2019年03月20日 07:00

いったん整理しておきたい、アップル「iPad」の現行ラインアップまとめ

米アップルは3月18日(現地時間)、タブレット端末「iPad」シリーズより、「iPad mini」および「iPad Air」の新モデルを発表した。同社は3月25日(現地時間)にスペシャルイベントを開催することを予告しており、それに先がけて、新たな製品が披露された形となる。

特に、コンパクトなタブレット端末を好むユーザーが切望していた、7.9型タブレット「iPad mini」の“復活”は大きなトピックだ。前機種の「iPad mini 4」が発売されたのは、2015年9月のこと。「iPad mini」のアップデートは実に、約3年半ぶりになる。なお、早くも、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクの3キャリア各社がWi-Fi + Cellularモデルの取り扱いを表明しており、モバイル志向がより強いユーザーは、こちらのモデルを選ぶのも手だ。

いっぽう、今回の新モデル2機種の追加によって、「iPad」シリーズのラインアップが多様化し、初心者ユーザーにとって、ややわかりづらくなってしまった感も否めない。そこで今回は、Apple Storeが現行ラインアップとして提供している、「iPad Pro」(12.9型/11型)、「iPad Air」、「iPad mini」、「iPad」の5機種について、価格.com新製品ニュースからまとめて情報を紹介する。

各モデルの特色や価格帯などから、自分の好みにあった「iPad」をぜひ見つけてほしい(※2019年3月19日時点。リンク先はすべて記事公開時の情報。価格表記はすべて税別)。

アップル、Face IDやUSB-Cに対応した11型/12.9型「iPad Pro」

・ラインアップ:64GB、256GB、512GB、1TB

・11型 Wi-Fiモデルの価格:64GBが89,800円、256GBが106,800円、512GBが128,800円、1TBが172,800円

・11型 Wi-Fi+Cellularの価格:64GBが106,800円、256GBが123,800円、512GBが145,800円、1TBが189,800円

・12.9型 Wi-Fiモデルの価格:64GBが111,800円、256GBが128,800円、512GBが150,800円、1TBが194,800円

・12.9型 Wi-Fi+Cellularの価格:64GBが128,800円、256GBが145,800円、512GBが167,800円、1TBが211,800円

新たに、顔認証の「Face ID」を搭載し、ホームボタンを省略したことで、全画面ディスプレイを実現したのが特徴。画面解像度は、11型モデルが2388×1668ドット、12.9型モデルが2732×2048ドット。性能面では、A12X BionicとM12コプロセッサを装備した。接続端子は、USB-C端子を採用。第2世代「Apple Pencil」に対応した。ボディカラーは、シルバーとスペースグレイの2色を用意する。

アップル、A12 Bionicチップ搭載の10.5型「新しいiPad Air」を発表

・ラインアップ:64GB、256GB

・Wi-Fiモデルの価格:64GBが54,800円、256GBが71,800円

・Wi-Fi + Cellularモデルの価格:64GBが69,800円、256GBが86,800円

2014年に発売した「iPad Air 2」の後継と位置づけるモデル。性能面では、10.5型のRetinaディスプレイ(2224×1668ドット)や、Neural Engine搭載のA12 Bionicチップを装備した。接続端子は、Lightningコネクターを採用。第1世代「Apple Pencil」に対応した。ボディカラーは、シルバー、スペースグレイ、ゴールドを用意する。

アップルが第5世代「iPad mini」を発表、価格は45,800円から

・ラインアップ:64GB、256GB

・Wi-Fiモデルの価格:64GBが45,800円、256GBが62,800円

・Wi-Fi + Cellularモデルの価格:64GBが60,800円、256GBが77,800円

2015年に発売した「iPad mini 4」の後継と位置づけるモデル。性能面では、7.9型のRetinaディスプレイ(2048×1536ドット)や、A12 Bionicチップを装備した。接続端子は、Lightningコネクターを採用。第1世代「Apple Pencil」に対応した。ボディカラーは、シルバー、スペースグレイ、ゴールドを用意する。

アップルが9.7型の新iPadを発表、Apple Pencil対応で37,800円から

・ラインアップ:32GB、128GB

・Wi-Fiモデルの価格:32GBが37,800円、128GBが48,800円

・Wi-Fi + Cellularモデルの価格:32GBが52,800円、128GBが63,800円

9.7型Retinaディスプレイ(2048×1536ドット)を装備したモデル。プロセッサーは「A10 Fusion」を装備した。接続端子は、Lightningコネクターを採用。第1世代「Apple Pencil」に対応した。ボディカラーは、シルバー、ゴールド、スペースグレイを用意する。

このほかのタブレットPC ニュース

もっと見る

パソコンニュースランキング

  1. Vivitek、重量2.6kgで明るさ4000ルーメンのモバイルプロジェクターなど

    プロジェクタ
    2020.08.11 13:35
  2. AORUS 15Gシリーズ

    最大5万円引き、GIGABYTEゲーミングノートPC「AORUS 15G」がセール価格に

    ノートパソコン
    2020.08.12 11:50
  3. ※画像は「dynabook C5 2020年夏モデル」のイメージ

    Dynabookがシャープの100%子会社に、東芝の株式譲渡が完了

    ノートパソコン
    2020.08.12 11:00
  4. 「DAIV 5N-OLED」

    DAIV、4K有機ELディスプレイ搭載の15.6型ノートPC「DAIV 5N-OLED」

    ノートパソコン
    2020.08.11 13:45
  5. LAN-GIGAP301BK

    サンワ、マグネットで設置可能な3ポートギガビットスイッチングハブ

    スイッチングハブ(ネットワークハブ)
    2020.08.12 13:44

総合ニュースランキング

  1. 「Xiaomi Transparent TV」

    Xiaomi、“透明OLED”を採用した55型テレビ「Xiaomi Transparent TV」発表

    薄型テレビ・液晶テレビ
    2020.08.12 12:45
  2. 「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」

    Nintendo TOKYO、「Switch あつまれ どうぶつの森セット」のWEB抽選予約を開始

    ゲーム機本体
    2020.08.11 12:34
  3. スズキジムニーフレーム切手付きミニカーセット

    スズキ「JB64 ジムニー」が郵便局限定「フレーム切手付きミニカーセット」に

    ミニカー
    2020.08.12 06:55
  4. marumie Q-30R

    ユピテル、360度フロントカメラを備えた2カメラドラレコ「marumie Q-30R」

    ドライブレコーダー
    2020.08.11 13:30
  5. 任天堂、Nintendo Switch本体の生産状況について「おおむね回復」とコメント

    ゲーム機本体
    2020.08.07 17:35

読んでおきたい まとめ記事

パソコン本体

パソコン周辺機器

パソコンパーツ

パソコンソフト

写真で見る

  • STYLE-C046-iX4-UHS
  • Vグローブ IND-VG1
  • 「Xiaomi Transparent TV」
  • 渋滞情報マップ by NAVITIME、ハイウェイアラート機能
  • iPhone 11/XR専用 手帳型 スヌーピー PEANUTS ピーナッツ フリップ 窓付き ダイアリーケース