
    21時間前
  3. DRESSING APS-DR008

    パイオニア、USB端子に接続して高音質化させる「DRESSING APS-DR008」

    その他オーディオ機器
    2018.10.18 13:10
  4. 左上から「Xperia XZ3」「カードケータイ KY-01L」、左下から「INFOBAR xv」「AQUOS zero」

    個性派ケータイも登場した「2018年秋冬モデル」、各キャリア注目の1台はどれ?

    スマートフォン
    2018.10.18 12:20
  5. 「コミカル グラスホッパー(WR-02CBシャーシ)」

    タミヤ、80年代の人気RCバギーをデフォルメした「コミカル グラスホッパー」

    ラジコン
    20時間前

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • PhotoCube
  • BMW M3セダン プロトタイプ スクープ写真
  • ColorEdge CG279X
  • 充電式あったかフェイスウォーマー
  • メラテレビ