2018年10月09日 09:00

「いつかはGS」ファン待望のBMWアドベンチャー、『R1250GS』5年ぶり新型…インターモト2018

ドイツ・ケルンにて開催中の「インターモト」(二輪車の国際見本市、10月2日〜7日)では、BMWが「GSシリーズ」の新型フラッグシップモデル『R1250GS』、そしてスポーツツーリングの新型『R1250RT』を発表した。

GSシリーズの最高峰がモデルチェンジするのは、2013年登場の『R1200GS』から5年ぶりとなる。人気モデルだけに、バイクファンらは待望であった。

◆カム山を切り替えて、最適なバルブリフト量を

新型の水平対向2気筒エンジンは排気量を85ccアップ(1169cc→1254cc)し、新たな可変バルブタイミング・リフト機構「BMWシフトカム」を採用。これは吸気側カムシャフトに、ラージカムとスモールカム、2つのカム山を隣り合うようにして設け、スロットル開度や車速、エンジン負荷に応じてカムを切り換え、バルブリフト量や開閉タイミングをフレキシブルに変えるというもの。

つまり、アクセル開度の小さいうちは低中速用カムでバルブリフト量を少なくし、大きく開ければ高速用カムでバルブリフト量を増やす。力強い低中速トルクと高回転パワーが両立でき、最大トルクを14%(125Nm→143Nm)向上し、発生回転数は6500rpm→6250rpmに低く抑えた。

常用域のトルクアップは明らかで、扱いやすさ、ゆとり、速さに大きく影響するのも間違いない。最高出力も125PS→136PSで、11馬力のアップだ。

アッパーグレードとなるのが「スタイルHP」で、オフロードでの走破性を高めるために、ラジエタープロテクターやフレームプロテクション、ゴールドクロススポークホイール、ラリーシート、ラリーフロントガラスなどを装備し、BMWモータースポーツカラーを採用している。

◆元祖アドベンチャー、人気は絶大!

バイクファンになら説明するまでもないだろう、BMWのGSシリーズは「一生つきあう」と言わんばかりの熱烈ファンが世界中に存在する。どうしてなのか……!? 未舗装路も走れる装備、走破性を持ちながら、オンロードでは大排気量エンジンのゆとりを活かして高速道路もツアラーモデルのようにスピーディに、そして快適に走れる万能マシンが「アドベンチャー」と呼ばれるセグメントだが、その先駆けが「GS」であり、後継モデルたちもそのシーンを牽引している存在なのだ。

水平対向2気筒エンジンを搭載し、1980年に発売された初代『R80G/S』は、世界で最も過酷なラリー「パリダカールラリー」で4回も優勝するという輝かしい功績を残し、金字塔を打ち立てる。88年には『R80GS』と『R100GS』の2本立てとなり、94年の『R1100GS』からはニューエンジンで排気量が上げっていき、99年には6速化した『R1150GS』、そして2004年に『R1200GS』として生まれ変わり、その後DOHC化、空水冷化するなど進化と熟成を繰り返し、現在に至る。

◆世界中の熱烈ファンがもう新型を狙っている!

その人気ぶりは凄まじく、2008年からは世界一のGS乗りを決める「INTERNATIONAL GS TROPHY」なるものも2年に1回開催される。これはGSだけのワールドカップ、いやオリンピックか……!? 各国代表が3人組のチームとなって川を渡り、崖を登り、さまざまな困難を乗り越える。ライディングテクニックや体力はもちろん、冒険を乗り切るためのいろいろな能力が求められ、それこそが“GSワールド”なのだ。

「GS」に憧れるライダーは多く、「いつかはGS」「次もGS」「ずっとGS」といった具合で、今回の新型もファンらの注目必至で、バイクファンらが、そしてGS乗り当人たちがああでもない、こうでもないと、すでにザワついている。日本導入が待ち遠しいかぎりだ。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

BMW

BMW(bmw)のバイク(本体) ニュース

もっと見る

このほかのバイク(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

    ホンダ シビックタイプR 次期型をついにスクープ!ハイブリッド化で400馬力、21年発表か

    自動車(本体)
    2020.05.26 09:45
  2. スバルWRX S4?STI Sport♯

    スバルが「WRX S4 STI Sport♯」の概要を発表 走りを磨いた500台の限定モデル

    自動車(本体)
    2020.05.26 10:00
  3. トヨタ・シエナ 新型の XSE

    米トヨタのハイブリッドミニバン、初のスポーティグレード設定…シエナ 新型

    自動車(本体)
    2020.05.25 09:48
  4. ダイハツロッキー インテリアファイナルスケッチ案

    【ダイハツ ロッキー 新型】インテリアがコンセプトカーから大きくイメチェンした理由

    自動車(本体)
    2020.05.25 14:30
  5. クロード・ルルーシュ監督(写真左)とドライバーを務めたシャルル・ルクレール(同右)

    「フェラーリSF90ストラダーレ」がモナコの市街地を240km/hで走行

    自動車(本体)
    2020.05.26 06:10

総合ニュースランキング

  1. 1/144 ジム

    名脇役「ジム」の新旧ガンプラを集めた「ガンプラジムギャラリー」が公開

    プラモデル
    2020.05.26 06:10
  2. 「ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.[BEST SELECTION]」

    RX-78-2 ガンダムなど、税別3,500円「BEST SELECTION」6種の発売日決定

    フィギュア
    23時間前
  3. 「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」

    任天堂、Switch「どうぶつの森セット」の抽選申込終了 当選発表は6/1〜6/2

    ゲーム機本体
    2020.05.25 19:07
  4. 「GPD WIN Max」

    第10世代Core搭載の8型ポータブルゲーミングPC「GPD WIN Max」国内発売

    ノートパソコン
    22時間前
  5. 「ROBOT魂 <SIDE MS> MS-09F/TROP ドム・トローペン ver. A.N.I.M.E.」

    モノアイが上下左右に可動する「ドム・トローペン ver. A.N.I.M.E.」発売日決定

    フィギュア
    23時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • BMW 5シリーズ・セダン 改良新型のティザーイメージ
  • Galaxy S20+ 5G SCG02
  • BMW 6シリーズ・グランツーリスモ 改良新型のティザーイメージ
  • S.H.Figuarts(真骨彫製法) 仮面ライダーイクサ セーブモード/バーストモード
  • 【まとめ】UQ mobile、2020年夏モデルや新料金プラン「スマホプランR」発表
  • GODOX LEDビデオライト