2020年05月18日 11:10

【ゼロモーターサイクルズ SR/F 試乗】ハイエンドEVバイクの明るい未来を見た…青木タカオ

電動の本格派ロードスポーツバイクが日本上陸を果たした。ZERO MOTORCYCLES(ゼロモーターサイクルズ)の『SR/F』(税込み330万円)だ。2018年から電動スクーターを発売している「XEAM(ジーム)」(福岡県福岡市)が取り扱う。

アメリカ・カルフォルニアで創業し、“バイク界のテスラ”と呼び声高いゼロモーターサイクルズのEVマシンだが、その実力を知る機会を得ることは今までなかっただけにとても興味深い。

◆強烈なダッシュ力が病みつきの楽しさ!

サーキットで乗ったが、侮るなと言わんばかりにダッシュ鋭く、最高速は190km/hにも達する。公表スペックは最高出力110ps、最大トルク約190Nmで、トルク自慢のヤマハ『VMAX』海外仕様でも170Nm未満であることを考えると、いかに駆動力が強いかがわかる。

車重は約220kgで、カワサキ『Z900RS』やスズキ『カタナ』より5kgほど重い程度で特に気にならない。前後17インチの足まわりは、ショーワ製のフルアジャスタブルサスペンションやラジアルマウントブレーキキャリパーといった一線級の装備で強化され、電子制御もボッシュ製のスタビリティコントロール搭載と死角がない。

気になるのはやはり航続可能距離だが、カタログ値では最大259kmとし、高速道路(89km/h)の場合159km、街乗り+高速道路(89km/h)の場合198kmとしている。街乗りの方が長くなるのは、減速時の回生ブレーキによる発電を得られるためで、これは電動ならではと言える。

14.4kWhリチウムイオンバッテリーへの充電は、ニーグリップする股の間(シートのすぐ前)にあるSAE J1772コネクターを通じておこない、レベル1(100-120V)で8.5時間、レベル2(200-240V)では4.5時間となっている。レベル3(急速充電)に未対応なので、出掛けた先で即座にチャージすることは実際できない。走行条件によっても異なるが、事実上の走行範囲は100km圏内だろう。

◆ガソリン車と別次元で考えるべき

電動バイクの話しとなると、どうしても既存のガソリンエンジン車と比較してしまう。特に走行可能距離であったり、充電時間など。しかし、そのへんの性能はバッテリーの小型化、飛躍的進歩がない限り、まだまだガソリンエンジン車と匹敵するレベルには至らないだろう。なので比べてしまうなら、価格面を含めまったくもって分が悪い。

では、電動バイクは魅力がないものなのか。そんなことは決してない。シームレスな加速、イージーな操作性、環境性能、たいへん惹かれる。そこに魅力を感じる人は必ずいるはずで、小型電動コミューターがビジネス用途など狭い範囲の移動手段として少しずつ進化していく一方、こうしたホビーユースモデルはまず富裕層が購入するのかもしれない。

100km圏内をサクッと走って、高級車のならぶ広いガレージに帰ってくるのだろう。庶民である筆者には縁遠い暮らしだが、そんな優雅なライフスタイルの中でハイエンドEVモデルは、まだ急速ではないかもしれないが広まっていくはずだ。登場予定のハーレーダビッドソンなど高級ブランドの機種も出揃ってくれば、なおさらである。

■5つ星評価

パワーソース:★★★★

フットワーク:★★★

コンフォート:★★★★★

足着き:★★★★

オススメ度:★★★

青木タカオ|モーターサイクルジャーナリスト

バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。多くの専門誌への試乗インプレッション寄稿で得た経験をもとにした独自の視点とともに、ビギナーの目線に絶えず立ち返ってわかりやすく解説。休日にバイクを楽しむ等身大のライダーそのものの感覚が幅広く支持され、現在多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。バイク関連著書もある。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

このほかの電動バイク・電動スクーター ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 日産アリア

    日産初のクロスオーバーEV「アリア」がデビュー 日本を皮切りに世界展開

    自動車(本体)
    2020.07.15 14:32
  2. 日産アリア市販モデルのティザーイメージ

    日産 アリア、新世代電動4WD「e-4ORCE」搭載 7月15日発表予定

    自動車(本体)
    2020.07.15 07:00
  3. トヨタ MR2 後継モデルの予想CG

    トヨタ MR2 後継車は本当に出るのか?特許画像から市販モデルを大予想

    自動車(本体)
    2020.07.15 09:04
  4. 日産アリア

    【日産 アリア】新時代のクロスオーバーEV 発表、実質購入価格は約500万円から

    自動車(本体)
    2020.07.15 17:00
  5. 装着イメージ(CGイメージ)

    最新アルファード/ヴェルファイアにビッグX 11を装着、アルパインスタイルがナビパッケージ発売へ

    カーナビ
    2020.07.15 09:00

総合ニュースランキング

  1. 「プルーム・テック・プラス シャンパンゴールド」

    “高級で上質な印象”の「プルーム・テック・プラス シャンパンゴールド」が限定発売

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2020.07.14 15:17
  2. Amazon Smart Plug

    アマゾン、1,980円のスマートプラグ「Amazon Smart Plug」

    電源タップ
    2020.07.15 11:45
  3. 日産アリア

    日産初のクロスオーバーEV「アリア」がデビュー 日本を皮切りに世界展開

    自動車(本体)
    2020.07.15 14:32
  4. 「METAL BUILD エヴァンゲリオン2号機 [EVA2020]」

    バンダイ、特別仕様の「METAL BUILD エヴァンゲリオン2号機 [EVA2020]」

    フィギュア
    2020.07.15 11:25
  5. 日産アリア市販モデルのティザーイメージ

    日産 アリア、新世代電動4WD「e-4ORCE」搭載 7月15日発表予定

    自動車(本体)
    2020.07.15 07:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • MTA-NKZ15・35
  • フルーツい〜っぱい!いちごのおふろセット
  • Eufy HomeVac S11 Go
  • 「ラストシューティング」のガンダムのシルエットをデザインしたファッションアイテム
  • 「iOS 13.6」
  • 「Kobo Nia(コボ ニア)」