2022年07月14日 06:07

ついにベールを脱いだトライアンフの電動バイク『TE-1』、プロジェクトのフェーズ4が終了

トライアンフが電動バイクのTE-1プロジェクトにおいて最終段階となるフェーズ4の実走テストを終え、最終的なテスト結果を発表した。このプロジェクトは、革新的な開発、専門的な電動バイクのエンジニアリングと統合されたテクノロジー設計の創出に焦点を当てたもので、2019年5月にスタート。

トライアンフ、ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング、インテグラル・パワートレイン社、ウォーリック大学WMGがコラボレーションして進められ、今年2月にフェーズ4へと移行していた。今回はフェーズ4を終え、トライアンフのブランドマネジメント部長、マイルス・パーキンス氏、そしてチーフブロダクトオフィサーのスティーブ・サージェント氏によるオンライン説明会が行われた。

◆テストにはデイトナ200マイルウイナーのブランドン・パーシュが参加

プロジェクトではトライアンフがプロジェクトをマネジメントし、シャシー、ドライブトレインコントロールシステムの設計、マニュファクチャリングキャリブレーション、チューニング。そしてウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングは軽量なバッテリー設計の提供やVUCを組み合わせたバッテリーマネジメントシステムを開発し、インテグラル・パワートレイン社は一体構造の電動モーターとインバーターの開発を行った。

ウォーリック大学WMGはモデリングとシミュレーションを行ったという。プロジェクトは英国政府ゼロエミッション車局(OZEV)より資金提供を受けており、トライアンフが主導しつつ、各分野の専門家がコラボレーションして開発が進められたというわけだ。

フェーズ4では、ヒンクリーにおけるトライアンフのローリングロード設備でスロットルキャリブレーションやパワートレイン性能マッピング、航続距離と電費、ライダーモード開発などのコア機能評価が行われた。同時にサーキットでの実走テストも実施され、TE-1プロトタイプのハンドリングや加速性能、ブレーキ性能などの評価が行われたという。

このテストでは今年のデイトナ200マイルウイナーで、昨年のブリティッシュ・スーパースポーツ選手権にストリートトリプルで参戦したブランドン・パーシュがテストライダーを務めた。パーシュはローリングロードでのエンジン性能評価、そしてサーキットでのテストを通じて、プロトタイプの最終的なセットアップに携わったという。

◆同クラスの電動バイクに比べ、約25%の軽量化を実現

テスト結果について、パーキンス氏はまず「テスト結果は全てのプロジェクトの目標と期待を上回っており、それがこのユニークなコラボレーションの成功を示していると考えています」と述べた。

航続距離はカテゴリートップクラスの161kmを実現しており、パーキンス氏は「これは現在の同クラスの電動バイクを大幅に上回っています。また、エンジンキャパシティやバッテリーキャパシティについての全てのプロジェクトの目標をも上回っています。これはもちろん、ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングとのコラボレーションの成功をよく表すものだと思います」と説明している。

充電時間は0%から80%まで20分で、イノベートUKがこのプロジェクトにおいて設定した目標に応えているという。最大出力は130kW、177PSを実現し、ピークトルクは109Nm。スタート時の加速は3.7秒で0から100km/hに到達する。車両重量は220kgで、パーキンス氏は「現在の同クラスの電動バイクに比べ、25%ほど軽量になっています。よって、素晴らしいパワーウエイトレシオを実現しています」と語る。

◆4つのモードを備えたスポーツネイキッド

外観は写真の通り、トライアンフのスピードトリプルやストリートトリプルに近い印象の、スポーツネイキッドスタイル。ライディングモードはレイン、スポーツ、トラック、アンリミテッドの4つのモードを備える。ただし、アンリミテッド・モードに関しては、その名の通りバッテリーを最大限に使用するために使用時間は限られる。加えてウオーク&リバースモードという、取りまわし向けの低速モードもあるという。そのほか、トラクションコントロール、フロントホイールリフトコントロール、回生ブレーキコントロールなどの機能も盛り込まれている。

このTE-1プロトタイプ自体が生産されるわけではなく、この開発を通じて学んだことが、今後の電動バイクプログラムに活用されていくことになるということだ。「我々はすでに、電動バイクを計画しており、開発中のものがあります。トライアンフから何か発表されるのも、そう遠くはないでしょう」とサージェント氏は語った。TE-1プロジェクトを経て、今後登場するだろう市販化モデルが気になるところだ。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

このほかの電動バイク・電動スクーター ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. レクサス GX 次期型予想CG

    人気SUV「プラド」のレクサス版『GX』ついに日本導入か? 2023年登場、次期型を大予想

    自動車(本体)
    2023.01.30 09:15
  2. マツダ2 XDスポルト+ (海外仕様)

    【マツダ2 改良新型】メッシュグリルと6MTは健在…スポルト+[詳細写真]

    自動車(本体)
    2023.01.30 09:45
  3. スズキが2030年度までに欧州市場に投入する予定の5車種のEVのシルエット。右上がジムニーのように見える

    スズキが欧州に5車種のEV投入へ、『ジムニー』の可能性も…2030年度までに

    自動車(本体)
    2023.01.30 11:10
  4. スズキ・ジムニー5ドア(インド仕様)とフロンクス(デリーモーターショー2023)

    スズキ ジムニー 5ドアがついに発表、全長プラス435mm

    自動車(本体)
    2023.01.12 16:48
  5. マツダ2 改良新型(BD クラップポップ)

    【マツダ2 改良新型】目を引く“新しい顔”、思い切ったアプローチの理由は?

    自動車(本体)
    2023.01.27 19:18

総合ニュースランキング

  1. 「ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78GP04G ガンダム試作4号機ガーベラ ver. A.N.I.M.E.」

    「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」幻の試作機「RX-78GP04G」が立体化

    フィギュア
    2023.01.29 10:00
  2. 「Xperia 1 IV SO-51C」が最大33,000円オフなど、ドコモオンラインが2/1に割引変更

    スマートフォン
    2023.01.30 16:10
  3. 【1・2月の値下げ】楽天Xperia値下げやドコモ割引増額、アイコス2,000円オフなど

    【1月・2月の値下げ】楽天Xperia値下げやドコモ割引増額、アイコス2,000円オフなど

    スマートフォン
    2023.01.29 00:00
  4. 「ROBOT魂 <SIDE MS> AQM/E-X03 ランチャーストライカー & エフェクトパーツセット ver. A.N.I.M.E.」※ROBOT魂フィギュアは別売り

    バンダイ、「ストライクガンダム」の遠距離砲撃戦装備を再現できるパーツセットが登場

    フィギュア
    2023.01.29 13:00
  5. レクサス GX 次期型予想CG

    人気SUV「プラド」のレクサス版『GX』ついに日本導入か? 2023年登場、次期型を大予想

    自動車(本体)
    2023.01.30 09:15

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • AirFly SE
  • 「LEDミラー付 浮かせるオートソープディスペンサー ATDSPWCWH」
  • 「iPad (第9世代)」
  • 「アスレチックランドゲーム シーアドベンチャー」
  • 「GoPro」購入キャンペーン
  • RSTR49(カラー:上から、SUNSET ORANGE、TUSCANY YELLOW)