2019年03月04日 10:20

【浦島ライダーの2輪体験記】復活したヤマハ トリッカー、街遊びだけではモッタイない!?

16歳の誕生日と共に原付免許を取り、でも、20代はクルマに夢中。アラサーでリターンライダーになるも、40代は仕事に忙殺される。そしてアラフィフで2輪に再々入門。そんな浦島ライダーが、最新のバイクをチェックしていきます!

◆復活のトリッカー

昨2018年、一時的にカタログから落ちていたヤマハ『セロー250』と『SR400』に加え『トリッカー』も復活すると聞いて、ちょっと不思議な気がしました。オフとオンのド定番であるセローやSRと比較して、トリッカーには、なんとなく「流行り物」のイメージがあったから。

トリッカーが登場したときのことは、よく覚えています。シュッと疾走感のある横方向のデザインが一般的な2輪モデルにあって、キリンが首を伸ばしたような、はたまたタツノオトシゴのような(!?)縦方向に細長いトリッカーの姿はいかにも新しくて、それだけで「コレに乗ったら楽しい生活が送れそう!」と感じたものです。実際には、トリッカーを買うことも楽しい生活を送ることもなかったわけですが、それはともかく、当時、際立って個性的な1台が、ヤマハ・トリッカーでした。

……と書いていて気づいたのですが、トリッカー、デビューしてから、すでに15年!「流行り物」どころじゃあ、ありませんね。うーむ、光陰矢の如し。

◆今も新鮮味あふれる

久しぶりにトリッカーの実車に接してみると、その新鮮さは、いささかも薄れていませんでした。小手先の差別化ではなく、デザインそのものの基本骨格がしっかりしているからでしょう。平成28年度排ガス規制に対応して、エグゾーストパイプにO2センサーを刺し、気化したガソリンを回収するチャコールキャニスターを吊ったのが、これまでとの違いです。

試乗車のカラーは、ハッピーなオレンジ。多くのコンポーネンツを共有するセローが、前21/後18インチのタイヤを履き、シート高830mmなのに対し、トリッカーは、前19/後16インチに小径化され、シート高は810mmに下げられている(最低地上高は、285mmと280mm)。800mm超えのシート高ですが、幅の狭い硬めのシートに跨るとグッとサスペンションが沈むので、見かけの数値ほど足付きは悪くない。

エンジンは249ccの空冷単気筒。乾いた音を発して元気よく回ります。シングルらしいパンチがあって、スロットル操作によくトルクがついてくる。ヘッドメカニズムが2バルブのSOHCなので、それほど高回転まで伸びない実用ユニットだけれど、オフロードを行くときや、トライアル競技をやる人には、このくらい癖のない特性の方が扱いやすいのかもしれません。

20ps/7500rpmの最高出力や20Nm/6000rpmの最大トルク、組み合わされる5速MTのギア比も含めて、セロー250と同スペック。ちなみに、セローがエンジンを225から250に切り替えたのは2005年なので、実はトリッカーの方がこのパワーパックの使用は早い。トリッカー豆知識。

◆何でもデキそうな錯覚に陥る

トリッカーに乗っていて特徴的なのは、クルクル、クルクル、実に小回りが利くということ。発進時の一瞬だけちょっと不安定になりますが、細身のスタイル、手頃な大きさ、そして127kgの軽量ボディの恩恵で、街乗りはもちろん、Uターンが頻発する路地裏巡りさえ楽しめる扱いやすさ。その手軽さゆえ、何でもデキそうな錯覚に陥って、段差の低い階段などを見かけると思わず登ってみたくなります。

「機会があったらトライアルに挑戦してみたいなァ」と、すっかりその気にさせるのがトリッカーのいいところ。人生を楽しむのに前向きになるバイク……とまとめるのは、ちょっと広告っぽいですかね。

いうまでもなく、トリッカーはシティコミューターとしても有能で、クォーターの排気量を持つため交通の流れに乗るのは容易。意識的にエンジンを回せば、十分、速い。荷物を満載したロングツーリングや、本格的にオフロードを走るには、アディショナルでリアキャリアほか、アンダーガードやクランクケースカバーなどを装着する必要があるだろうけれど、その分、素の値段は抑えられていて、46万7640円。街で遊びたい人にピッタリですが、それだけではモッタイない!?

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ヤマハ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ヤマハ(YAMAHA)のバイク(本体) ニュース

もっと見る

このほかのバイク(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スズキ四輪商品・原価企画本部四輪デザイン部エクステリア課係長の長田宏明さん

    楽しくなるアイコンは残した、スズキ ハスラー コンセプト…[デザイナーインタビュー]

    自動車(本体)
    2019.11.11 06:06
  2. 三菱 スーパーハイト軽ワゴン

    いよいよダイナミックシールドを採用、三菱のスーパーハイト軽ワゴン

    自動車(本体)
    2019.11.11 12:30
  3. スズキ カタナ 新型

    【浦島ライダーの2輪体験記】新型スズキ カタナ、なかなか高級なバイクです

    バイク(本体)
    2019.11.11 10:10
  4. 「ダイハツ・タント」(写真左)と「タントカスタム」。

    2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー「10ベスト」が決定

    自動車(本体)
    2019.11.07 19:00
  5. SUBARU商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャーの五島賢さん(右)と商品企画本部デザイン部主査の中村真一さん(左)

    継承と超革新を同時に、スバル レヴォーグ コンセプト

    自動車(本体)
    2019.11.11 11:50

総合ニュースランキング

  1. スズキ四輪商品・原価企画本部四輪デザイン部エクステリア課係長の長田宏明さん

    楽しくなるアイコンは残した、スズキ ハスラー コンセプト…[デザイナーインタビュー]

    自動車(本体)
    2019.11.11 06:06
  2. OPKIX ONE

    重さ12gのウェアラブルカメラ「OPKIX ONE」発売、カメラ2台に充電ケースが付属

    ビデオカメラ
    2019.11.11 12:00
  3. MG 1/100 ガンダムベース限定 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 [ガンダムベースカラー]

    バンダイ、ガンプラ「MG RX-78-2 ガンダムVer.3.0 ガンダムベースカラー」限定発売

    プラモデル
    2019.11.11 12:38
  4. EVANGELION EVOLUTION EV-007S エヴァンゲリオン 第13号機 新パッケージ版

    海洋堂、「リボルテック ヱヴァンゲリヲン」に新パッケージ版5種

    フィギュア
    2019.11.10 07:05
  5. 三菱 スーパーハイト軽ワゴン

    いよいよダイナミックシールドを採用、三菱のスーパーハイト軽ワゴン

    自動車(本体)
    2019.11.11 12:30

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • AX-HX205
  • RG 1/144 ガンダムベース限定 ダブルオークアンタフルセイバー[トランザムクリア]
  • VLS-8800FX
  • ヤマハ発動機ブース(東京モーターサイクルショー2019)
  • QT90 Silent