2019年03月11日 15:20

ハーレーの電動バイク「LiveWire」、充電方法・航続距離はどうなる…ジュネーブモーターショー2019

◆ハーレーの電動バイク「LiveWire」がジュネーブでお目見え

ハーレーダビッドソンは、スイス・ジュネーブで開催された「ジュネーブモーターショー2019」に、今年夏に北米および欧州で発売を予定している電動バイク『LiveWire(ライブ・ワイヤー)』を展示。パフォーマンスやバッテリーに関する情報をアップデートした。

要約すると以下の通り。

・0→60マイル/h(約96km/h)の加速に要する時間は3秒以内。60マイル/h→80マイル/h(約128km/h)の加速に要する時間は1.9秒以内

・一充電での航続距離は、市街地では約140マイル(約225km)、またはストップ&ゴーの走行と高速道路での走行を合わせたテストモード(MIC City and MIC Combined <70mph> tests)では約88マイル(約140km)

・DC急速充電器を使った充電に要する時間は、0→80%が40分以内、0→100%が60分以内

◆DC急速充電器を使用する

ハーレーダビッドソン(以下HD)は、2018年11月にイタリア・ミラノで開催された世界最大のモーターサイクルショーEICMA(エイクマ)でLiveWireの市販バージョンを発表。今年1月にアメリカ・ラスベガスで開催された電子機器の見本市CES 2019では車両展示とともに、充電方式や航続距離、パフォーマンスについての追加情報を発表した。それらの発表に次いで、自動車を中心とした欧州のモーターショーでの車両展示とさらなる追加情報の提示は、4月に予定しているLiveWireの欧州での予約開始を強く意識してのことだ。

CESでの追加情報でHDは、LiveWireはレベル1とDCレベル3の充電方式を採用すると発表していた。レベル1の充電方法とは、一般家庭に導入されているコンセントを利用した充電だ。そしてDCレベル3の充電方法とは、電気自動車にも導入されている、いわゆるDC急速充電器の使用を前提としている。

このDC急速充電器は、いま覇権争いの真っ只中にある。日本の自動車メーカーを中心に中国企業を取り込み、そして一部の欧州および米国車も採用する「CHAdeMO(チャデモ)」と、北米や欧州で普及を図る「CCSコンボ」規格がその中心。高級電気自動車ブランドのテスラは独自の充電システム「スーパーチャージャー」を導入しているが、専用アダブターを使用すればチャデモが利用可能だ。

◆充電できるディーラーを世界250か所以上に

HDによると、北米および欧州で発売するLiveWireはCCSコンボを採用しているという。じつは、DC急速充電器が使用できる電動バイクは非常に少ない。他ブランドの多くは、レベル1もしくはレベル2の充電方法を採用している。レベル3にくらべ低電圧であることから電圧のコントロールが容易でバッテリーに対するダメージも小さい。しかし低電圧であるが故に、充電に時間が掛かる。HDもレベル1でLiveWireを充電した場合は一晩かかるとアナウンスしている。

しかしDC急速充電器でLiveWireを充電した場合は、先に記したとおりだ。ただし一充電で300km程度を走る、日産『リーフ』などの電気自動車の多くが、DC急速充電器を使用すれば40分ほどで満充電になることを考えると、LiveWireの充電スピードは十分に速い、とは言えない。もちろんこれは改良による時間短縮が期待できる。

またHDは、DC急速充電器を完備したLiveWireスペシャル・ディーラーを世界中に250以上作ると発表している。それを受けた米国のあるメディアは、それが世界中の全二輪車メーカーが頭を悩ませている、ディーラーへの送客メソッドとして機能するだろうという見解を示した。テスラは、すでにそれが機能している、と。そうなるとHDのディーラーは、LiveWireの製品性に照らし合わせた新しい体験を、LiveWireオーナーに用意しなければならないだろう。

それがどういうものになるか大いに期待するとともに、DC急速充電器を使用可能にしたLiveWireが今後どのように発展していくか大いに楽しみである。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ハーレーダビッドソン

ハーレーダビッドソン(HARLEY-DAVIDSON)のバイク(本体) ニュース

もっと見る

このほかのバイク(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 日産サクラ

    【日産 サクラ】車名は社内公募で決定…人名です

    自動車(本体)
    2022.05.23 09:20
  2. 日産 サクラ(G・ブロッサムピンク)

    【日産 サクラ】実質170万円台で買える『軽EV』のインパクト、燃料代のメリットと残された課題とは

    自動車(本体)
    2022.05.23 09:00
  3. マツダ・フレアクロスオーバー ハイブリッドXS

    マツダが「フレアクロスオーバー」を一部改良 全車速追従ACCを全車に標準装備

    自動車(本体)
    2022.05.23 13:54
  4. フォルクスワーゲン ID.Buzz

    VW『ID.Buzz』、6万4581ユーロから…予約受注を欧州で開始

    自動車(本体)
    2022.05.23 14:30
  5. 左ハンドルのホンダ フィット! US仕様で雰囲気激変…34th MOONEYES Street Car Nationals

    左ハンドルのホンダ フィット! US仕様で雰囲気激変…34th MOONEYES Street Car Nationals

    自動車(本体)
    2022.05.23 09:28

総合ニュースランキング

  1. 「CW003G」

    マキタ「充電式保冷温庫」に容量7Lモデル、別売り40Vmaxバッテリーに対応

    冷蔵庫・冷凍庫
    2022.05.23 11:47
  2. 「moto g52j 5G」

    39,800円、FeliCa対応&IP68防水防塵のモトローラスマホ「moto g52j 5G」

    スマートフォン
    2022.05.18 14:43
  3. 進化する「サーキュレーター」最新6モデルまとめ、空間除菌や風量自動調整も

    扇風機・サーキュレーター
    2022.05.22 00:00
  4. 「俺のラーメン鍋」

    アツアツのラーメンを最後まで楽しめる、こだわりの「俺のラーメン鍋」が7,980円で発売

    その他調理家電
    2022.05.20 12:33
  5. 水滴が逆流して見える!? 錯視を楽しむ「異世界加湿器」サンコーより発売

    加湿器
    2022.05.23 12:56

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • C835シリーズ
  • トヨタ・シエナ の「25thアニバーサリーエディション」
  • 「Rakuten BIG s」「Rakuten Hand 5G」
  • メルセデスAMG C43 4MATIC セダン 新型
  • 「Anker 757 Portable Power Station(PowerHouse 1229Wh)」
  • 「スーパーアバンテJr.(VZシャーシ)」