2019年03月20日 07:00

いったん整理しておきたい、アップル「iPad」の現行ラインアップまとめ

米アップルは3月18日(現地時間)、タブレット端末「iPad」シリーズより、「iPad mini」および「iPad Air」の新モデルを発表した。同社は3月25日(現地時間)にスペシャルイベントを開催することを予告しており、それに先がけて、新たな製品が披露された形となる。

特に、コンパクトなタブレット端末を好むユーザーが切望していた、7.9型タブレット「iPad mini」の“復活”は大きなトピックだ。前機種の「iPad mini 4」が発売されたのは、2015年9月のこと。「iPad mini」のアップデートは実に、約3年半ぶりになる。なお、早くも、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクの3キャリア各社がWi-Fi + Cellularモデルの取り扱いを表明しており、モバイル志向がより強いユーザーは、こちらのモデルを選ぶのも手だ。

いっぽう、今回の新モデル2機種の追加によって、「iPad」シリーズのラインアップが多様化し、初心者ユーザーにとって、ややわかりづらくなってしまった感も否めない。そこで今回は、Apple Storeが現行ラインアップとして提供している、「iPad Pro」(12.9型/11型)、「iPad Air」、「iPad mini」、「iPad」の5機種について、価格.com新製品ニュースからまとめて情報を紹介する。

各モデルの特色や価格帯などから、自分の好みにあった「iPad」をぜひ見つけてほしい(※2019年3月19日時点。リンク先はすべて記事公開時の情報。価格表記はすべて税別)。

アップル、Face IDやUSB-Cに対応した11型/12.9型「iPad Pro」

・ラインアップ:64GB、256GB、512GB、1TB

・11型 Wi-Fiモデルの価格:64GBが89,800円、256GBが106,800円、512GBが128,800円、1TBが172,800円

・11型 Wi-Fi+Cellularの価格:64GBが106,800円、256GBが123,800円、512GBが145,800円、1TBが189,800円

・12.9型 Wi-Fiモデルの価格:64GBが111,800円、256GBが128,800円、512GBが150,800円、1TBが194,800円

・12.9型 Wi-Fi+Cellularの価格:64GBが128,800円、256GBが145,800円、512GBが167,800円、1TBが211,800円

新たに、顔認証の「Face ID」を搭載し、ホームボタンを省略したことで、全画面ディスプレイを実現したのが特徴。画面解像度は、11型モデルが2388×1668ドット、12.9型モデルが2732×2048ドット。性能面では、A12X BionicとM12コプロセッサを装備した。接続端子は、USB-C端子を採用。第2世代「Apple Pencil」に対応した。ボディカラーは、シルバーとスペースグレイの2色を用意する。

アップル、A12 Bionicチップ搭載の10.5型「新しいiPad Air」を発表

・ラインアップ:64GB、256GB

・Wi-Fiモデルの価格:64GBが54,800円、256GBが71,800円

・Wi-Fi + Cellularモデルの価格:64GBが69,800円、256GBが86,800円

2014年に発売した「iPad Air 2」の後継と位置づけるモデル。性能面では、10.5型のRetinaディスプレイ(2224×1668ドット)や、Neural Engine搭載のA12 Bionicチップを装備した。接続端子は、Lightningコネクターを採用。第1世代「Apple Pencil」に対応した。ボディカラーは、シルバー、スペースグレイ、ゴールドを用意する。

アップルが第5世代「iPad mini」を発表、価格は45,800円から

・ラインアップ:64GB、256GB

・Wi-Fiモデルの価格:64GBが45,800円、256GBが62,800円

・Wi-Fi + Cellularモデルの価格:64GBが60,800円、256GBが77,800円

2015年に発売した「iPad mini 4」の後継と位置づけるモデル。性能面では、7.9型のRetinaディスプレイ(2048×1536ドット)や、A12 Bionicチップを装備した。接続端子は、Lightningコネクターを採用。第1世代「Apple Pencil」に対応した。ボディカラーは、シルバー、スペースグレイ、ゴールドを用意する。

アップルが9.7型の新iPadを発表、Apple Pencil対応で37,800円から

・ラインアップ:32GB、128GB

・Wi-Fiモデルの価格:32GBが37,800円、128GBが48,800円

・Wi-Fi + Cellularモデルの価格:32GBが52,800円、128GBが63,800円

9.7型Retinaディスプレイ(2048×1536ドット)を装備したモデル。プロセッサーは「A10 Fusion」を装備した。接続端子は、Lightningコネクターを採用。第1世代「Apple Pencil」に対応した。ボディカラーは、シルバー、ゴールド、スペースグレイを用意する。

このほかのタブレットPC ニュース

もっと見る

パソコンニュースランキング

  1. 「GPD WIN2 2019バージョン」

    天空、Core m3-8100Y搭載の「GPD WIN2 2019バージョン」を7/20発売

    ノートパソコン
    2019.07.19 15:25
  2. B365M PRO-VDH

    MSI、「Intel B365」を搭載した8,000円台のマザーボード2機種

    マザーボード
    2019.07.21 06:11
  3. Wacom Cintiq 22

    ワコム、エントリー向け21.5型液晶ペンタブレット「Cintiq 22」

    ペンタブレット
    2019.07.19 16:59
  4. Anker Nebula Mars ll

    Anker、1280×720/150型に対応したモバイルプロジェクター「Nebula Mars ll」

    プロジェクタ
    2019.07.19 11:17
  5. ツクモ、超狭額ベゼルデザインを採用した14型モバイルノートPCを発売

    ツクモ、超狭額ベゼルデザインを採用した14型モバイルノートPCを発売

    ノートパソコン
    2019.07.19 10:00

総合ニュースランキング

  1. ソニー、6100万画素センサー搭載のフルサイズミラーレス「α7R IV」

    6000万画素オーバーの衝撃! ソニーのフルサイズミラーレス「α7R IV」に注目集まる

    デジタル一眼カメラ
    2019.07.19 16:18
  2. シボレー・コルベット・スティングレイ 新型

    シボレー コルベット 新型を米国で発表…ミッドシップにV8搭載、右ハンドル車を日本導入へ

    自動車(本体)
    23時間前
  3. 「907Xスペシャルエディション」

    ハッセルブラッド、月面着陸50周年「907Xスペシャルエディション」を発表

    デジタル一眼カメラ
    23時間前
  4. 「GPD WIN2 2019バージョン」

    天空、Core m3-8100Y搭載の「GPD WIN2 2019バージョン」を7/20発売

    ノートパソコン
    2019.07.19 15:25
  5. B365M PRO-VDH

    MSI、「Intel B365」を搭載した8,000円台のマザーボード2機種

    マザーボード
    2019.07.21 06:11

読んでおきたい まとめ記事

パソコン本体

パソコン周辺機器

パソコンパーツ

パソコンソフト

写真で見る

  • ソニー、スマホと直接接続できるUSB Type-C採用のイヤホン「STH50C」
  • 「変身ベルト DX飛電ゼロワンドライバー」
  • フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WR
  • MAYA SYSTEM、「jetfon P6」「FREETEL P6」新色ホワイト・ゴールド発売日決定
  • 本田技術研究所オートモービルデザインデザイン室プロダクトデザインスタジオデザイナーの菅井洋氏
  • Anker Nebula Mars ll