2019年03月15日 13:07

トライアンフ 『スクランブラー1200』発表会はグランピングスタイルで

◆オフロードでの走破性を“圧倒的に”高めた

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、スクランブラースタイルの新型車『スクランブラー1200 XC』と、さらにオフロードでの走破性を高めた『スクランブラー1200 XE』の発表会を開催。両車を日本で初公開するとともに、3月16日から日本での販売を開始すると発表した。

スクランブラー1200 XC/XEは昨年10月末、ドイツのモーターサイクルショーINTERMOT(インターモト)後に発表。直後に開催されたイタリアのモーターサイクルショーEICMA(エイクマ)でお披露目されたマシンである。

エンジンこそ、2016年に並列二気筒エンジンを水冷化したときにラインナップした、270度クランクを採用した1200ccバージョンをベースとしているが、その出力特性を見直し、さらにはオフロードプロ・モード(XEのみ)を含む6種類のライディングモードやコーナーリングABS(XEのみ)、トラクションコントロール(XEのみ)といった最新の電子制御技術を搭載。またフレームや前後足回りは新たに専用設計した。それらによってオフロードでの走破性を“圧倒的に”高めたモデルである。

じつはトライアンフは、並列二気筒エンジンを水冷化した2016年に、900ccエンジンを搭載した『ストリート スクランブラー』をラインナップしている。今回日本導入が始まったスクランブラー1200シリーズはその兄弟モデルというわけだ。しかしそのキャラクターもパフォーマンスも、オフロード走行に大きく重心を移している。

◆“ネオクラシック”と“アドベンチャー”の中間に位置する新カテゴリー

発表会でトライアンフモーターサイクルズジャパン代表である野田一夫氏は、スクランブラー1200が本物のスクランブラーであることを強調した。それを裏付けるように、昨年のワールドプレミア時やEICMAでの発表時には、メキシコで開催されているデザートラリーBAJA1000(バハ1000)に、スクランブラー1200 XEで出場すると発表している。砂漠や山道など1000マイルを一気に走りきることから世界一過酷なラリーとも呼ばれ、そこに出場することはスクランブラー1200 XEのオフロード性能に自信がある証拠だ。

したがって、スクランブラー1200シリーズは、トライアンフの水冷二気筒エンジンを抱く“モダン・クラシック”カテゴリーの各モデルや、巷で人気の“ネオクラシック”と呼ばれる各メーカーがしのぎを削るトレンド・カテゴリーとは一線を画する。もちろんトライアンフで言うところの『タイガー』シリーズがそうであるように、近代的なデザインの大型カウルに電子制御技術を満載し、オンロードからオフロードまでをカバーする“アドベンチャー”カテゴリーとも違う。強いて言うなら“ネオクラシック”と“アドベンチャー”を橋渡しする新しいカテゴリーを造ったバイク、と言うことができるだろう。それゆえにネオクラシックからのステップアップ組や、アドベンチャーからのダウンサイジング組も取り込むことができるだろう。

◆80を越える純正オプションパーツをラインナップ

スクランブラー1200の並列2気筒1200ccエンジンは、高回転域の伸びや最高出力よりも、低中回転域から発生するトルク特性に注力しセッティングされている。したがって、先に発表した同エンジンを使用する『スピードツイン』より1000回転も低い回転域で最大トルクを発生している。ちなみにXC/XEの両モデルともに、最高出力90ps /7400回転、最大トルク110Nm /3950回転となっている。

またXC/XEの両モデルともに、独自にセットアップした、SHOWA製フロントフォークとオーリンズ製リアショックを搭載。フロント21インチホイール/リア17インチホイールと、オフロードでの走破性を高めるためのホイールサイズも選ばれている。またXCは前後とも200mm、XEは前後とも250mmのサスペンションストロークを持っている。さらにXEは長くなったリアサスペンション長とストローク長を活かしてオフロードでのパフォーマンスを高めるため、XCに比べ32mm長いスイングアームを採用しているほど。フロントフォーク・インナーチューブ径も、XEはXCより2mm太い47mm径となる。

またすでに80を越える純正オプションパーツをラインナップするとともに、本社デザイナーがそれらのオプションパーツをセットアップした2タイプのインスピレーションキットもラインナップしている。メーカー希望小売価格は、スクランブラー1200 XCが203万1900円(税込)、スクランブラー1200 XEが217万4100円(税込)となっている。

◆スクランブラーの世界観に合わせグランピングスタイルで

このスクランブラー1200の発表会は、昨年5月に東京・渋谷区にオープンした話題の都市型ホテル「TRUNK HOTEL」で開催された。またスクランブラー1200の世界観に合わせアウトドアブランドOLD MOUNTAINによるグランピングアイテムで会場を演出。さらにローンチパーティーでは、一般社団法人日本フードアナリスト協会がグランピング料理の試食会も開催した。

さまざまなカルチャーを巻き込みながら邁進するトライアンフ。プロダクトともに、そのアクティビティにも注目したい。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

トライアンフ

トライアンフ(TRIUMPH)のバイク(本体) ニュース

もっと見る

このほかのバイク(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. メルセデス・ベンツE300アバンギャルド スポーツ

    「メルセデス・ベンツEクラス」に高効率な1.5リッターモデル登場

    自動車(本体)
    2019.03.24 06:11
  2. ロードスター30周年記念車

    「マツダ・ロードスター30周年記念車」の予約受け付けがスタート

    自動車(本体)
    2019.03.25 17:30
  3. 東京モーターサイクルショー2019

    進化した電動バイクが競演! バイクにもEV時代がやってくる…東京モーターサイクルショー2019

    バイク(本体)
    2019.03.25 10:00
  4. ポルシェ・カイエンクーペ

    「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエンクーペ」登場

    自動車(本体)
    2019.03.25 06:40
  5. ポルシェ・カイエン・クーペ

    ポルシェ、カイエン クーペ を発表…SUVクーペ市場に参入

    自動車(本体)
    2019.03.24 06:40

総合ニュースランキング

  1. ※画像は同ファクトブックより

    なつかしの名物「iモード端末」も…「平成のドコモを振り返るファクトブック」公開

    スマートフォン
    2019.03.25 16:10
  2. HG 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

    バンダイ、ガンプラ「局地型ガンダム 北米戦仕様」などガンダムベースオンラインで販売

    プラモデル
    2019.03.24 07:00
  3. 「VIERA G300シリーズ」

    パナソニック、Wチューナー搭載液晶テレビ「VIERA G300シリーズ」3機種

    薄型テレビ
    2019.03.25 15:25
  4. 「HG 1/144スケール RX-78-2 ガンダム ドラゴンズバージョン

    中日ドラゴンズ、限定ガンプラ「RX-78-2」付きチケットの発売開始

    プラモデル
    2019.03.25 11:55
  5. 異例、アップルから3日連続で「iPad mini」「iPad Air」「iMac」など新モデルが発表

    異例、アップルが3日連続で「iPad mini」「iMac」「AirPods」などの新モデル発表

    タブレットPC
    2019.03.22 16:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「HG 1/144スケール RX-78-2 ガンダム ドラゴンズバージョン
  • 「7Artisans 28mm F1.4 ASPH」
  • ブラバス・アルティメート E シャドウ エディション(ジュネーブモーターショー2019)
  • AXRX 590 8GBD5-3DHV2/OC
  • 「CM-EF-EOS R」
  • TL01