2017年06月06日 18:05

アップル、9.7型よりディスプレイが20%広くなった10.5型「iPad Pro」など

アップルは、タブレット端末「iPad」の新モデル「10.5インチiPad Pro」と「12.9インチiPad Pro」を発表。ラインアップとして、Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルのそれぞれに、64GB版、256GB版、512GB版を用意。6月6日より予約を開始し、翌週以降に配送予定、6月後半より販売を開始する。

再設計したRetinaディスプレイと、新しい「A10X Fusion」チップを搭載したiPad Pro。10.5インチモデルでは、ベゼルの幅を約40%狭くしつつ重量469gのコンパクトな筐体を実現。9.7インチiPad Proよりも20%大きいRetinaディスプレイを搭載した。このRetinaディスプレイには、最大で120Hzのリフレッシュレートが得られる新しい「ProMotion」テクノロジーを採用。流れるようなスクロールの操作性と素早い反応、スムーズな動画コンテンツの視聴を実現する。

また、同テクノロジーにより、Apple Pencilの反応がさらに向上し、レイテンシが業界最高水準の20mm/秒にまで軽減されたため、より滑らかで自然な描画が可能。「ProMotion」は、ディスプレイのリフレッシュレートをコンテンツの動きに合わせて自動調整することで、ディスプレイの品質を向上させ、消費電力を抑える役割も担うという。

さらに、新しいRetinaディスプレイは、iPad史上最も明るいディスプレイでありながら、屋内でも屋外でもコンテンツの視認性を高める、反射防止コーティングを備えた。さらに、True Toneが周囲の光環境に合わせてディスプレイのホワイトバランスを動的に調整するため、より自然で正確にコンテンツを表示する。加えて広色域に対応し、デジタルシネマの標準カラーを忠実に再現できるという。

このほか、64ビットの新しい「A10X Fusion」チップは、最も負荷の高いタスクにも対応するパフォーマンス、接続性、汎用性を実現。写真や4Kビデオの編集、3D画像のレンダリング、ゲームプレイなどの複雑なタスクにも対応。また6コアのCPUと12コアのGPUを搭載したことで、一日中持続するバッテリー駆動時間を実現しつつ、A9Xチップと比べ、CPUのパフォーマンスが最大30%、グラフィックスのパフォーマンスが最大40%高速になっている。

カメラは、「iPhone 7」と同様に、前面に12メガピクセルの光学式手ぶれ補正機能付きカメラ、背面に7メガピクセルのFaceTime HDカメラを搭載。また、4スピーカーのオーディオシステムを採用し、パワフルでクリアなステレオサウンドを再生する。さらに、Apple SIM2と802.11ac Wi-Fi、LTE-Advanced3のサポートを組み込んでおり、180以上の国や地域で簡単にネットワークに接続可能だ。

このほか、Touch IDの反応もより素早くなった点も特徴。アプリ内の個人情報やプライバシーを保護しながら、App Store、iTunes Store、iBooks Storeからの購入も承認でき、さらにApple PayをiPadで使用することで、アプリを通じて購入した商品やサービスの支払いが従来以上に簡単になるという。

なお、今年秋に登場するiOS 11では、iPadに新機能を追加予定となっている。具体的には、よく使うアプリや書類に画面のどこからでもアクセスできる、カスタマイズ可能なDockのほか、マルチタスキングを強化。画面のどこからでも、テキスト、写真、ファイルをアプリ間で移動できる「Multi-Touchドラッグ&ドロップ」機能などに対応する。

主な仕様は、「10.5インチiPad Pro」の画面解像度が2224×1668ドット、本体サイズが174.1(幅)×6.1(高さ)×250.6(奥行)mm。重量は、Wi-Fiモデルが469g、Wi-Fi+Cellularモデルが477g。ボディカラーは、スペースグレイ、ローズゴールド、ゴールド、シルバーの4色を用意。

「12.9インチiPad Pro」の画面解像度が2732×2048ドット、本体サイズが220.6(幅)×6.9(高さ)×305.7(奥行)mm、重量は、Wi-Fiモデルが677g、Wi-Fi+Cellularモデルが692g。ボディカラーは、スペースグレイ、ゴールド、シルバーの3色を用意。

価格は、10.5インチWi-Fiモデルの64GB版が69,800円、256GB版が80,800円、512GB版が102,800円、Wi-Fi+Cellularモデルの64GB版が84,800円、256GB版が95,800円、512GB版が117,800円(いずれも税別)。

12.9インチWi-Fiモデルの64GB版が86,800円、256GB版が97,800円、512GB版が119,800円、Wi-Fi+Cellularモデルの64GB版が101,800円、256GB版が112,800円、512GB版が134,800円(いずれも税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】アップルの「iPad Pro」新モデル、ドコモ/au/ソフトバンクで6/7予約開始

Apple

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

Apple(アップル)のタブレットPC ニュース

もっと見る

このほかのタブレットPC ニュース

もっと見る

パソコンニュースランキング

  1. NW-A105/KY

    「鬼滅の刃」とソニーがコラボ、ハイレゾウォークマンとヘッドホンを受注生産で提供

    デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
    2020.02.19 16:52
  2. 400-ADR324GY

    サンワ、iPad Proに一体化するUSBハブ「400-ADR324GY」

    USBハブ
    23時間前
  3. 「X1326AWH」「X1226AH」「X1126AH」

    エイサー、4000ルーメンの高輝度設計を採用したプロジェクター3機種

    プロジェクタ
    2020.02.20 06:12
  4. エイサー、重さ約1.69kgの15.6型ノートパソコン「Aspire 3」

    ノートパソコン
    2020.02.19 15:20
  5. MSI、クリエイター向け14型ノートPC「Prestige 14」に特別限定版ローズピンク

    ノートパソコン
    2020.02.20 15:27

総合ニュースランキング

  1. 機動戦士ガンダム Gフレーム10(10個入り)

    「機動戦士ガンダム Gフレーム」第10弾、「ザクII/ザクII(指揮官機)」を再録

    食玩・ミニフィギュア
    2020.02.20 15:10
  2. ドンキ、税別5,980円の骨伝導ワイヤレスイヤホン「JOGBONE」

    イヤホン・ヘッドホン
    2020.02.19 16:12
  3. Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット

    延期した「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」予約開始日を3/7に決定

    ゲーム周辺機器
    2020.02.19 06:39
  4. 「Xperia L4」

    ソニー、アスペクト比21:9の6.2型スマホ「Xperia L4」を海外発表

    スマートフォン
    20時間前
  5. 「ホンダ・シビック タイプR」の改良モデルと、同車の開発責任者である柿沼秀樹氏。

    ホンダが改良型「シビック タイプR」の情報を公開 運動性能を高めて2020年夏に発売

    自動車(本体)
    2020.02.20 10:07

読んでおきたい まとめ記事

パソコン本体

パソコン周辺機器

パソコンパーツ

パソコンソフト

写真で見る

  • Beoplay E8 3rd Generation
  • Galaxy Z Flip Leather Cover EF-VF700LBEGJP
  • 機動戦士ガンダム Gフレーム10(10個入り)
  • 「Chicago バックパック 50 MB CH-BP-50」「Chicago バックパック 30 MB CH-BP-30」
  • 「機動戦士ガンダム ヒートホーク型ペーパーナイフ」