2018年04月10日 15:54

田中貴金属工業、“折り曲がるスマホ”の実用化に向けた取り組みを発表

TANAKA ホールディングスは、田中貴金属グループの製造事業を展開する田中貴金属工業が、タッチセンサ用メタルメッシュフィルムの片面2層配線構造およびその製造方法を見出し、実用化に向けた開発に移行したことを発表した。

同技術によって、スマートフォンのタッチパネルといった用途において、「高画質化や薄型化、フレキシブル化、耐久性の向上に貢献できる」とのことだ。

発表によれば、タッチパネルは通常、Xセンサ基板、Yセンサ基板という2枚のセンサ基板によって構成されるが、田中貴金属工業では、産学共同実用化開発事業(NexTEP)の委託対象として、国立研究開発法人産業技術総合研究所、フレキシブルエレクトロニクス研究センターの長谷川達生総括研究主幹らの研究成果をもとに、2014年4月から2017年9月にかけて委託開発したメタルメッシュ配線技術を応用し、フィルム片面に銀ナノインク配線回路を重ねて形成することで、フィルム基板の片面に、XセンサとYセンサの配線を形成する方法を見出したとのこと(片面2層構造メタルメッシュフィルム)。

その結果、センサ基板が1枚で済み、低コスト化に寄与するとともに、タッチパネルの高画質化と薄型化、さらに、現在タッチパネルセンサに多く採用されている、酸化インジウムスズ(ITO)をガラス基板にエッチング形成した透明電極や、メタルメッシュフィルムでも耐えられない「折曲げ強度の改善(フレキシブル化)」が期待できる構造と製造方法を見出したという。

同技術の特徴をまとめると、「片面2層構造による、薄型化と折り曲げ強度の改善(フレキシブル化)」「パターン形成において、エッチング方式を使用せず、低温焼結銀ナノインクとSuPR-NaP法を採用することで、4マイクロメートル以下(2〜4マイクロメートル)の微細配線の形成が可能」「長尺フィルムを使ったロール to ロール方式での生産が可能」となり、これらの利点によって、「今後、折り曲げられるディスプレイに推移すると見込まれているハイエンドのスマートフォンのタッチパネルなどでの用途や、拡大が予想されるフレキシブル電子デバイス市場で利用・応用が期待できる」と説明する。

■関連リンク

ニュースリリース(PDF)

このほかのモニタ・ディスプレイ ニュース

もっと見る

パソコンニュースランキング

  1. Lenovo IdeaPad Slim 350i Chromebook

    レノボ、税別3万円の11.6型Chromebook「IdeaPad Slim 350i」

    ノートパソコン
    2020.06.03 06:11
  2. HUAWEI MatePad 8

    ファーウェイ、税別13,900円のメタルボディ8型タブレット「MatePad T8」

    タブレットPC
    2020.06.02 13:26
  3. ファーウェイ、2000×1200表示対応の10.4型タブレット「MatePad」

    タブレットPC
    2020.06.02 17:49
  4. レノボ、10.1型2in1モデルのChromebook「IdeaPad Duet」

    タブレットPC
    2020.06.03 10:51
  5. HUAWEI MatePad Pro

    ファーウェイ、ワイヤレス充電対応の10.8型タブレット「MatePad Pro」

    タブレットPC
    2020.06.02 14:20

総合ニュースランキング

  1. 「プルーム・エス・2.0」

    メンソール特化型で基本仕様も強化した加熱式タバコ「プルーム・エス・2.0」

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2020.06.01 15:15
  2. 「HG 1/144 RX-78-2 ガンダム[BEYOND GLOBAL]」

    6月6日発売「HG 1/144 RX-78-2 ガンダム[BEYOND GLOBAL]」の新たな画像公開

    プラモデル
    2020.06.03 11:00
  3. 「ヒーツ・シトラス・グリーン」「ヒーツ・フレッシュ・パープル」

    「IQOS」タバコスティック「ヒーツ」メンソール2銘柄、コンビニ含め一般発売

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2020.06.01 11:15
  4. 「21stCENTURY REAL TYPE Ver.」

    HG 1/144 ガンダムなど、ガンプラ「21stCENTURY REAL TYPE Ver.」が特別販売

    プラモデル
    2020.06.02 06:50
  5. 「ゲームギアミクロ」

    セガ、カラーごとにソフトが異なる「ゲームギアミクロ」を各税別4,980円で発売

    ゲーム機本体
    22時間前

読んでおきたい まとめ記事

パソコン本体

パソコン周辺機器

パソコンパーツ

パソコンソフト

写真で見る

  • トヨタ ハリアー 新型(プロトタイプ)
  • SYNC PRO
  • Modern 14
  • 発芽マイスターMINI CRP-EHS0305F
  • AXRX 5500XT 4GBD6-DH/OC
  • 「HUAWEI P40 lite E」